赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

無症候性脳梗塞と漢方

スポンサーリンク

無症候性脳梗塞と漢方

いつもお世話になります。

薬剤師の遠藤です。

午後~夕刻、かなり冷え込んできた東京の青梅市です。

本日の話題は、「無症候性脳梗塞」。
いわゆる「隠れ脳梗塞」と、言われているものです。

【無症候性脳梗塞とは?】

一般の脳梗塞と比較し、強い自覚症状はありません。

脳ドックで実施するMRI等の検査で直径ごく小さな梗塞が見つかるものをさします。

すでに、30代、40代(3人に一人)でも確認できますので、驚かれると思います。

医師より指摘された場合、「ああ~驚いたけど・・でもよかった。。」と、
ほっとするだけではなく、今後の対策を真剣に考えねばなりません。

無症候性脳梗塞を有する方は将来脳卒中(なんらかの脳血管障害)をきたす
確率が極めて高値と言われています。

日常の生活態度に自覚を持ちましょう。(私が職場で、いつもスタッフからも言われています。。汗)

スポンサーリンク

【わかりにくい自覚症状・・】

朝起床時の手の痺れ、記憶力の低下、食事の記憶薄れ、最近うまくしゃべれない。
(あなたも覚えがあるのでは。)

言葉の単語がでてこない、めまいなどが頻発するようであれば注意を要します。

ちょっと疲れているのかな?
・・・と、やり過ごす事例が多く、あまり頻繁に起きるようでしたら
病院受診が安全です。

ある程度年配者になったら脳ドックに行きましょう。
具体的には50代になった記念にどうでしょうか。

60代では8割以上に「隠れ脳梗塞」が発見されると言われております。汗(まさに・・私が該当します)

過去、私は30代の後半に「脳虚血発作」を体験しております。
勤務先の病院のデスク上で突然気を失いました。
過労とストレスが祟ったと思います。

恐ろしいとか、何も考えている余裕もありませんでした。
一過性でしたので、予後は問題なかったのですが、
それが私の漢方への傾倒への転機となっているようですね。

自身がしているからというわけではありませんが、特に60代を過ぎたら
予防としてぜひウォーキングを実施してください。

定年後。又は休日は家でゴロゴロは必ず体調を崩します。

【隠れ脳梗塞発見法】

あくまでも目安ですが。。

ペンと紙をご用意して頂ければ、ご自宅で簡単なチェック方法があります。

面倒でしたら、今これをご覧になられているご自身のパソコンから

左下の「スタート」→ 「すべてのプログラム」→

「アクセサリー」 → 「ペイント」を起動してください。
マウスをペン替わりに・・・。

幅5ミリ間隔で5周の渦巻きを書きましょう。(5周ですよ)

色違いのペンで渦巻きの間に沿って、新らしい渦巻きを書き加えていってください。
ゆっくりで構いません。

描いた例は私のブログで、
→ http://www.protan2.com/pblog/archives/44

先に書いた線に触れたり、はみ出たりするような場所が2箇所上あったら要注意です。
もちろん。得意不得意はありますが・・例えば何度やっても失格であれば、

一度、機会があったら検診を受けられた方が良いかと思います。

【脳梗塞のセルフでできる予防】

・脳梗塞が起こりやすい時間帯は起床後2時間以内
(早起きしましょう。出勤前のウォームアップは充分に。)

・特に起床時の血圧が重要であり、睡眠時に脱水しているため起床時には
水をコップ一杯を飲むことを推奨します。

・冬の夜のトイレが要注意。自分の部屋とトイレ、風呂場との温度差が
極端に違いがあると要注意です。(建物の状況により差はあります)

・高血圧患者や年配者は厳寒時は外出時に冷気吸い込みに注意。
マスクやマフラー着用。(これは医師からもアドバイスされるはずです)

【脳梗塞予防の漢方】

特に医師より無症候性脳梗塞を指摘された方には推奨しています。

処方としては、血行血流改善の漢方を当店では男女共に推奨しております。

・当帰芍薬散(血行改善)

製剤例 http://www.protan2.com/gen/archives/10

・桂枝茯苓丸(お血改善)

製剤例 http://www.protan2.com/gan/archives/41

・補陽還五湯(プロたん推奨!)

製剤例 http://www.protan2.com/kota2005/archives/298

・丹参(たんじん)製剤(血液サラサラ成分)

製剤例(生薬製剤二号方)http://www.protan2.com/2gou/

製剤例(丹心方)http://www.protan2.com/18tan/

※あとは、日常生活における自身のライフサイクルの見直しと、
ストレス解消、適度な運動、濃厚をなるべく避けて淡白な食事、
喫煙者は節煙・禁煙を心がけてください。

※私の体験から・・・ひどい肩こり、それも吐き気を催すほどの肩こりなどは
運動不足、冷え、肥満、血圧、お血と水毒の介在などから起因しますので
要注意です。
この場合は、日常から「お血」の対策の意味で、上記のような漢方療法で
充分に解決ができるはずです。

【後記】リフレッシュ作戦

私が今、一度は行ってみたいと思うところを順位で書きますと。

・出雲大社
・厳美渓
・熊野古道
・仏ヶ浦の巨岩
・瀞峡

の5箇所。

なかなか、ゆっくり旅もできず、ここ青梅に篭っております。

本屋で「日本の絶景」などを見ながら、今は我慢しています。笑

プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
スポンサーリンク
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説【プロたん漢方2】