赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

大青竜湯(だいせいりゅうとう)の目標は悪寒、発熱、脈浮緊、諸筋骨痛、煩躁。

スポンサーリンク

大青竜湯(だいせいりゅうとう)由来の強発汗散について

いよいよ本格的な冬到来ということで、風邪の漢方のご準備はよろしいでしょうか?

かぜや鼻炎などでお馴染みな小青竜湯(しょうせいりゅうとう)は巷ではすっかり一般的になり、ドラッグストアでも販売されているようですね。

小青竜湯は麻黄(まおう)が含有されており、長期の服用は胃腸障害や、血圧上昇の関係で注意を要します。

鼻水や激しい咳にはよく効きますので、当店ではよく引き合いになりますが、麻黄の苦手なお客様には別の風邪漢方をご紹介しております。

●かぜの漢方特集・小~中包装(保存版)

2019年~2020年・かぜの漢方特集・小~中包装(保存版)
昨年からの継続で『今年の風邪特集』をアップしました。いつものように、風邪には小箱タイプで十分かと存じます。前もって備蓄されるのであれば、柴葛解肌湯エキス細粒「コタロー」を推奨しますが、タイムリーにご購入であれば最小包装品で良いかも知れません
スポンサーリンク

【大青竜湯(だいせいりゅうとう)とは何?】

さて、本日の話は今さら小青竜湯(しょうせいりゅうとう)の話ではなく・・大青竜湯(だいせいりゅうとう)という処方。

小青竜湯の親玉?

ある意味、そうかも知れません。麻黄や甘草の量は増量されております。
しかし、使用目標はむしろ「別物」とお考えになられた方が良いでしょう。

それと服用にあたってご注意を要することが何点かございます。
その件について以下拙稿ではありますが、記述いたしました。

【大青竜湯(だいせいりゅうとう)について】

青竜とは神話に出てくる四神の一つで、東方を守護する神をさします。

青竜の青は麻黄の色の青さから名付けられたいきさつがあります。

青竜湯には大青竜湯、小青竜湯があり、大青竜湯は症状の激しいものに用いられます。

大青竜湯は小青竜湯とは作用や程度が異なり、発汗作用(大)だけでなく、こもった熱や不安感を取り除く働きがあります。

【大青竜湯(だいせいりゅうとう)の特徴】

●大青竜湯が収載されている原典は『傷寒論』です。

その条文では、

「太陽の中風、脈浮緊、発熱悪寒、身疼痛、汗出でずして煩燥する者は、大青竜湯之を主る(傷寒論太陽病中篇)」と記載。

●大青竜湯(だいせいりゅうとう)の生薬構成の内容は以下の通りです。
麻黄 杏仁 桂枝 生姜 大棗 甘草 石膏

麻黄湯の麻黄の概ね「倍量」を含有。
同時に甘草を「増量」。

●上記の通り処方構成は麻黄湯に、石膏と生姜・大棗を加えたものと考えられます。

麻黄(麻黄湯の麻黄をさらに増量)で発汗作用を強めて、石膏で熱を冷まします。

生姜は、桂枝の作用を助けるために、大棗は、石膏による胃腸障害を防ぐために加味されています。

●このことから表実証にして裏に熱のある場合で、激しく発汗させることを目的とした処方と言えます。

●目標は悪寒、発熱、脈浮緊、諸筋骨痛、煩躁です。

重要!

【大青竜湯(だいせいりゅうとう)を用いる時の注意】

●虚証、脈微弱の者、発汗し易い体質者には用いません!

●妊産婦、高齢者、高血圧、心臓病、腎臓病及び甲状腺機能障害の患者には用いない!

●あくまでも慎重投薬とし、当店では「頓服」投与としています。

あくまでも当店のみの方法論ではありますが・・・

1日3回を限度とし、基本的には1日限り。
決して連用はしないこととしています。

また、メーカー添付文書には小児薬用量も記載されていますが、
当店では、大青竜湯を用いるのは成人以上としています。

例え成人であったとしても虚弱な方には無理というものです。

●他の麻黄含有製剤、甘草含有製剤とは併用できません。
併用すると、副作用を生じる確率が極めて高くなります。

【大青竜湯のメディア放映による影響】

寒くなると、時折テレビの漢方番組などで「大青竜湯」が特集され、非常に困ることがありました。

インフルエンザや花粉症などの「特効薬」のイメージで視聴者はご記憶されるようで。

大青竜湯は、決して「インフル特効薬」ではありません。

悪感、発熱、関節痛など麻黄湯の「証」の中で、今一つ発汗がなされない場合に用いられるタイムリーな方剤であることをご記憶ください。

当方は熱性疾患に応用されるのみならず、眼の急性炎症で自覚症の激しい場合とか、急性関節炎などにも応用しています。

もともと患者の様子を見ながら匙加減(さじかげん)の必要な処方であり、患者の体質や現状の「証」を確認後にお渡しという形となります。

少しでもわからない場合には、当方までお電話ください。
東京都青梅市 「薬のプロたん」
電話 0428-25-8682 担当薬剤師 遠藤

【大青竜湯の製剤のご紹介】

和歌山県は漢方メーカーの大手、剤盛堂薬品が取り扱っています。
製品名は「強発汗散(きょうはっかんさん)」と言います。

剤盛堂さんは「生薬素材と原典由来」へのこだわりが強く、他社ではみられない漢方製剤の製造に力点を注いでいます。

大きく分けて病名に随って選ぶことができる薬「隋病薬」と証(体質)に随って選ぶお薬「隋証薬」の二通りを発売しており、この「強発汗散」は「隋証薬」に位置します。

【強発汗散(きょうはっかんさん)の特徴】原典由来:大青竜湯

原末+エキス混合の散剤であり、当店、当処方の製品には錠剤はございません。
散剤は非常に濃い生薬製剤です。指定第2類医薬品です。

当店に限り、1回1包(1.5g)を頓服で必要時のみ1日3回を限度とします。
連用はいたしません。基本的には1日限り。
例え最長でも2日投薬とお考えください。

4.5g又は3包中
杏仁エキス 0.185mL(固形物0.051g)
エキス 1.590mL(固形物0.672g) (杏仁4.197g・石膏8.395g・大棗2.518g)
甘草末 0.839g
桂皮末 0.839g
生姜末 0.420g
麻黄末 1.679g

添加物 なし

【効能・効果】
神経痛、風邪、気管支カタル

【強発汗散(きょうはっかんさん)の価格】

強発汗散 60包 大青竜湯
税込5,400 円

強発汗散 500g徳用ボトル 大青竜湯
税込 22,356円

製品の詳細説明は・・

●PCカート【パソコン】

●SPカート【スマホ】

 

プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説