胸腹部に重くるしさがあるような場合の胃炎、胃痛、腹痛に「杉原の四逆散(しぎゃくさん)」

杉原の散剤 お客様の声(杉原の加味逍遙散など3名の方にお願いしました。)

「杉原商店の加味逍遙散」のお客様の声

あきる野市 H様 主婦80代

プロたんの先生方とお付き合いをお願いして、かれこれ17年になります。
みなさん明るくて感じ良い方ばかりですね。

私は、元来漢方薬は粉薬と決めています。
いろいろと地区の役員をやっていると、神経を使うことも多く、併せて冷えや肩こりなども持っており、この「加味逍遙散(かみしょうようさん)」が一番自分に合っていると思います。

いろいろな会社の製品があるようですが、私にはやはり「しぶい」本格的な漢方の粉薬が良く、この杉原の製品は気に入って最初から飲んでいます。
漢方はまず一さじ口に含み、舌でころがすようにゆっくりと温湯で流し込みます。
この年になるまで、いろいろな病気を体験してきました。
「杉原の加味逍遙散」は私にとってはまさに養生の友とも言えますね。

 

青梅市 N様 主婦30代

「プロたん」さんは私が高校時代から母と一緒に通っている漢方専門店です。
生来親譲りの薬物アレルギーを持っており、どうしても病院の薬剤が体に合わないことがあります。
そのような時に、風邪の漢方や、鼻炎の漢方などをこちらで入手して参りました。

その後、結婚をしてから、出産し子育てに追われる一方、ホルモンバランスの狂いや不定愁訴のためか婦人科へ通院することも多くなり、ホルモン療法等を実施しましたが、周期の乱れや、神経過敏なども伴い、最終的に出会ったのがこの「杉原の加味逍遙散」でした。

最初に服用した時、「このまずさは何んなんだ!」と、驚きましたが、沙織先生の言われていた通り、1週間、2週間と服用していくうちに、その味は特別に苦になりませんでした。
そればかりか、性周期も順調になり、同時にいらいら感も解消し、本当に漢方の良さというものを体感しております。

あきる野市 K様 会社員20代

高校時代にはバレーボールの正選手として、活躍?してきましたが、椎間板ヘルニアを患い、卒業後そのまま会社へ就職したものの、腰痛と坐骨神経痛を併発し、退職後は精神的にも落ち込み自宅にこもる日々でした。
かなり精神的に不安定な状態で、私はプロたんの先生にお会いしました。
ゆっくりと歩きなさい、自転車をていねいに、時間をかけてゆっくりとこぎなさい。
今まで酷使してきた左右の足を労わりなさい。足腰が可愛そうです。
先生のこの言葉に私は救われたような気がします。

「舌診」をして「ほほう、冷えているね。」・・・プロたん先生のきめ細かい問診により、私の処方は「加味逍遙散」が適しているのを知ったのですが、この「杉原の加味逍遙散」を見て、びっくり!
この苦い粉薬はとても飲めません。・・・と、言いましたところ。
先に温湯を用意しておき、薬を口に含んだらすぐに飲んでごらんとアドバイスを頂きました。
確かに・・・何でもありません。ちゃんと飲めました。笑

既に、2本目に入っていますが、夜もよく眠れ、血色が良くなったねと家族から言われています。
現在新しい会社に就職し、日々とても忙しいのですが、自転車の効果がでてきているためか、腰痛が次第に治りつつあります。
それと、以前から肩こりがひどくパンパンに張っていた首筋がとても楽になり、生理時期の痛みもとれています。不思議です。(実は私の母も飲みはじめました・・。)

自転車を今度新調しましたので、今年の秋は会社の先輩たちと、ツーリングに行く予定でとても楽しみです。