赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

神経系の漢方、5選。

スポンサーリンク

 

神経系の漢方、5選。

いつもプロたんメルマご購読有難うございます。

不穏な天候続きで蒸し暑く、このまま夏が終わるのかと思うとうつうつしてしまいます。

本日は神経系の製剤をいくつかご紹介いたします。

●温胆湯(うんたんとう)

※夏のイライラ、神経疲れ、気候からのストレスに!

日ごろから胃腸の働きが弱い方は、胃や体の中に水分がたまりがちです。

イライラやストレスで熱が発生すると、たまった水分が粘り気を
帯びた液体(熱痰・ねったん)に変化すると言われています。

不眠や不安、イライラ、胸苦しさなどの症状はこの熱痰が原因となっています。

温胆湯は体の余分な水分や熱を取り除くことによって、
心を落ち着かせ不安を解消し、不眠などの不快な症状を改善する漢方薬です。

このタイプの方は、不眠・驚きやすい・憂うつ・不安などの精神的症状のほか、
胸やけ・食欲不振などの消化器症状も呈します。

【効能・効果】

胃腸衰弱者の不眠・神経症

詳細はこちら

温胆湯(うんたんとう)エキス細粒G「コタロー」
温胆湯(うんたんとう)はよく引き合いのある漢方処方です。日ごろから胃腸の働きが弱い方は、胃や体の中に水分がたまりがちです。イライラやストレスで熱が発生すると、たまった水分が粘り気を帯びた液体(熱痰・ねったん)に変化すると言われています。不眠

 

●苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)

※現代におけるパニック障害に!

不安観念が非常に強く、人前にでると緊張してドキドキしたり、
ストレスが溜まりやすくイライラしやすい神経質な方の精神不安、
動悸を伴った状態を奔豚気(ほんとんき)と呼びます。
もちろん漢方用語です。

ヒステリー性の心悸亢進に相当するもので、発作的に下腹部から
胸に突き上げてくる激しい動悸(あるいは腹痛)を起こします。

証は現代医学風に言えば、パニック障害、強度の不安神経症、
神経性心悸亢進、心臓神経症などに該当いたします。

このケースでは苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)を用いると
大変良いと思います。。

【効能・効果】

体力中等度以下で,のぼせや動悸があり神経がたかぶるものの次の諸症:
動悸,精神不安

詳細はこちら

苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)エキス細粒G「コタロー」
「奔豚気病(ほんとんきびょう)」と漢方唐突ですが、かなりストレス溜まっていらっしゃいませんか?いや、少なからずもあるが、それほどでもない・・まあまあ・・・・というお客様は、どうぞスルーしてください。今日はそうではなく、かなり「ディープ」な状

 

●帰脾湯(きひとう)

※「心脾両虚」を改善する処方として有名。
※つまり肉体的な滋養充実と、精神症状緩和の両方に効果あります。

◎心血虚とは、不眠、動悸、健忘、不安感など大脳や中枢神経系、
心臓の拍動による循環機能の異常のことです。

◎脾気虚とは疲れやすい、食欲不振、軟便など消化器系の機能低下をさします。
この2つを同時に改善できる処方は帰脾湯(きひとう)がベスト!

【効能・効果】

体力中等度以下で、心身が疲れ、血色が悪いものの次の諸症:
不眠症、神経症、精神不安、貧血

詳細はこちら

帰脾湯(きひとう)は「心脾両虚」を改善する処方
■帰脾湯(きひとう)は「心脾両虚」を改善する処方いつも有難うございます。よく「身も心もくたくた・・。」とのご相談をお受けします。もし、あなただったら、何の漢方処方を所望されますか?例えば女性の場合。イライラして怒りやすい。強い月経前緊張症を

 

●抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

※漢方の精神安定剤として。。

イライラしているが、十分にストレスを発散できない。
そのため、貧乏ゆすりやチック、登校前や出勤前になると腹痛や頭痛が起こる。

ストレスの多い中間管理職や受験生の精神安定剤としても応用される。

気虚(体力低下)・血虚(栄養低下)のために、ストレスに対する
抵抗性が低下し、軽度な精神的・肉体的な刺激に対しても反応性が
高まった状態で、自律神経系の失調を伴った状態に良い。

【効能・効果】

体力中等度をめやすとして,やや消化器が弱く,神経がたかぶり,怒りやすい,
イライラなどがあるものの次の諸症:神経症,不眠症,小児夜なき,
小児疳症(神経過敏),歯ぎしり,更年期障害,血の道症

詳細はこちら

抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)エキス細粒G「コタロー」
2011年6月19日 初稿2014年7月13日 更新【私と抑肝散加陳皮半夏との関わり】今からちょうど25年も前になると思います。時は脳代謝賦活剤、脳代謝改善剤の「全盛期?の時代」。私は病院勤務の薬剤師でした。医療用漢方製剤はシリーズとして既

 

●酸棗仁湯(さんそうにんとう)

※眠りにくい方、浅睡傾向の方のおすすめ漢方!

酸棗仁湯(さんそうにんとう)という漢方処方は寝かせてしまう
いわゆる巷の「睡眠薬」とは全く違います。

睡眠のリズムを整え、自然の睡眠を誘起させるように、
起きているうちに水はけを良好にし、血行の悪いところを是正し、
肝を癒し、鎮静化させて眠りを深くするものです。

ぐっすり眠れて朝の目覚めが良好になります。疲労感が残りません。

脳へ直接働きかける化学合成成分の「睡眠薬」はどうしても
眠れない時には仕方ありませんが、そうではなく、ただ漫然と服用を
続けているとあまり良いことはありません。

★酸棗仁湯(さんそうにんとう)は特に当店推奨処方です。

【効能・効果】

体力中等度以下で,心身が疲れ,精神不安,不眠などがあるものの
次の諸症:不眠症,神経症

詳細説明は

酸棗仁湯(さんそうにんとう)エキス細粒G「コタロー」
【酸棗仁湯(さんそうにんとう)とは?】(処方のご説明)酸棗仁湯(さんそうにんとう)という漢方処方は寝かせてしまういわゆる巷の「睡眠薬」とは全く違う。睡眠のリズムを整え、自然の睡眠を誘起させるように、起きているうちに水はけを良好にし、血行の悪

プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
スポンサーリンク
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説【プロたん漢方2】