赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

紅参(こうじん:商品名 高麗人参 片)で薬用酒を作りませんか?

スポンサーリンク

紅参(こうじん:商品名 高麗人参 片)で薬用酒を作りませんか?

薬剤師の遠藤です。
いつも有難うございます。

本日は薬用酒(漢方)の話。

当サイトでは薬用酒のコーナーがあり、その素材を
お求めになられるお客様が年々増加しております。

ご自宅で、教養と健康増進を兼ねて、薬用酒を作られて
いらっしゃる会員様も何人かいるようで、
「薬用酒の素材コーナー」
→ http://www.protan2.com/kusa/

ここのコーナーは今後のアクセス増加のこともあり、
1両日で大きくサイト更新となります。

その前に、会員様へご案内を兼ねてメルマ掲載いたしました。

スポンサーリンク

人参酒

総合的には、人気はやはり「ニンジン酒」ですが、
現在「人参」は異常とも思えるほど価格が高騰しています。

従って、現在の当店での取り扱いは、「紅参」、「白参」、
「曲参」、「ひげ人参」の4種類です。

■カートの商品詳細はこちら

「パワー漢方・薬用酒素材」いろいろありますね。。マタタビ酒とか。
→ https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=140-48

■私の作り方の一例はこちら(女貞子と肉ジュヨウ)

→ http://www.protan2.com/kusa/

★もっとも、純国産製の御種人参は主に福島県(会津)と
島根(大根島)で僅かに産出されていますが、あまりにも高額
ということと、薬事の関係もあり、当店では取り扱っていません。

※特に当店での人気は曲参と、紅参(商品名 高麗人参)の2つです。
あとは一般の白参とひげ人参、つまり会津の毛人参。

これで充分に現状の「人参アイテム」は充足できると考えております。

私の個人的なお勧めは・・・

曲参(韓国)きょくじん【第3類医薬品】

(韓国製品、白参における曲参のいわれ)

韓国の錦山地区では尾部の曲げ込み調整をするものを曲参、
豊基地区では尾部を曲げずに調整するものを直参と、2通りの白参が生産されている。

紅参を飲む前は、私はこちらを愛用していました。
価格も非常に高額かも知れませんが、実はこちらは特にリーズナブルであり、
薬用酒素材としてはかなり上物であると思います。

ニンジン・曲参、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
ニンジン・曲参

紅参(商品名 高麗人参)(中国)こうじん 【食品】

御種人参(オタネニンジン)を細根をつけたまま蒸した後、
乾燥させてつくられたものでとてもきれいな「あめ色」をしているため、
「紅参(こうじん)」と呼ばれております。
紅参は基本的には6年生の水参を蒸気によって蒸し、
デンプンを糊化させ長期保存に適するように加工したものです。

高麗人参(紅参・コウジン)、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
高麗人参(紅参・コウジン)

俗に、ニンジンは血圧上昇にご注意と言われていますが・・・
果たしてどうでしょうか。人参の質にもよると思います。

今、私が今、飲んでいるものです。6年根の紅参。
実際に1年間就寝前に少量飲み続けていますが、血圧は上げませんね。

私は冷え強く、生来血圧の起伏が激しいのですが、
お蔭様で、現在は安定しております(高120 低70~80)。
他の併用している漢方薬の影響もあると思いますが、良い意味で紅参酒も
貢献しているのではと感じています。

※薬用酒のアルコールがダメな会員様は、飲みやすい紅参末(商品名:高麗人参末)
も推奨しています。

高麗人参(紅参・コウジン)、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
高麗人参(紅参・コウジン)

またたびの実 【食品】

マタタビ酒

これはマタタビの実(虫こぶです。)
実そのものというより、膨れ上がった「虫こぶ」が良質であり
エキス量が豊富で漢方名を木天蓼(もくてんりょう)と言います。

リューマチ酒とも俗に言われているようですが、
私はブログやメルマにも書いている通り、過去の骨折由来の神経痛持ち。
このマタタビ酒には世話になっています。汗
1週間に1度。週末夜に飲みます。(オンザロック)
カテゴリーが食品ですので、具体的な効き目がここに書けません。汗

こちら→ 特価!またたびの実・原形(虫瘤)(むしこぶ)・500g
→ https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=140-48-70

マタタビ粉は、もちろん薬用酒には使用せず、我が家の猫(メイちゃん)の
万病のお薬として重宝しています。
(もちろん人間も飲めますので、時々メイちゃんのをくすねて飲んでいます。笑)

今回私は、ここのサイト構築にあたって、マタタビの写真や、
紅参の資料など多数用意したのですが、スタッフの意向としては
医薬品である「人参」を優先するそうで・・・。

私の特に愛用している食品取り扱いのマタタビ酒の記事はラストと聞きました。
ちょっとがっかりしました。苦笑

2~3日しましたらこちらへアクセスください。
2015年度のテンプレートを使用して見やすいサイトが完成していると思います。
現在ではまだ旧サイトのままです。

カミングスーン! 私の新規。愚稿だらけで恐縮です。。
「続・パワー漢方(薬草)・薬用酒の素材」7日~8日頃に公開予定。

→ http://www.protan2.com/kusa/

プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説