赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

不安神経症・不眠傾向・自律神経失調症の漢方

スポンサーリンク

shinkei

不安神経症・不眠傾向・自律神経失調症の漢方

昨夜のメルマで、ゾピクロン(商品名アモバン他)、エチゾラム(デパス他)が向精神薬に指定される内容を流しましたところ、会員様から多くの反響を寄せられました。不安神経症、更年期神経症の方々、私と同世代の高齢者の方々などから私宛にご意見が届きました。その内容は・・

●担当医師から薬剤を今後は変更する予定とか聞いている。
●全然そのような気配はなく、先日も病院でいつも通り頂いた。
●いきなりでは困る。全くの寝耳に水。安全な薬と思っていたのに。

という、ご年配者のご意見のメールを頂きました。

実は厚生労働省ではこの7~8月まで1ヶ月間、パブリックコメントを実施していました。
ご存じだったでしょうか?実は私も正確には把握していませんでした。
さすがに日々厚労省のホームページは閲覧しませんので。

翌月にあたる当月9月には改正政令および改正省令が2日前に交付。
そして、10月14日より、全国一斉に実施されます。

と、いうことで、この件に関しての記事はプロたんの本サイトに、記述しました。
詳細ご参考ください。

■デパス、アモバンが向精神薬指定になる日と、酸棗仁湯(さんそうにんとう)のご説明。

デパス、アモバンが向精神薬指定になる日と、酸棗仁湯(さんそうにんとう)のご説明。
ただ店主としては、失礼ながら「過度の期待」はしておりません。今まで何年間も抗不安薬や睡眠導入剤を服用されてきた方に、同じ土俵で漢方の穏やかな作用と比較すること自体が少々無理というものです。そうではなく、中長期的な計画で、健康管理に漢方を取り込み、少しでも減薬し、依存性から離れたいという方にはお薦めする漢方処方がいくつか...

私の拙い個人ブログでは・・私の30代の頃、病院の薬剤長していた時のエピソード。
■「デパス(エチゾラム)の向精神薬指定に関し、病院勤務時代の思い出 」
http://www.protan2.com/pblog/archives/708

 

 

スポンサーリンク

【不安神経症・不眠傾向・自律神経失調症の漢方、推奨3処方】

それでは、今日の漢方処方のご紹介

■帰脾湯(きひとう)
胃腸機能が低下した状態、だるい、不安感、不眠の症状を有する方への漢方。
(証)心脾両虚

帰脾湯(きひとう)エキス細粒G「コタロー」
帰脾湯(きひとう)は、胃腸機能が低下した状態、だるい、不安感、不眠の症状を有する方への漢方。【はじめに】本日は、アクセスを感謝いたします。「慢性疲労症候群」が増加中の現代。なんとなく、あなたも疲れていませんか?全然、元気!の方はどうぞこの記

■温胆湯(うんたんとう)
胃腸が虚弱なものの次の諸症:神経症、不眠症
(証)清熱化痰

温胆湯(うんたんとう)エキス細粒G「コタロー」
温胆湯(うんたんとう)はよく引き合いのある漢方処方です。日ごろから胃腸の働きが弱い方は、胃や体の中に水分がたまりがちです。イライラやストレスで熱が発生すると、たまった水分が粘り気を帯びた液体(熱痰・ねったん)に変化すると言われています。不眠

■苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)
下から突き上げてくるような動悸を訴え、緊張で神経が高ぶる方に
(証)気上衝・心悸亢進

苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)エキス細粒G「コタロー」
「奔豚気病(ほんとんきびょう)」と漢方唐突ですが、かなりストレス溜まっていらっしゃいませんか?いや、少なからずもあるが、それほどでもない・・まあまあ・・・・というお客様は、どうぞスルーしてください。今日はそうではなく、かなり「ディープ」な状
プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
スポンサーリンク
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説【プロたん漢方2】