赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

続命湯(ぞくめいとう)エキス細粒Gとしてリニューアル。

スポンサーリンク

続命湯(ぞくめいとう)エキス細粒Gとしてリニューアル。

薬剤師の遠藤です。
いつもメルマご購読を感謝いたします。

小太郎漢方から、ビッグニュース。
超高齢化社会となり「脳卒中後遺症」が何かと
話題に上る昨今。

汎用とも言われる続命湯(ぞくめいとう)エキス細粒Gが
堂々公開です。

続命湯の製剤は、もともと「エキス散」として小太郎漢方に
存在しておりましたが、これで正式に匙倶楽部シリーズの
戦列に加わったわけです。

本日は、この話題を中心に進めます。

【小太郎漢方、続命湯の製剤のここが変わった!】

●服用量、1日エキス量、適応症、添加物、製剤の包装量、
価格に至るまでほぼ全面変更です。

●剤形も「エキス散」→「エキス細粒」、さらに添加物においては
乳糖も他例と同様に廃止しております。

●従って、原典処方は同一であったとしても、製剤としては
「全く別物」として誕生したと私は考えています。

・剤形が散から細粒に変更
・1日エキス量が 1.40gから 3.36gに増量
・1回服用量が 2.0gから 1.4gに変更
・生薬使用量を大幅に増量
・適応症の変更

【そもそも・・続命湯 (ぞくめいとう)のルーツと特徴】

続命湯ルーツは漢方の古典(金匱要略)では半身不随、麻痺、失語、
はっきりしない、手足がひきつれる、寝返りもできないなど、
現代の脳卒中に関する病状そのものが記載されており、驚きです。

現代でいう脳卒中の後遺症に良い、つまり漢方の飲むリハビリ薬とも
言われています。

※当店のケースでは、退院直後には半身不随などの筋力の低下、
しびれや言葉のもつれ、尿モレなどに補陽還五湯 (ほようかんごとう)
などで対応し、その後、落ち着いてから続命湯 (ぞくめいとう)に
移行する症例が多いと思います。

最近の脳卒中の傾向として、脳出血より脳梗塞の方が多くなっています。
脳梗塞で血流が悪くなったタイプには続命湯が適しております。

※次のようなケースにも用いられています。

●卒中発作後に身体が思い通りにならないため、
うつ症状(高齢者による遷延性のうつ)を起こしやすい方。

●糖尿病でヘモグロビンA1cの高い方。

●咳や喘息のある方。(処方の中に麻杏甘石湯が含まれている)

【続命湯 (ぞくめいとう)の構成生薬】

●当帰、川弓、桂皮の3つが主薬で、脳や手足をはじめ全身の血液循環の改善、
しびれやマヒ感、言葉のもつれを除く作用があります。

●麻黄と石膏の組み合わせによる利水作用で、
浮腫を去り主薬の血液循環の改善を助けます。

●人参、甘草、生姜の3つは補気薬で、消化吸収力をよくして、
全身の運動能力を高め、杏仁の止咳去痰で、
言葉のもつれの改善に協力する作用が加わっています。

●血液循環の改善、利水消腫、補気、止咳去痰などにより、
手足のしびれや言葉のもつれを改善します。

 

【続命湯の関連記事】(類方鑑別など)

【重要!】ぜひご覧ください。

●脳卒中後遺症の漢方にもいろいろある。

脳卒中後遺症の漢方にもいろいろある。
「脳卒中」にはいくつかの種類がありますが、大きくは脳の血管がつまる脳梗塞(のうこうそく)と、脳の血管が破れて出血する脳出血やくも膜下出血に分けられます。

 

【続命湯(ぞくめいとう)エキス細粒Gの効能・効果】

体力中等度以上のものの次の諸症:
しびれ、筋力低下、高血圧に伴う症状(めまい、耳鳴り、肩こり、
頭痛、頭重、頭部圧迫感)、気管支炎、気管支ぜんそく、神経痛、
関節のはれや痛み、頭痛、むくみ

【続命湯(ぞくめいとう)エキス細粒G「コタロー」の価格】

●続命湯エキス細粒G「コタロー」90包(30日分)

分包品:1.4g×90包(30日分)税抜9,000円+消費税
税込9,720円

●続命湯エキス細粒G「コタロー」500gボトル(119日分)

ボトル品:500gボトル (バラ)(119日分)税抜32,000円+消費税
税込34,560円

【製剤の詳細説明と価格の確認】

PCパソコンカート

続命湯、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
続命湯

SPスマホカート(スマートフォンからご覧下さい。)

カート・トップ、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
カート・トップページのことなら激安プロたん漢方2、プロドラッグ、薬剤師プロたんにおまかせ下さい。

 

【薬剤師後記】

小太郎漢方には従来から続命湯エキス散が存在しましたが、
正直申してあまり人気は無かったかと振り返ります。

今回の続命湯エキス細粒G「コタロー」への思い切った移行は
よろしかったのではないかと喜んでおります。
製剤の内容も充実し、非常に濃くなったと言えましょう。

これで、風痺(ふうひ)・湿痺(しっぴ)・寒痺(かんぴ)など
痺証対応としての患者様の選択肢も増えたわけです。

●補陽還五湯 (ほようかんごとう)
●疎経活血湯 (そけいかっけつとう)
●独活寄生丸 (どっかつきせいがん)
●続命湯(ぞくめいとう)

(次号へ続く)

プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説