近年における生薬市場の動向と当店の状況

常習便秘症と漢方

常習便秘症と漢方
スポンサーリンク

常習便秘症と漢方

【漢方便秘薬特集】

※誠に申し訳ありませんが、当店漢方相談(電話相談を含む)の場合、基本原則としてご本人様自身がご相談頂きたいと存じます。ご相談の際に現在投薬中のお薬、通院中の方は病院データー(血液生化学検査等)を事前にご確認ください。当方は真っ向から病院治療(西洋医学的療法)を否定するものではありません。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

※以下、当店実施中の「漢方相談」でご紹介している漢方一覧ですが、症状により個人差があり、必ずしも全てが該当するわけではありません。どうぞこの点は予めご了承ください。使用の指針の「一例」として受け止めて頂きますと幸甚です。

※常習便秘症のご相談があとを絶ちません。漢方便秘薬の強弱取り揃え、お客様からのご相談をお待ちしております。

※漢方便秘薬は副作用は少ない方と思います。ただ、現在のご自身の便秘レベル以上の便秘薬を服用しますと、当然ですが下痢をいたします。従って、貴方の現状況に応じたランクのお薬で、かつ服用量の「微調整」が可能な漢方便秘薬がよろしいと思います。

※平素の食生活の改善と平行し、単なる下剤と違い、腸管をいたわりながら根気良く便通のリズムを改善していくのが漢方便秘薬の特徴です。

・なお、弊社ではセンナ単独製剤は、下剤効果が激しく、他処方へスイッチしにくいため、一切おすすめしておりません。(もちろん在庫もありません。)
・お客様の現在の症状をランク別に考慮し、順次スイッチするのが当店漢方相談の方法論です。

【強力型】漢方便秘薬

根気良くお続けになられ、常習便秘症の方は、順次ランクをお下げください。

 

 

大甘丸(だいかんがん)

 大黄甘草湯

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)

大甘丸は文字通り丸剤であり、小粒丸剤のウチダ、ウチダ和漢薬の丸剤、杉原商店の丸剤などが人気です。
大黄甘草湯では三和生薬のエキス細粒タイプ、小太郎漢方のエキス細粒(匙倶楽部)などがお勧めです。(90包)
頑固な常習便秘のケースもまずはスッキリしてください。

ただ、従来ご利用になられていた合成品(化学成分)と比較しますと、物足らないかも知れません。

でもそれで良いのです。検査を目的として腸管を空(から)にするわけではありませんので。
便通が少しずつ改善していくようでしたら、様子を見ながら、中間型へスイッチをお願いいたします。

常習便秘症でかつ、胃腸の弱い方。すぐに腹痛が起こり憂鬱な方に。
弊社プロたん漢方相談の大ヒット商品「延寿丸」えんじゅがんをお忘れなく。
延寿丸の事例シリーズ  新大草 延寿丸(えんじゅがん)とは?

・延寿丸(えんじゅがん) 今、当店漢方相談で一番人気のある漢方便秘薬かも知れません。

【中間型】漢方便秘薬

大甘丸や、延寿丸からのスイッチ製品。

大甘丸からスイッチして、又出なくなるようなことありましたら、すぐに前の処方に一旦戻されるなど柔軟対応をされるとよろしいかと存じます。キメ細かく根気良くチャレンジされることが肝要です。
その意味でも延寿丸でしばらく様子をみるのも方法論です。
最近は三和生薬の麻子仁丸エキス細粒に人気があるようです。

  

麻子仁丸(ましにんがん)
知る人ぞ知る、便秘処方。するりとでてくればしめたものです。

その他の中間型(民間薬草)


乾坤(けんこん)根強い歴史とファン。

 

 

上記2つの製品は完全なる生薬製剤であり、メーカー独自の処方でもあります。

ランク分けのとても難しい製剤ですが、服用丸数により、強力型とも言えます。その点ご留意ください。

あくまでも漸減療法あっての投薬計画であることを念頭に服用頂けるよう当店漢方相談では指導しております。