赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

腎臓仙と還精(かんせい)

スポンサーリンク

腎臓仙と還精(かんせい)

pro3

【現在、実店舗、ネットと腎臓仙と還精(かんせい)が日々売れています】 ●三和生薬の腎臓仙と還精(かんせい)との併用療法をされるお客様が 非常に増えて参りました。

●解毒が思うようになされない疲労困憊の方。
●病院の検査指標であるクレアチニンや尿素窒素等、気になる方。
●更年期から長期にわたり、ホルモン分泌やバランスを崩されている方。
●糖尿体質、泌尿器トラブル、むくみ、膀胱炎、など繰り返されている方。

以下、特集記事をぜひお読みください。

■腎臓仙(じんぞうせん)を値下げしています。今がチャンスです。

【会員様 特割】腎臓仙(じんぞうせん)の会員様特割!
平素は三和生薬の腎臓仙(じんぞうせん)をお求め頂き、有難うございます。腎臓仙のルーツを辿ると、江戸時代にまで端を発するようです。和の漢方というか、「日本人の体質を考慮した和漢療法」とも言えましょう。茨城県は水戸市。水戸と言えばご老公(水戸黄門さま)が有名ですね。

■クレアチニンの数値が気になる方の漢方療法

クレアチニンの数値が気になる方の漢方療法
近年になり、腎臓病のご相談は急増しています。特に、一つの指標となるクレアチニンの値上昇についてのお話が多いですね。ただ、腎機能の検査についてはクレアチニンのみならず、尿素窒素BUN等、後述する他の検査項目も総合的に勘案し専門医が判定いたします。

■腎臓仙のよくあるご質問

腎臓仙のよくあるご質問【更新中】
「腎臓仙(じんぞうせん)」のご用命が多く、全国の皆様からご注文を頂いております。その内、半数以上がリピーターであり、長期飲まれているお客様がほとんどではないでしょうか。ケースによってはご夫婦で。又はご家族でも使用されている方もいらっしゃいます。

 

スポンサーリンク

●つい最近のこと。還精(かんせい)の特集記事を掲載しました。

※「還(かん)」とは?

「還元(かんげん)」の「還」。我々の私生活における人体に例えれば、
とりあえず「素(そ)の状態」に少しでも戻し「今の自身に向き合う」ことが重要です。

※「精(せい)」とは?

東洋医学の概念において、「精(せい)」は、まず両親より受け継いだ精を基礎
として生成された先天の精と、
飲食物から脾胃の運化によって得られた後天の精とがあります。
そして、それらは腎に貯蔵されます。

この事から、腎に蓄えられた精を「腎精」と呼びます。
人体は、この「腎精」によって成長・発育が促進されます。

さらに五臓六腑は腎精の供給を受けてはじめて機能するものと言われています。

●「還精(かんせい)」の主な薬理作用として、
人体本来が有するホルモン分泌を盛んにしてくれます。

●腎虚を改善し、腎臓病に奏功し、ホルモン分泌を促すことにより
糖尿病にも効果的です。

●冷え体質の方にも推奨でき、中高年の虚弱者のように疲れやすい方の
痺証(ひしょう)に用いると良いと言われています。

痺証とは、冷えや湿気が体内に入ることで腰や手足などの運動器に起こる
痛み・しびれをさします。

詳細は以下、特集記事をお読みください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

■還精(かんせい)についての一考察

還精(かんせい)についての一考察
疲労倦怠感が著しく腰冷,腰痛があり,四肢は冷えやすいが時にほてることもあり,口渇があり,排尿回数多く,尿量減少して残尿感ある場合と,逆に尿量が増大する場合がある,特に夜間多尿のものに用いる:糖尿病,腎臓病,老人性腰痛,坐骨神経痛,高血圧症,湿疹,産後脚気

