赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

清心蓮子飲(せいしんれんしいん)解説

スポンサーリンク

清心蓮子飲(せいしんれんしいん)解説

今週は処方解説から入ります。

【清心蓮子飲(せいしんれんしいん)の定着】

本日の処方解説は、清心蓮子飲(せいしんれんしいん)。

神経系(特に自律神経失調)、泌尿器系、と両面に効く漢方。
とても便利な処方です。

当店では、神経性の排尿障害、ご婦人の頻尿、又はその逆の尿閉。
男性の夜間尿、EDによく用いられます。

製剤は清心蓮子飲(せいしんれんしいん)エキス細粒G「コタロー」

発売以来、2年目に入り、お客様もその効き目を実際に体感され
大変評判のよろしい漢方処方です。

概して速く効くのも特徴的です。
現在では当店においても多くの方がご利用になられている処方の一つです。

もうすでに、当店の漢方相談外来の定番品になったと申しても、
過言ではないでしょう。

 

 

スポンサーリンク

【清心蓮子飲(せいしんれんしいん)とは?】

◎胃腸が弱い方のストレスなどによる膀胱炎様症状に、お勧めする漢方処方です。

◎主に精神的な疲労によって生じる尿のトラブルによく使用される処方。

処方名には、心(シン)の熱を 清(サ)ますという意味が込められています。

漢方でいう「心」は、ストレスや精神の働きと密接であり、
イライラすると勝胱炎様の排尿障害を起こしやすい方に適証です。

◎つまり細かい事が気になって頻繁にトイレに行く方、周囲にいらっしゃいませんか?

◎今、トイレに行ったばかりなのに・・でも残尿感が気になる方などに
よく用いられます。

●当店ではこのような症状の場合、よく腎臓仙(じんぞうせん)を推奨しますが、
さらに心身的影響が強い場合には、当処方「清心蓮子飲」の併用で、
ほぼ問題が解決しています。

【清心蓮子飲(せいしんれんしいん)の使用目標】

◎清心蓮子飲は、四君子湯をもとにして組み立てられた方剤であり、
平素より胃腸が弱く、地黄剤を用いると、
食欲がなくなったり、下痢傾向になるなど、
胃腸にさわる場合に用いるとよいとされます。

◎神経質の傾向があり、とりこし苦労が多い方によく使われる。
ストレスや緊張によって生じる排尿のトラブル
(頻繁に尿意を催す、尿が出しぶる、排尿痛がある、
排尿時に力がなく残尿感がある、疲れると尿が混濁するなど)が使用目標になります。

◎米のとぎ汁のような帯下(こしけ)、
糖尿病で油のような尿が出る場合、血尿がある場合にも応用されます。

◎さらに男性の遺精、性的神経衰弱(ED)、
自律神経失調症などにも用いられることもあります。

近年の男性相談客様に非常に多く、ひえ体質、水毒傾向の方に奏功します。

【清心蓮子飲 処方構成】9味

清心蓮子飲は、気虚(元気がない、機能低下など)・陰虚(体に潤いがない)
に伴う虚熱(イライラ、煩躁など)の状態に使われる処方です。

処方構成は以下の内容で構成されています。

■清熱薬(熱を冷ます)
■滋陰薬(体を潤す)
■利水薬(水をさばく)
■補気健脾薬(気を補い、胃腸を整える)

蓮肉・・・清心益腎作用。
麦門冬・・滋陰作用。
黄ごん・・上焦の熱を冷まします。
地骨皮・・虚熱を冷まします。
茯苓、車前子・・利水作用により尿の病変を改善する。
人参、黄耆、甘草・・気虚による倦怠感や機能低下の症状を改善します。
蓮肉、茯苓・・安神作用があるので神経性の尿のトラプルを改善します。

【清心蓮子飲(せいしんれんしいん)エキス細粒G「コタロー」の価格】

■清心蓮子飲(せいしんれんしいん)エキス細粒G「コタロー」 90包(30日)

税込 11,880円

■清心蓮子飲エキス細粒G「コタロー」 500g徳用ボトル(計量サジ付き)

税込 36,000円

PCカート【パソコン】

SPカート【スマホ】

■清心蓮子飲 処方説明サイトはこちら

清心蓮子飲(せいしんれんしいん)は、ストレスや緊張によって生じる排尿のトラブルに有効。
清心蓮子飲は、四君子湯をもとにして組み立てられた方剤であり、平素より胃腸が弱く、地黄剤を用いると、食欲がなくなったり、下痢傾向になるなど、胃腸にさわる場合に用いるとよいとされます。

■排尿困難、尿閉など病院治療後の漢方療法についてはこちら

排尿困難、尿閉など病院治療後の漢方療法について
従って勤務時にはさまざまな症例に遭遇していますが、意外と多く、私の記憶に残っているのが「尿閉(にょうへい)」という怖い症状です。男女共通の疾病ですが、男性の方が圧倒的に多いと思いました。そして前立腺肥大症から起因する症例が大半を占めました。
プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
スポンサーリンク
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説【プロたん漢方2】