赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

処方解説:釣藤散 (ちょうとうさん)

スポンサーリンク

3165519

処方解説:釣藤散 (ちょうとうさん)

薬剤師の遠藤です。
いつもご購読有難うございます。

本日は処方解説で、このはっきりしない梅雨時期に
よく出ている釣藤散 (ちょうとうさん)という処方について。。

よく出ているという意味はあくまでも当店レベルでの話であり、もちろん四季を通じての繁用処方のはずです。

生薬の釣藤鈎(ちょうとうこう)を主薬とした素晴らしい処方で、ご存知のように各漢方メーカーが製造している割には、ご利用されている方が少ないのでは?・・・と思のは私だけでしょうか。

一般的にこの製剤の【効能・効果】を拝見すると、
例えば

1.【効能・効果】新

体力中等度で,慢性に経過する頭痛,めまい,
肩こりなどがあるものの次の諸症:慢性頭痛,神経症,高血圧の傾向のあるもの

◎「小太郎漢方 釣藤散エキス細粒G」
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-30-120

◎ウチダの釣藤散料エキス散500g徳用ボトル
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-29-28

◎「松浦の釣藤散エキス細粒」
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-4-43

◎「一元の錠剤漢方 釣藤散」
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-2-36

2.【効能・効果】旧

慢性に続く頭痛で中年以降,又は高血圧の傾向のあるもの

◎「ウチダ68番 双鈎順気エキス細粒」
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-1-68

1.の効能は最近、2013年~2014年に従来からの「中年以降・・」が抜けて、新たに「慢性頭痛,神経症・・」が加わりました。
いわゆる一般処方「釣藤散」の効能の見直しによる変更と考えます。

従来は、2.の効能がほとんど適応されてきた経緯があります。

ウチダ68番 双鈎順気は、「釣藤散」という商品名ではありませんので、効能がそのまま残ったという形と考えます。
(内容的にはウチダの釣藤散料エキス散500gと全く変わりありません。)

従って、なんとなく中年以降・・というと何となく「年寄り向き」の処方イメージが強かったのですが、現代ではお若い人にも充分に応用できる方剤であることをご理解ください。

【釣藤散の使用の目標】午前中のイライラと頭痛がポイント。

■イライラなどの「肝陽上亢」の証に、起床時の頭痛など「痰飲」の証を呈するものに良い
と言われます。

■起床時やイライラした時に、血圧が高くなる方の頭痛や神経症に用います。

■著名な大塚敬節先生は釣藤散が有効な頭痛について、
「朝の起床時には強く、その後は次第に軽くなる傾向がある」と述べておられます。

【処方構成】11味

釣藤鈎→ 肝陽上亢や肝風内動を鎮め、鎮静・鎮痙・降圧作用を示す。

菊花→ 釣藤鈎の作用を助け、さらに目の充血・かすみなどの眼症状を改善。

石膏→ 体内の熱を冷ます。

半夏・陳皮・茯苓・甘草・生姜二陳湯の構成 → 体内の痰飲を解消。

人参・茯苓・甘草→ 補気健脾、脾虚を改善。

防風→ 去風作用により頭痛を止める。

麦門冬→他薬の燥性(体を乾燥させる性質)を和らげる。

 

【類方の処方鑑別・比較】よく迷います。。

釣藤散
イライラ、めまい、頭痛、肩こりなどに用いる。高血圧傾向を伴ったり、
のぼせなどの熱症状を伴ったりすることが多い。
精神症状、のぼせ、イライラ、午前中の頭痛、血圧高めが大きなポイント

抑肝散加陳皮半夏
イライラ、めまい、頭痛などに用いるが、熱症状はあまり伴わない。
のぼせが基本的にはあまり見られないケースに用います。
テレビ放映の影響で、2014年に一番出た処方です。

温胆湯
不安で物事が決断できず、不眠が生じる。イライラ傾向は少ない。
精神症状が消化器の不調を引き起こしている。
うつ傾向に人気の処方です。

加味逍遙散
イライラ、頭痛などに用いるが、お血傾向があり、不定愁訴が多いものによい。
のぼせなどの熱症状を伴う。 お血存在が一つのポイントです。

清上けん痛湯
頭痛全般に用いるが、肩こりなどはなく、あまり虚していない場合によい。
この処方は最近、特に良くでており、評判が良いです。
但し精神症状が伴わないケースに用います。

プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説