赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

(処方解説)抑肝散加陳皮半夏 (よっかんさんかちんぴはんげ)のすすめ

スポンサーリンク

(処方解説)抑肝散加陳皮半夏 (よっかんさんかちんぴはんげ)のすすめ

薬剤師プロたん

本日は、抑肝散加陳皮半夏 (よっかんさんかちんぴはんげ)。長い処方名ですね。

その昔、私が勤務していた病院で、医療用として初めて採用された時に、医局のドクターらから、お~い。。とてもカルテに書ききれないので、ゴム印鑑を作って欲しいと依頼されたのを記憶しています。苦笑

これはまだ良いほうで、さらに
NO.38 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゅくかごしゅゆしょうきょうとう)とか採用された時には、パニックは必須ですので、病院事務用(レセプト用)と医局用(カルテ用)とゴム印を事前に作ってはいたのですが、結局採用にならず無駄になった苦い経験もありました。

昔の病院薬剤科っていろいろと神経遣ったものです。笑

現在では、ほとんどの病院はレセコン(オーダリング)が導入されていますので、そのようなことは皆無であるとは思いますが。。汗

さて、抑肝散加陳皮半夏の話に戻します。(・・というか、まだ全然しておりませんでした。。)

当処方は、プロたん会員様には何度となくご紹介しております。
ああ、またか・・・と、言わず再度おさらいしてください。

処方コンセプトとしては

「ストレスの発散ができず、神経が高ぶるタイプ」が挙げられます。

イライラして、十分にストレスを発散できない。
そのため、貧乏ゆすりやチック、出勤前になると腹痛や頭痛が起こる。
そのようなケースの時によく用いられる処方です。

【抑肝散加陳皮半夏の特徴】

抑肝散は、元来は「小児のひきつけ」に対する処方でした。
陳皮と半夏を加味することで、二陳湯(去生姜)の方意も加わり、悪心・嘔吐、腹部膨満感などを伴う胃弱の方でも気軽に服用できる処方です。

気虚(体力低下)・血虚(栄養低下)のために、ストレスに対する抵抗性が低下し、軽度な精神的・肉体的な刺激に対しても反応性が高まった状態で、自律神経系の失調を伴った状態によいとします。

肝気が高ぶって、肝気が過剰に動く病態の諸症状に用います。
従って抑制の「抑」と「肝」で抑肝散です。

これに陳皮、半夏を加えて悪心・嘔吐を鎮め、腹部の膨満感を除きます。

私的には単なる「抑肝散」よりも「抑肝散加陳皮半夏」の方がより広範囲に使用できると考えています。
つまり胃弱の方にも使用できる点は、「抑肝散」よりも使いやすいという意味です。

【処方鑑別】

よく半夏厚朴湯なのか、温胆湯なのか?とよくご質問をお受けいたします。
基本的に抑肝散加陳皮半夏と類似している証の場合には、迷うところですが、以下の点で区別いたします。

半夏厚朴湯(はんげこうほくとう)

緊張が続く環境にいると、そのためにノドや胸部のつかえ(梅核気)を訴える。
うすい痰がでるため、よく咳払いをする。

温胆湯(うんたんとう)

物事にビクビクする、不安感、決断に迷うといった精神状態の不眠症に。
また、胃下垂、胃アトニーなどで胃腸機能が弱い方の神経症にも。

抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんかちんぴはんげ)

やや消化器が弱く、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラ、神経症、不眠症、小児夜なき、神経過敏、歯ぎしり、更年期障害、血の道症

※血の道症は女性のホルモンの変動に伴って現れる「不定愁訴」とも解釈されます。

このように、抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんかちんぴはんげ)は非常に適応範囲は広く、多くの方々からその効果の支持を得ています。

【抑肝散加陳皮半夏の製剤】

当店では人気の小太郎をはじめ、ウチダ和漢薬のNP細粒、松浦エキス細粒と3社を取り扱っています。ぜひご検討ください。

■小太郎漢方匙倶楽部
抑肝散加陳皮半夏エキス細粒G
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-30-155

■ウチダ和漢薬のNP細粒
抑肝散加陳皮半夏300包
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-1-94

■松浦 抑肝散加陳皮半夏エキス細粒
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-4-92

プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
スポンサーリンク
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説【プロたん漢方2】