■【一元錠剤漢方】還精(八味丸変方)(かんせい)激安特価

【一元錠剤漢方】還精(かんせい:八味丸変方)腎臓の漢方のご紹介【第2類医薬品】
疲労倦怠感が著しく腰冷、腰痛があり、四肢は冷え易いが時にほてることもあり、口渇があり、排尿回数が多く、尿量減少して残尿感がある場合と、逆に尿量が増大する場合がある、特に夜間多尿のものに用いる。糖尿病、腎臓病、老人性腰痛、坐骨神経痛、高血圧症、湿疹、産後脚気

【薬剤師後記】

乾燥していますね。
ドライアイ、ドライマウス、ドライスキン・・・など、
乾燥性疾患でのご相談が多いと思います。

会員様からの、ご意見が届いております。

■大分県のK様からの貴重な情報。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)に含有される
麦門冬(ばくもんどう)に注目し、効果を期待して服用中」
とのことです。

特集記事
●竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)は体液を増やし気管支を潤して、
炎症を鎮め、風邪の後にいつまでも残るしつこい咳を鎮める漢方処方です。

竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)は体液を増やし気管支を潤して、炎症を鎮め、風邪の後にいつまでも残るしつこい咳を鎮める漢方処方です。
竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)について・・。著名な処方のわりには、取り扱いメーカーが稀少であり、現在当店では小太郎漢方の竹葉石膏湯エキス細粒Gをよく皆様にご紹介をしております。風邪の後に、いつまでも残るしつこい咳などに患者さんの証が適合すればお渡ししています。

■群馬県のA様からの貴重な情報
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「乾燥時期になり、お客様の接客時に空咳(からせき)で困っていました。
参蘇飲(じんそいん)と銀翹解毒散(ぎんぎょうげどくさん)との併用療法で
早めに症状が緩解しました。」
とのことです。

特集記事
●胃腸の弱い人のかぜ漢方、参蘇飲(じんそいん)

胃腸の弱い人のかぜ漢方、参蘇飲(じんそいん)
胃腸の弱い人のかぜ漢方、参蘇飲(じんそいん)本日の表題は「風邪の季節でもないのに・・・」・・ということで、今はまさに花粉症の真っ最中。でも風引きさんは年中無休でいつでもいらっしゃいます。「かぜは万病の元」ですので、気をつけましょう。ところが

●銀翹解毒散(ぎんぎょうげどくさん)の世界

銀翹解毒散(ぎんぎょうげどくさん)エキス細粒・薬剤師解説
スイカズラ、金銀花(きんぎんか)、忍冬(にんどう)・・とは?スイカズラ(吸い葛、学名:Lonicera japonica)はスイカズラ科スイカズラ属の常緑つる性木本。 別名、ニンドウ(忍冬)。冬場を耐え忍ぶ事からこの名がつきました。つまり常

●金羚感冒錠(きんれいかんぼうじょう)は前の銀翹散(ぎんぎょうさん)
キス錠N「コタロー」と基本的には中味は同じ。

金羚感冒錠(きんれいかんぼうじょう)は前の銀翹散(ぎんぎょうさん)エキス錠N「コタロー」と基本的には中味は同じ。
お客様には大変ご不便をおかけしましたが、本年6月に小太郎漢方匙倶楽部(さじくらぶ)から、前の銀翹解毒丸(ぎんぎょうげどくがん)とほぼ同じ処方内容で発売されております。ただ、発売された時期が冬の感冒シーズンでは無かったため、本年は7月の湿邪の

●小太郎漢方 金羚感冒散(きんれいかんぼうさん)2.5g×90包を堂々掲載!
1日エキス量が多い。

小太郎漢方 金羚感冒散(きんれいかんぼうさん)2.5g×90包を堂々掲載!1日エキス量が多い。
「風邪は万病の元」と言われるように、決して軽んじることはできません。冬だけではなく、時節の変わり目や、夏風邪などオールシーズンを通じて利用できる漢方薬として、先にご紹介した小太郎漢方の「金羚感冒錠(きんれいかんぼうじょう)」に「エキス散」である「金羚感冒散(きんれいかんぼうさん)」が完成いたしました。
プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説