赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

意外と多い旋覆花代赭石湯(せんぷくかたいしゃせきとう)の証

スポンサーリンク

意外と多い旋覆花代赭石湯(せんぷくかたいしゃせきとう)の証

本日のテーマはいわゆる誰でも経験のある「胸やけ」。

そしてさらにそれが発展した形の「逆流性食道炎」について考察してみました。

スポンサーリンク

【胸やけ・逆流性食道炎について】

近年になり、逆流性食道炎の症例が多く、この場合、病院では胃酸分泌抑制剤(PPIやH2など)が汎用処方となっています。

いわゆる胃酸が過剰に分泌し、胃壁や食道の粘膜を刺激し粘膜にびらん・炎症を引きおこす疾患名なのですが、その要因となるものは・・・

●ストレス
●過飲過食(油脂や糖質摂取過多)
●喫煙・飲酒
●腹圧の上昇(肥満・猫背・常習便秘など)
※ここでは妊娠による腹圧亢進は除外しておきます。

・・・などが挙げられます。

症状の筆頭は・・

胸焼けをはじめ、みぞおちや上胸部痛。
さらに進行すると横臥時に胃酸が口に逆流。
慢性化すると、声がれ、就寝中逆流物の気道への誤嚥など。

が、発生いたします。

●従って、日常生活におけるストレスの解消。
●日々の食事内容への意識。
●禁煙・禁酒への前向きな取り組み。、
●さらに、日常の姿勢の矯正など、自分のできることから改善しなくては根治に至りません。

※一番コストのかからない方法論の一つは、「姿勢の矯正」です。

【胃粘膜・食道粘膜の病変を放置するとどうなるか?】

まずは、顕著な「口臭」がはじまります。
自身ではあまり意識しませんが、周囲が気付きます。これ悲惨ですね。汗

私は逆流性食道炎とまではいきませんが、胃弱であり、食べ合わせが悪いとすぐに「胸やけ」します。

当店の店長の孫(5)が先日、私のデスクにやってきて、もろに「臭い」と言いました。苦笑(ひょっとしてプラス加齢臭?)

子供は正直なだけに・・ぎくり!ときたものです。(─_─)。。。

慌てて弘真胃腸薬(あかぶくろ)を飲んだものです。

これら胃粘膜病変が慢性的となり、放置したとすると中焦(体の中央)を患い、気も落ち、意欲の低下、さらに胃潰瘍、食道炎・・・とあまり良いことはありません。

早めに漢方養生しましょう。

当店でよく名指しで出る方剤の中に旋覆花代赭石湯(せんぷくかたいしゃせきとう)という処方があります。

【旋覆花(せんぶくか)とは?】

キク科のオグルマの小頭花に由来する旋覆花(せんぶくか)という生薬です。
旋覆花の歴史は古く,『神農本草経』の下品に収載されています。

薬効として当生薬単味では主に去痰に用いることが多い。
咳嗽、慢性的な痰、すっきりと喀出できない痰、胸がつかえて苦しい慢性気管支炎などに用いることがあります。

【代赭石(たいしゃせき)とは?】

基源は酸化鉄(Ⅲ)(酸化第二鉄、Fe2O3)を主成分とする赤鉄鉱の塊を言います。
代赭石は『神農本草経』の下品に収載されています。

岡山県高梁市吹屋地区はベンガラに彩られた町並みを有しており、その美しさ故か映画の撮影地に幾度となく採用されています。
昭和52年には国の重要伝統的建造物群保存地区に認定され、現在も観光客が絶えません。

ベンガラの赤色は酸化鉄(Ⅲ)に由来しますが、同様に酸化鉄(Ⅲ)を主な発色源とする代表的なものに「代赭」があります。
この「代赭」の名は鉱物「代赭石」から由来し、補血、止血、収れんの効があるとされます。

【旋覆花代赭石湯(せんぷくかたいしゃせきとう)とは?】

配合される代表的な処方として、代赭石とともに旋覆花、大棗、甘草、人参、半夏、および生姜が加えられる旋覆花代赭石湯が著名です。

●旋覆花を配合した処方「旋覆花代赭石湯」は『傷寒論』に収載されています。

●旋覆花代赭石湯は、虚弱体質者(虚証)で脾胃虚寒のために胃腸内の水分が代謝されず、その結果引き起こされる胸やけ、嘔吐、吃逆(しゃっくり)、便秘、下痢などを目標に使用されます。

ちなみに胃酸過多(胸やけ)に用いる漢方薬には安中散、旋覆花代赭石湯、生姜瀉心湯、黄連湯などがあります。
患者の証により決定いたします。

●旋覆花代赭石湯の使用頻度としては、当店では決して多くはありませんが、それでも当処方を求めて遠方からもよくご注文を頂きます。

●特に虚証タイプで慢性的な胃酸過多症の方にはピッタリと合い、非常に効き目が良く喜ばれます。

●この旋覆花代赭石湯を由来とした生薬製剤を製造しているメーカーが和歌山県の大手、剤盛堂薬品です。

製品名は、曖気散(あいきさん)といいます。

【曖気散(あいきさん)の効能・効果】

多くの適応症を取得している曖気散(あいきさん)です。

胃酸過多、胸やけ、胃部不快感、もたれ(胃もたれ)、胃重、胸つかえ,げっぷ(おくび)、はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔い・悪酔のむかつき、嘔気,悪心)、嘔吐,飲み過ぎ(過飲)、胃痛、食欲不振(食欲減退)、胃部・腹部膨満感、消化不良、胃弱、食べ過ぎ(過食)、整腸(便通を整える)

【曖気散(あいきさん) 旋覆花代赭石湯のアイテムとその価格】

剤形は原末+エキスの合剤となり、散剤となります。
分包タイプの60包と500g徳用ボトル(バラ)の2種類が発売されています。

曖気散(あいきさん) 60包 旋覆花代赭石湯
税込 6,048円

曖気散(あいきさん) 500g徳用ボトル バラ 旋覆花代赭石湯
税込 27,000円

上記、お求め時には会員登録をお願いします。
※会員登録しませんと、会員割引、特割などは適応できません。

※会員様は必ずログインされてお求めください。

●PC(パソコンカート)

●SP(スマホカート)

 

プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説【プロたん漢方2】