赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

最近の抑肝散加陳皮半夏の人気状況

スポンサーリンク

最近の抑肝散加陳皮半夏の人気状況

waru150

いつもご購読有難うございます。

さて、本日は何かと話題が多い、
抑肝散加陳皮半夏 (よっかんさんかちんぴはんげ)。

昨年はメディアにおいても、臨床における使用状況のルポなど。
特に高齢者への投薬により、脳血管障害後遺症への臨床応用。
その話題は事欠きません
現在、当処方の製剤は一般用医薬品市場において小太郎漢方と松浦漢方などが存在しており、当店・実店舗では近年に至り小太郎漢方の抑肝散加陳皮半夏エキス細粒Gが圧倒的にでております。

kota500

500g徳用ボトルと90包タイプの2種類があり、どちらも引き合いは多いと言えましょう。

【アクセス状況】

昨年は、さすがに抑肝散加陳皮半夏の一色の世界でしたね。
テレビの影響って怖いようです。汗

 

本年に入ってからは落ち着きましたが、それでも、当店のメインサイト「プロたん漢方2」へのアクセス状況は、キーワード検索「抑肝散加陳皮半夏」がダントツ1位のままです。

長くて難しい処方名ですが、「よくかんさんかちんぴはんげ」という平仮名でも検索されています。

ご注文の年代は、昨年はご高齢者が圧倒多数でしたが、本年に入り、40代、50代の男女が非常に多くなりました。
これが本来の姿であると私は思います。

つまり更年期障害にも応用できる漢方であることも裏付けられると思います。
特に男性の更年期に効果があるようで、リピーターのお客様がここへ来て随分と増加しております。

【抑肝散加陳皮半夏 (よっかんさんかちんぴはんげ)の特徴】

そもそも原典の抑肝散は、元来は「小児のひきつけ」に対する漢方処方でした。
以前は、夜泣きなどにも用いられた経緯があります。
これに陳皮と半夏を加味することで、二陳湯(去生姜)の方意も加わって、悪心・嘔吐、腹部膨満感などを伴う胃弱の方でも気軽に服用できる内容となっています。

気虚(体力低下)・血虚(栄養低下)のために、ストレスに対する抵抗性が低下し、軽度な精神的・肉体的な刺激に対しても反応性が高まった状態で、自律神経系の失調を伴った状態に良いです。

また、一般的にいわゆる「ど忘れ的な傾向」。
何かを話そうとしても、なかなか、いつものようにパッとその言葉が出てこない。
内容はとうに認識しているが・・・え~と、あれですよ。あれあれ・・。と、会話が止まってしまう。
人から急に尋ねられても、過去はよく知っていたにもかかわらず・・・忘れた。
ようするに「ど忘れ」が酷ったことを自ずと認識し、愕然となる。

そのようなご経験が最近ありませんか?それが頻回起きるようでしたら、気になるものです。

これは、加齢だけの原因のみならず、お若い方でも強度のストレスが長期続いたり、精神的疲労が重なりますと、イライラして、十分にストレスを発散できない。
いわゆる「肝気」が昂ぶり、心身的にも不安定な状態に陥ることがあります。

特に、管理職の方々や受験生本人とその家族、社内の配置換え、単身赴任など、数え上げたらキリがないほどその要因が挙げられます。

抑肝散加陳皮半夏 (よっかんさんかちんぴはんげ)はそのような肝気が過剰に動く病態の諸症状に用いる漢方薬と言えましょう。

【処方構成】9味です。

釣藤鉤・柴胡→ 鎮静・鎮痙作用・自律神経系調整
釣藤鉤→ 抗痙攣・降圧
当帰・川弓→ 滋潤強壮・血液循環改善
川弓→ 頭痛
茯苓・甘草・白朮→ 消化吸収促進・全身の機能強化
茯苓・白朮→ 利尿
茯苓→ 鎮静
陳皮・半夏→ 悪心・嘔吐鎮静・腹部膨満感除去

【処方鑑別】

■抑肝散加陳皮半夏
疳(肝)の高ぶりを抑える抑肝散に二陳湯(痰飲をとる)の方意が加わった。

抑肝散加陳皮半夏、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)のことならプロたん漢方2。

■黄連解毒湯
顔がのぼせ、熱感で落ち着かない。ノドも渇き、全身に冷えは感じない。
熱によるイライラで夜も眠れない。

黄連解毒湯、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
黄連解毒湯

■加味逍遙散
神経を使い過ぎた結果、疲れて何となくイライラするタイプの自律神経失調症、更年期障害に。

加味逍遙散エキス細粒G「コタロー」(D076) 90包
加味逍遥散エキス細粒G「コタロー」のことならプロたん漢方2。

■苓桂朮甘湯
水分代謝が悪いため、体が重くて疲れやすい。食欲不振やめまい、ふらつき(立ちくらみ)や不安・動悸といった症状を伴う。

苓桂味甘湯、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
苓桂味甘湯(りょうけいみかんとう)のことならプロたん漢方2。

■半夏厚朴湯
緊張が続く環境にいると、そのためにノドや胸部のつかえ(梅核気)を訴える。うすい痰がでるため、よく咳払いをする。

半夏厚朴湯、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
半夏厚朴湯

■温胆湯
物事にビクビクする、不安感、決断に迷うといった精神状態の不眠症に。
また、胃下垂、胃アトニーなどで胃腸機能が弱い方の神経症にも。

温胆湯、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
漢方通販のことならプロたん。漢方のデパート「プロたん」は東京都青梅市にある漢方・薬草の激安販売専門店です。
プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説