胸腹部に重くるしさがあるような場合の胃炎、胃痛、腹痛に「杉原の四逆散(しぎゃくさん)」

杉原の香蘇散(こうそさん)は気滞(抑うつ・不安)にも奏効する胃腸が弱い方へ向きの漢方製剤。

sugisanmihon-1

pccart

spcart

気滞(抑うつ・不安)にも奏効する胃腸が弱い方へ向きの方剤。

軽い発散作用があり、体の熱や腫れ、あるいは痛みをやわらげる働きをします。
カゼのひき始めに用いるほか、頭痛やじん麻疹などにも適応します。
胃腸が弱く繊細で、体力のない人の初期症状に向く処方です。

宋時代の「和剤局方」という古典書で紹介されている処方です。方剤名は、主薬の香附子と蘇葉に由来します。
葛根湯では強すぎて、胃がもたれてしまうような虚証向けの方剤です。
適応証(体質)は、表証(急性期)、虚証(虚弱)、寒証(冷え)、湿証(水分停滞)、気滞(抑うつ・不安)となります。

 

 

スポンサーリンク

胃腸虚弱で神経質の人の風邪の初期に香蘇散(こうそさん)。

香蘇散 一般薬 漢方製剤/香蘇散

杉原達二商店
【包装】400g

【効能・効果】胃腸虚弱で神経質の人の風邪の初期。

【用法・用量】
大人(15才以上)1回2g、1日3回食前又は食間に白湯にて服用してください。
4~14才 1回1g、1日3回
(添付の匙すりきり2杯が1回分の目安です)

【成分・分量】
1日量(6g)中
ソヨウ 0.63g、カンゾウ 0.63g、ショウキョウ 0.63g、チンピ 1.58g、コウブシ 2.53g

【使用上の注意】

(×してはいけないこと)

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)
次の人は服用しないでください
4才未満の乳幼児

(相談すること)
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
(3)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことのある人
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師または薬剤師に相談してください。
(1)服用後、次に症状があらわれた場合

関係部位 症状
皮ふ 発疹・発赤、かゆみ

(2)5~6回服用しても症状がよくならない場合

【保管または取扱い上の注意】
(1)小児の手にとどかない所に保管すること。
(2)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すりこと。
(3)誤用をさけ、品質を保持するために、他の容器に入れかえないこと。

pccart

spcart