赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

独活葛根湯(どっかつかっこんとう)と独活寄生丸(どっかつきせいがん)

スポンサーリンク

独活葛根湯(どっかつかっこんとう)と独活寄生丸(どっかつきせいがん)

さて、本日のテーマは「40肩、50肩、痺症(ひしょう)」の特効漢方です。

●「独活葛根湯(どっかつかっこんとう)」。

40肩、50肩の特効漢方として有名です。

今は関係なくとも、ひょっとしていつかは、50肩に見舞われるかも知れません。当処方はぜひご記憶ください。

【40肩、50肩の痛みはやった者でないとわからない】

私も40代、50代と酷い目に遭いまして、それはそれは難儀いたしました。
あまりの痛みと睡眠不足で痩せた記憶があります。

日々、脂汗流してストレッチやアイロン体操やりました。(苦笑)

救われたのは、当処方の存在であり「独活葛根湯」の煎剤の材料をウチダ和漢薬から取り寄せ、夜な夜な生薬を刻んで、飲んでいた時期があります。
正直申してかなり「まずい」。

現在では、小太郎から濃いエキス細粒Gが発売されておりますので、ぜひ、40肩、50肩に限らず、OA業務が重なり、肩がバリバリ状態で「腕も上がらない」お若い方々にもおすすめです。

『40肩、50肩の特効漢方 独活葛根湯(どっかつかっこんとう)』

40肩、50肩の特効漢方 独活葛根湯(どっかつかっこんとう)
独活葛根湯(どっかつかっこんとう)。小太郎漢方匙(さじ)倶楽部から既に発売されている40肩、50肩の特効漢方です。今は関係なくとも、ひょっとしていつかは、50肩に見舞われるかも知れません。当処方はぜひご記憶ください。

 

【なぜ葛根湯だけでは痛みが治まらないのか?】

※40肩、50肩は概ね「葛根湯」の証ですが、悪化している場合はほとんど効果ありません。

※ていうか、本来は効いているのですが、痛みや患部の硬縮が激しいため、本人が全然効かないと感じてしまうことがおうにして、あるのです。

※そこで、この葛根湯に「独活」と「地黄」を配合したものが独活葛根湯であり、これは40肩、50肩に特異的に良く効く漢方処方となります。

 

【独活葛根湯(どっかつかっこんとう)の製品ご紹介】

■独活葛根湯(どっかつかっこんとう)エキス細粒G「コタロー」
小太郎漢方から濃厚なエキス細粒剤が発売されています。

とても良く効きますので、ぜひお験しください。第2類医薬品です。
(小太郎匙倶楽部商品です)1日3回処方

■独活葛根湯エキス細粒G「コタロー」90包(30日分)
1包が1.8gです。
税込 9,720円

■独活葛根湯エキス細粒G「コタロー」500g徳用ボトル (92日分)
1回が1.8gです。
税込 29,160円

●PCカート【パソコン】

●SPカート【スマホ】

【独活葛根湯と独活寄生丸の違いは?】

●独活(どっかつ)とは、ウコギ科のウドの通例、根茎をさします。

※「ウド」は、よく「ウドの大木」とか言いますが、大柄なのにツカエないものの例え?

※漢方の世界では、とんでもない・・とても重要なポイントを占めるのです

●ところで、60肩、70肩ってあるの??はい・・理論上はあります。。

ただ、60肩、70肩とは言いません。
肩だけではなく、足腰も痛い、こっちも痛い・・・そのような症状を「痺症(ひしょう)」(特に中高年)と言います。

一般的には40代が40肩、50代が50肩と病名を付記していますが、漢方医学ではこれを包括(ひとくくり)し、老化や痺証(ひしょう)から由来する痛みとしています。

従って60代、70代でも、いわゆる50肩の症状は存在いたします。

私も当年68歳ですので、いよいよ痺症(ひしょう)が起こる要注意の年代に入りました。覚悟はしています。汗

痺症(ひしょう)には独活寄生丸(どっかつきせいがん)を用います。

 

