赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

独活寄生湯(どっかつきせいとう)

スポンサーリンク

独活寄生湯(どっかつきせいとう)

薬剤師の遠藤です。
いつもご購読有り難うございます。

11月の上旬に入り、いよいよ冷えも本格的に
なって参りました。

冷えてくると従来からの神経痛(肋間神経痛や坐骨痛など)が
が、頭をもたげてくる頻度も高まり、再発することもあります。
どうぞ下着など保温の良いものにするなど工夫されてください。

過日はご年配の女性が薄着で油断し、
風邪を引き、大きなくしゃみが止まらずに・・
その後、胸が痛くなったので病院へ行ったら
医師から肋骨にひびが入っていると言われて驚いたそうです。

 

漢方で痛みを緩和する処方、及び
生姜の製剤などをご希望されて来店されました。

 

特に女性の場合、骨粗しょう症のケースでは
デリケートですので、くしゃみ、せき、衝撃など
日々の生活の中でも充分にご注意ください。

 

さて、本日はこの時期にもっとも多く出る症状の一つ、
坐骨神経痛、下肢しびれ、腰痛の漢方処方のお話です。

 

スポンサーリンク

イクオス女性ノーマル

イクオスサプリEX

■独活寄生湯(どっかつきせいとう)の件

【独活寄生湯はどんな処方?】

下肢が冷えて、体調が思わしくない方の坐骨神経痛、下肢しびれ、腰痛などの特効漢方。
独活寄生湯は、ちょうど疎経活血湯と十全大補湯を足したような処方です。

ここ日本では経絡に使える方剤が少ない中で、大変稀少な処方とも言えましょう。

配合生薬はなんと16味。
なんと、多いですね・・・秘薬とよく言われてきたゆえんかも知れません。

 

【去風湿】
ドクカツ
ボウフウ
ジンギョウ

【強筋骨・補肝腎】
ソウキセイ
ゴシツ
トチュウ

【散寒通路】
ケイヒ
サイシン

【補血行血】・・四物湯の処方です。
トウキ
ジオウ
シャクヤク
センキュウ

【補気健脾】
トウジン
ブクリョウ
カンゾウ
ショウキョウ

 

この多くの生薬構成で、肝腎虚を改善し、筋骨の痛み、
主に下半身の故障に使用できるパーフェクトな処方とも言えましょう。

従来からは疎経活血湯(そけいかっけつとう)を使用してきたが、
効果が今いちの時にぜひお勧めしたいです。

特にご年配者に多い坐骨神経痛。
または働き盛りの方でも過去はスポーツ選手の人もいらっしゃいます。
昔の故障や古傷が痛む時などには良いと思います。

経絡を通じながら、肝腎を補う。地黄、杜仲、牛膝などで強筋骨。
「寒湿の邪」が多いとされる特に雨の日になると痛みが
「うずく」ケースにも使えます。(風寒湿邪)

【主に痺証(ひしょう)に用いられる独活寄生湯】

痺証(ひしょう)とは・・冷えや湿気が体内に入ることで、
腰や手足などの運動機能に生じる痛み、しびれを言います。

つまり気血(エネルギーや栄養)が不足して、
筋骨(肝腎)の養分が足らなくなった結果、
虚に乗じて邪(寒けや湿気)が入り込む。

このような状態を振り払うのが独活寄生湯の特徴ともいえます。

【独活寄生湯の製剤について】

なかなか当処方の製剤は製造メーカーが無く、苦慮した時代もありました。
現在では大手漢方メーカーの小太郎さんから、
独活寄生丸エキス細粒という形で発売されています。

※追って珍しい錠剤タイプもこのシリーズに加わっています。
併せてご検討ください。

■独活寄生丸(どっかつきせいがん)「コタロー」(第2類医薬品)
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-30-131

00spcart2015

【後記】65歳過ぎてのあばら3本はきつい。。

私自身が「怪我の王者」と他のスタッフから
揶揄されるほどの過去を有し、生来バイク好きなので
仕方ないのですが・・・汗

先日の横転で「あばら3本」はこの年齢では
さすがにきつく、現在は徒歩専門と自粛しています。
この半生で骨折経験がとうとう通算2桁となりました。
(若い頃、虚弱なくせに格闘技に夢中で当時の怪我と合計すると)

神経痛もこの時期は過去の「古傷」への戒めとして
いつくか出て参ります。

特に「しびれ」の場合、病院では鎮痛剤と併用して
メチコバール(B12)が処方されるのですが、
私にはあまり効かないようです。

逆に、前述の独活寄生丸は私の主に下肢における
神経痛によく効くのですが、しばらく続けていくと
難治かつ独特の「痺れ感」も和らぐことに気づきました。

疎経活血湯でも改善できない「麻痺感」でしたが、
これは私にとって新発見です。

嬉しかったですね。
当分はこの処方にお世話になると思います。

(次号へ続く)

プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説