赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

痔と漢方の話

スポンサーリンク

otuji1

otuji2 otuji3

003003

痔と漢方の話

薬剤師プロたん

3人のうち1人が痔もちと言われている現代社会。

痔のご相談は当店開店以来、随分とお受けしております。
排便の度に痛みや出血があり、ひどい時には脱肛し、慌てて病院へ駆け込むケースがあるかと思います。

ただ、疾患の部位が肛門ということで、病院にはなかなか行きにくいもので・・・

当初は最寄の薬局で相談される方が半数以上を占めるのがこの世界かも知れませんね。

漢方を専業とする当店にご相談においでになられるのは、そのず~っとず~っと後のことです。。従って慢性化している事例がほとんどと言ってもよろしいでしょう。

いぼ痔、きれ痔と、一般的ですが、排便時に、特に固い便が通過する時に「力み(りきみ)」が加わると、膨れたイボが擦れて出血いたします。

イボが複数できて、さらに進行すると、便器が真っ赤になるほど出血することがあります。
脱肛した粘膜が肛門外に出現し、なかなか中に納まってくれない。

もう、こうなると病院での検診で、「オペ」の話が当然のようにドクターから出ます。
昔は症例により差はありますが、痔疾専門病院でのオペは最低でも7日間の入院期間を設けました。

現在ではオペ術の進化により、ごく短期間。
軽症の場合には凍結療法やレーザー術などで「日帰り術」で、術後は消毒、経過観察で済む時代となりました。

それでも手術がどうしても回避したいということで、痔のステロイド軟膏やステロイド含有の座薬、ポンプ式などで、過ごされてきた方も多いかと存じます。

 

ステロイド系は、炎症や痛みは緩和しますが、基本的な根治には至りません。

痔歴延べ5年から10年近く、終息と再発を繰り返してきた30~40代の男女のお客様から「痔の漢方相談」をお受けいたします。

程度で言えば、軽症から中等度の症状へ移行する時期の方が多いと思います。

治すのであれば、この時期の方々の失礼ながら「治療への本気度」で将来の治癒又は悪化の分岐点となります。

本日はこの軽症から中等度の症状へ移行する時期の方への漢方療法をお話いたします。(一般的には乙字湯)

乙字湯
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-3-6

重症の場合には50代~60過ぎの方が多く、中には過去に痔の手術をされた方も含まれます。

この場合、8割以上の方が「痔ろう」の状態ですので、化膿症状や繰り返されるケースも多く、他に複合的な疾病(例えば前立腺疾患や婦人病)も多く存在しますので又の機会にお話いたします。
(この場合には千金内托散が多いです)

千金内托散
https://www.pro-drug.com/cart/goodsprev.cgi?gno=20130807090

医師は痔疾と前立腺肥大とは因果関係は無いとバッサリと区切っていますが、現代医学の臨床学的にはその通りでしょうが、(当初は私もそのように考えておりました。)しかし、長年漢方に携わり、30年以上の接客の中で私の考えは変わっております。つまり因果関係は充分にあると。

その元凶は、冷えと血行不良(お血)と考えています。

【痔になった原因】

◎おしりの形にもよると医師から伺いましたが、私の薬剤師歴40年を経過した今、患者さんを振り返りますと・・
一般的には、長時間座ったままの職業の方に多いと思います。

それと、ご婦人では出産直後から始まった痔疾も非常に多いです。
ご相談の多い順に記載します。

肛門うっ血をきたす職業がいかに多いかご理解できるかと思います。

■デスクワーク(OAを伴う長時間ワーク、設計士さんなど)
■事務系のお仕事
■長時間ドライバー(長距離運転手、オートバイを含む)
■出産(主婦)

逆に立ち仕事の方は痔になりにくいのか?でもないようです。(職種によっては非常に多いです)
私の行きつけの大きな理髪店の社員さんからも、よく相談を受けます。「何かいい薬ありませんか?」と。

■長時間の立ち仕事(理容師、美容師さんなど)
■下半身冷えを伴う立ち仕事(警察官、調理師さんなど)

