赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

七物降下湯(しちもつこうかとう)の効果について

スポンサーリンク

七物降下湯(しちもつこうかとう)の効果について

薬剤師の遠藤です。
いつもメルマのご購読を感謝いたします。

季節的な気候の変動で、昼は汗ばむほどですが、
夜はまだぐっと冷え込む日々が続いています。

血圧にもかなり影響あるようで、
最低血圧値が平素よりも上昇し、頭重感や、こめかみ痛、
めまいなどをかすかに覚える・・はっきりしない症状の
方の相談もあります。

このような時には、「七物降下湯」が奏功する例が多いと思います。

もともと、慢性疾患対応の処方であり、長期投薬向きなのですが、
1ヶ月間程度でも、周辺症状はかなり緩解するようです。

但し、血圧の数値をぐいぐい下げるものではありません。
この場合には概ね3ヶ月ほど継続投薬すると、
肩こりや、頭重感もかなり改善し、
血圧を測定したら、前よりも改善していた・・というレベルです。
ただ、独特の首筋回りの「圧迫感」がほどけて、とても楽になるはずです。

【処方シリーズ】七物降下湯(しちもつこうかとう)とは?

「七物降下湯」は、漢方医学者で著名な大塚敬節(おおつかけいせつ)先生が
自身の高血圧症を治療するため創薬された薬方です。

身体虚弱な人ののぼせや、肩こり、耳なり、頭重など高血圧に伴う
随伴症に広く用いられています。

構成生薬

•当帰(トウキ)
•川きゅう(センキュウ)
•芍薬(シャクヤク)
•地黄(ジオウ)
•黄耆(オウギ)
•黄柏(オウバク)
•釣藤鈎(チョウトウコウ)

以上7味

七物降下湯(しちもつこうかとう)を用いるケース、特徴

(血虚)
・顔色がわるい
・四肢のなんとなくしびれ感

(肝陽化風)
・のぼせやほてり
・めまいや耳鳴り

■併せて泥状便など脾の状態が悪い時は、昨日お話した参苓白朮散を
合方することが多いと思います。
http://www.protan2.com/archives/19373

製造メーカーとしてはごく限られており、
当店では松浦漢方のエキス細粒シリーズにありますので、
この83番を採用しています。
→ https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-4-83

とても「使用感」というか「切れ味」の良い処方でして、
最小の48包×2個セットを初めてお求めのお客様のほとんどから
リピートを頂きます。
長期投薬として、300包、500gタイプも取り扱っています。

このような症状におぼえのある方はぜひ一度お試しください。

プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
スポンサーリンク
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説【プロたん漢方2】