赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

強冒眩散(きょうぼうげんさん 由来:沢瀉湯)は回転性めまいに推奨。

スポンサーリンク

強冒眩散(きょうぼうげんさん 由来:沢瀉湯)は回転性めまいに推奨。

本格的な寒冷期に入り、この季節の急速な変わり目で、全国からお問合せの多い漢方相談の一つに「めまい」があります。

それもかなり激しい「回転性のめまい」です。

スポンサーリンク

【めまいと対応する漢方処方】

その原因は「水飲」、「水滞」または「水毒」とも呼ばれ、そのほとんどの証では胃内停水を認めます。

この回転性めまいにはよく「沢瀉湯」が用いられ、「起立性めまい」には苓桂朮甘湯をよく使用されます。

また、「浮動性めまい」には真武湯を用いたり、梅雨時期にありがちな痰湿の証においては、当店では半夏白朮天麻湯をご紹介することが多いと思います。

このように、あくまでもご本人の体質、現在の「証」に応じて使用する方剤も変わってきます。

本日はこの「沢瀉湯(たくしゃとう)」についてのご説明と、製剤のご紹介は、既に小太郎漢方から「沢瀉湯エキス細粒G」が発売されておりますので、こちらもぜひご覧ください。

沢瀉湯エキス細粒G「コタロー」

沢瀉湯 (たくしゃとう)エキス細粒G 「コタロー」
沢瀉湯 (たくしゃとう)の処方解説いつもアクセスを感謝いたします。うすら寒いですね。お体を冷やさぬよう、十分にお気を付けください。本日の解説は沢瀉湯 (たくしゃとう)。【処方コンセプト】めまいのファーストチョイス。立ちくらみから回転性のめま

そして、今回は、原末+エキス混合のこだわりの散剤である
強冒眩散(きょうぼうげんさん)剤盛堂をご紹介いたします。

【沢瀉湯(たくしゃとう)についてザックリと・・】

沢瀉湯は、胃内停水があって頭が重く、なにか物が頭にかぶさっている感じがあり、めまいに苦しむもの。
尿の出が少ないものに使用します。

【沢瀉湯の特徴】

■本方は沢瀉と白朮の組み合わせで、少ない薬味(2つの生薬)で構成されているので、切れ味がよく、非常に激しく急激に来ためまいに活用されています。

■原典の『金匱要略』には

「心下に支飲ありて、其の人 冒眩(ぼうげん)に苦しむは、沢瀉湯之を主る」とある。

支飲(しいん) :病的な水分が胸膈(きょうかく)や胃院部に停滞する病証。

冒眩(ぼうげん):目がくらんでぼうっとなること。
ただのめまいではなく、もっと程度が著しい。

【処方構成】2味  非常に単純明快。

■沢瀉は寒性の利水薬で、白朮は温性の利水薬である。

■脾胃の水毒(病的な水分)が何らかの原因で動き、それをこの2味で取り除き、動揺を鎮める。

■寒性・温性の相反する働きの2味から成っているため拮抗しており、大きく陰陽のどちらかへ偏ることはなく大変使いやすい。

■五苓散、当帰芍薬散の原方といわれている。

2生薬の妙味

◎沢瀉 降気・利水

◎白朮 健胃・利水

【沢瀉湯(たくしゃとう)の取り扱い製剤】

強冒眩散(きょうぼうげんさん)があります。

和歌山県は漢方メーカーの大手、剤盛堂薬品が取り扱っています。

剤盛堂さんは「生薬素材と原典由来」へのこだわりが強く、
他社ではみられない漢方製剤の製造に力点を注いでいます。

大きく分けて病名に随って選ぶことができる薬「隋病薬」と
証(体質)に随って選ぶお薬「隋証薬」の二通りを発売しており、

この「強冒眩散」は「隋証薬」に位置します。

【強冒眩散(きょうぼうげんさん)の内容】

●原末+エキス混合の散剤であり、当店、当処方の製品には錠剤はございません。
●散剤は非常に濃い生薬製剤です。第2類医薬品です。

剤盛堂オリジナルの生薬製剤としています。

なお、添加物は含有しません。以下、こだわりの強い剤盛堂らしい構成です。
1回服用量もどちらかというと少量ですみます。

【成分分量】 4.5g又は3包中
タクシャエキス 2.591mL(固形物0.131g)
タクシャエキス 1.007mL(固形物0.086g)
ビャクジュツ末 2.570g
ブクリョウ末 1.713g

添加物 なし

【効能・効果】浮腫およびこれに伴うめまい

【用法用量】大人:1回に1包(1.5g)を1日3回。
食前又は食間にコップ半分以上のぬるま湯にて服用。

【強冒眩散(きょうぼうげんさん)の価格】

強冒眩散(きょうぼうげんさん)60包 沢瀉湯
税込 4,644円

強冒眩散(きょうぼうげんさん)500g徳用ボトル 沢瀉湯
税込 19,764円

詳細は・・

●PCカート【パソコン】

●SPカート【スマホ】

 

【余談】
漢方市場においては「沢瀉湯」のお取り扱いメーカーは割と少なく、当店だけの話ですが、「沢瀉湯」に関してはこの剤盛堂の強冒眩散(きょうぼうげんさん)がなんとなく「一人勝ち」の様相でした。
しかし近年になり、前述のように小太郎漢方匙倶楽部から沢瀉湯エキス細粒G「コタロー」が発売されて、お客様の選択肢が増えました。双方共に甲乙つけがたい優秀な製剤と言えましょう。
あとはお客様の「好み」とお話し申し上げております。「どちらが良いのか?」とのご質問が多いため、付記いたしました。

沢瀉湯 (たくしゃとう)エキス細粒G 「コタロー」
沢瀉湯 (たくしゃとう)の処方解説いつもアクセスを感謝いたします。うすら寒いですね。お体を冷やさぬよう、十分にお気を付けください。本日の解説は沢瀉湯 (たくしゃとう)。【処方コンセプト】めまいのファーストチョイス。立ちくらみから回転性のめま

 

プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説【プロたん漢方2】