最後に、あまりここに書きたくはないのですが、特に高齢者に多い、あきらかに薬物の副作用というのもあります。

【痔が再発しやすい環境を今一度見直す】

0010002

心当たりのある方は、まずはご自身の環境整備から、自分ができることから初めてください。

■冷え対策 衣服、足元を冷やさない工夫
■排便対策 食物繊維を適度に摂取 野菜嫌いでも何かしら日々摂る
■トイレ ウォッシュレット設置(肛門を清潔にする意味で)
■ウォッシュレットが無ければ、排便後の清拭剤(フォーム)などで対応
■刺激物(辛いもの)、アルコールなどを控える タバコについては以下記載

※私の接客体験から、喫煙者は、男女共に痔疾又は痔の傾向をかなり高い確率で有すると思います。特に女性の喫煙者に痔もちが多いと感じていますが、いかがでしょうか。知人の医師に伺ったところ、そのようなデーターは見た事は無いと否定されましたが。

0smoke

よく女性の痔の相談の中で、「喫煙されているでしょう。。」と伺うと、概ね当たります。ただ、当人は「出産が原因で痔が全然治癒できない。」との弁。加えて「禁煙したら突然便秘になったので、慌ててまたタバコを吸いはじめた・・。」とのことです。ニコチンや一酸化炭素の影響もあるのでしょうが、逆に言えばこのような方は、完全禁煙すれば痔が治りますので、敢えて痔の薬は処方いたしません。

ヘビースモーカーの禁煙による一過性の便秘は、日々の食事の工夫や整腸剤で充分に解決できるからです。

「便秘対策と美容に・・」といつまでも喫煙を続けられるより、早めに禁煙されて痔を治された方がいかに健康的であるか説得するしかないのですが、お怒りになり帰られる方も多く、困ったものです。(禁煙すると肥るから・・という考えは本末転倒と言わざるを得ない)

喫煙は末梢血行障害を顕著に誘起し、肛門粘膜の炎症、痔核などの治癒を妨げます。

実際に当店の完全禁煙を実行された殊勝な女性のお客様方のほとんどが、少なからずも痔の悪化症状から解放されております。もちろん、このようなケースでは当店からは痔の漢方薬もほとんどお渡ししておりません。(当店は儲かりませんが、それがご縁で別の健康相談においで頂くことはよくあります。)

 

 

【ご参考】
プロたん書き下ろし

痔でおなやみの方に・・・座浴のすすめ(プロたん的志向)

痔でおなやみの方に・・・座浴のすすめ(プロたん的志向)
痔でおなやみの方に・・・座浴のすすめ(プロたん的志向)

さて、日々はこのような努力をされていても、なかなか改善されない方には、平行して漢方療法です。
乙字湯(おつじとう)。有名な漢方処方でご存知の方も多いと思います。

現在当店では、7社の乙字湯(おつじとう)。細粒、顆粒、錠剤、煎じ・・・と取り扱って参りましたが、リピート率の高い、とてもよく効いた漢方のみご紹介いたします。

sanwa30hsanwa500g

三和 乙字湯エキス細粒剤を当店では推奨しております。

まず、上質素材、エキス量が豊富、効き目が早い。(錠剤よりもずっと早いです)
それと余計なことですが、コストが割安です。

30包、90包、500g徳用ボトルの3種類を取り扱っています。
ぜひご検討ください。
500g徳用ボトルのお客様が多いですね。

6.乙字湯、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
漢方全国通販のことなら薬のプロたん。漢方薬、漢方食品、薬草のデパート「薬のプロたん」は東京都青梅市にある漢方・薬草の激安専門店です。

 

 

乙字湯が初めての方にここで原典の説明を付記しておきます。
ご参考にされてください。

【乙字湯(おつじとう)について】

「乙字湯(おつじとう)」は、江戸時代に著名な医学者である原南陽が痔疾患の漢方処方として創薬しました。

その後は処方内容を改良し、今日に至った漢方処方です。

効能・効果はいぼ痔、きれ痔、便秘。
穏やかな排便作用により、便通を整えます。

血液循環をよくして患部のうっ血をとり、痔核、きれ痔などの疼痛や、出血を止める効果があります。

【構成生薬】6味です。

柴胡・当帰・黄今・甘草・升麻・大黄

乙字湯は特に脱肛の傾向の有る方に有効です。

柴胡・升麻 骨盤内筋肉の緊張を正常化。
甘草・当帰 筋肉の痙攣を緩和。
黄今・大黄 消炎利尿
当帰 うっ血性腫脹を緩和。

プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説