【痺症(ひしょう)には早めの漢方療法を】

痺症(ひしょう)とは東洋医学の用語です。
冷えや湿気が体内に入ることで、腰や手足などの運動機能に生じる痛み、しびれを言います。

つまり気血(エネルギーや栄養)が不足して、筋骨(肝腎)の養分が足らなくなった結果、虚に乗じて邪(寒けや湿気)が入り込む。
このような状態をいいます。

特にご年配者に多い坐骨神経痛や、脊柱管狭窄症、すべり症などもこれに該当することが多いと思います。

今、症例の多い「脊柱管狭窄症」の中で、ご高齢、重度のケースで、オペを見送られている患者様によく私は独活寄生丸を用います。

加齢に応じて進行する症状が多く、早めの漢方療法を推挙いたします。

【高齢者ゆえ、オペが見送られることもある】

例えば、80代のご婦人。骨粗しょう症も有し病院にて加療通院中。

整形外科の先生から、「腰部脊柱管狭窄症(きょうさくしょう)」の診断を受け、背骨の手術の話がちらほらと・・・。
最近そのような話が多いですね。

さて、私の病院勤務時代。75歳以上の高齢者は手術治療の適応外グループに属する・・つまりオペは控える・・というのが外科医らの了解事項であったと記憶します。

しかし、近年になってからは医術も進歩し、脊椎外科でのオペはかなり一般的になってきた模様。

特に脊椎専門医の活躍は目ざましく、もちろん80代でも実施することはそれほど稀ではないと思います。

反面、超高齢者の場合には、狭窄症というよりは閉塞状態のケースもあります。併せて骨粗しょう症が重度に進行し、例えば胸腰椎圧迫骨折も併発している場合にはオペ後も回復が困難となります。
この場合には、オペは事前に見送られることもあります。

このように、ご本人からのご相談で、ご来店頂き、「適証」であれば、私はためらわずお出しするのが「独活寄生丸」です。

『経絡に使用される独活寄生丸(どっかつきせいがん)(改訂版) 』

独活寄生丸(どっかつきせいがん)「コタロー」体が虚弱で、腰や手足の痛みが頑固で治りにくい方に
独活寄生丸(どっかつきせいがん)「コタロー」体が虚弱で、腰や手足の痛みが頑固で治りにくい方に昨年中(2018年)に販売された小太郎漢方匙倶楽部シリーズの中にあって、当店で一番販売された漢方薬が独活寄生丸であることが昨日2018年12月30日

【独活寄生丸(どっかつきせいがん)の製品ご紹介】

なかなか当処方の製剤は製造メーカーが無く、苦慮した時代もありました。

現在では大手漢方メーカーの小太郎さんから、細粒タイプの独活寄生丸エキス細粒と錠剤タイプの独活寄生丸エキス錠N「コタロー」620錠(1ヶ月分)
という形で発売され、当店、実店舗漢方相談でも多く用いられております。

(錠剤タイプ)
独活寄生丸エキス錠N「コタロー」620錠(1ヶ月分)
※15歳以上1回10錠 朝・夕2回
税込8,640円

(細粒・分包タイプ)
独活寄生丸(どっかつきせいがん)エキス細粒G「コタロー」60包(1ヶ月分)
※こちらも1日に2回処方です。1回1包 朝・夕2回
税込8,640円

(細粒。バラタイプ)
独活寄生丸(どっかつきせいがん)エキス細粒G「コタロー」500gボトル
※添付の計量匙つき
※15歳以上1回3.0g 朝・夕2回
税込30,000円

●PCカート(錠剤と細粒)

●SPカート(錠剤と細粒)

●よくあるご質問【独活寄生丸と独活葛根湯の併用療法について】

※以上、2つの処方は併用療法が可能です。
(つまり年配者にみられる痺症のタイプで、肩と腰の両方が痛い時。)

※独活(どくかつ)は風邪、湿邪つまり「風湿」が侵襲して起こる身体の痛みに対し、用いる生薬です。

※風、寒、湿による疼痛、知覚麻痺、冷えなどの痺症を治します。

※全身各部の筋肉や関節などのこわばりや疼痛、さまざまな眼疾患、目が赤くなって痛んだり、かすんだりするもの、関節の痛み、しびれなどにも用います。

プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説