赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

処方解説 よく出る当帰飲子 (とうきいんし)

スポンサーリンク

tou680

処方解説 よく出る当帰飲子 (とうきいんし)

pro3

現在の東京は台風7号接近の関係で、ほぼ雨天です。
まさに高温多湿。明日も崩れるそうです。

明日15日から会社休み明けのところもあるようですが、
ほとんどの製薬メーカー及びメーカーセンターは16日まで
お盆休みが多く、申し訳ありません、もう1日お待ちください。

繰り返し、お話しいたしますが、17日~18日にかけて
当方から全国へ向けて発送いたします。

※ご注文順に発送いたしますので、早めにどうぞご予約下さい。

【当帰飲子 (とうきいんし)という漢方】

さて本日の漢方処方解説は「当帰飲子 (とうきいんし)」です。
皮膚の漢方として著名です。

もともとは冬の乾燥時期によくみられる乾燥性皮膚疾患に用いられて きました。

特に近年になり空調設備が完備され、乾燥し敏感となり、 時には赤く炎症をきたす肌の疾患にも用いられます。

従って、使用上、季節観念というものはほぼ無くなったと言っても 過言ではないでしょう。

昔は「あせも」の疾患が非常に多く、桃の葉なども多くでましたが、 最近はほとんど桃の葉のご注文は有りません。
時代の流れを感じます。

実際に当店では、当帰飲子はオールシーズン引き合いのある漢方と 位置付けております。

当帰飲子は、皮膚が乾燥してかゆみの強い皮膚病に用いる処方です。
皮膚がカサカサする。あるいは肥厚してカサブタができる。

そのカサブタもボロボロ落ちる。乾燥のため、亀裂が生じることもある。
よく高齢者に多い皮膚瘙痒症にも応用される。
(痒い、痒いを訴え、不眠傾向に陥る高齢者など)

【当帰飲子 (とうきいんし)がよく用いられる皮膚症状】

■皮膚の症状としては、カユミのほかに、次のような症状を伴います。

本年は初夏~夏にかけて、高温多湿の状況ですが、実際に体質的に それでも乾燥してしまう燥性体質の患者さんがいらっしゃいます。

① 皮脂や水分の分泌が悪くなって乾燥気味になり、カサカサしてくる。

② 丘疹があっても色に変化のない小丘疹で、先がとがらず扁平なものが多い。

③ 唇も乾燥しやすく、割れ、剥離、色のくすみが見られるようになる。

④ 皮膚の色が何となくくすんできて、汚い感じがする。

⑤ 白い粉を吹いた状態になってくる。

⑥ 寝床に入るとカユミやカサカサが強くなってくる。

⑦ 皮膚の状態は乾燥すると悪化し、潤ってくると改善に向かう。

■全身症状としては、血虚症状を呈する。(独特の燥性を有する)

※特に爪が割れるなど、顕著に起こります。
※紫雲膏(しうんこう)という漢方軟膏が当店では一番人気で、 炎症改善、組織修復効果を期待しますが、症状が顕著な場合には この当帰飲子を内服いたします。

①頭がふらつく、視力が衰え、目がかすむ。

②顔色が何となく悪く、血色のツヤがない、くすんだ感じを受ける③女性では生理が不順になる

④髪にツヤがなくなり、ツメがもろく、割れたり欠けたりしやすくなる。

【構成生薬】10味

●本方は血を増やしその働きを高め、血虚を改善する基本処方の四物湯が
中心となります。

●補血の何首烏(かしゅう)が加わり乾燥を潤します。

●皮膚の乾燥から生じた痒み(血虚生風ともいう)を止めてくれる 疾梨子(しつりし)・防風(ぼうふう)・荊芥(けいがい)。

●肺気を補って皮膚機能を高めてくれる黄耆(おうぎ)・甘草(かんぞう)つまり四物湯にかゆみ止めを加えたような処方構成となります。

【四物湯】【補血】
当帰(とうき)
芍薬(しゃくやく)
川弓(せんきゅう)
地黄(じおう)

※地黄とともに【補血滋潤】
何首烏(かしゅう)

【補気健脾】
黄耆(おうぎ)
甘草(かんぞう)

【去風止痒】
疾梨子(しつりし)
防風(ぼうふう)
荊芥(けいがい)

【類方鑑別】 皮膚疾患の根治は極めて難しく、長期的にも証の変化というものも 実際に存在いたします。 迷った時に以下、ご参考ください。

当帰飲子(とうきいんし)
炎症は少ないが、カサカサ乾燥して、カユミが強い。
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-30-124

三物黄今湯(さんもつおうごんとう)
手足がほてり、イライラしてカユミを訴えることが多い。
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-30-73

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
炎症や充血によるカユミ、ほてり(熱感)に用いる。
急性期のものが多く、長期服用には配慮する。
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-30-12

温清飲(うんせいいん)
アトピーでは繁用である。
肌の色ツヤが悪く、手足がほてる方の慢性炎症に。
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-30-7

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
慢性鼻炎や慢性的な扁桃腺炎にも用いられる。
温清飲(黄連解毒湯合四物湯)が含まれているため、
慢性の炎症(ほてり、カユミ)や皮膚の栄養状態が悪いものに。
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-30-45

消風散(しょうふうさん)
痒みが酷くて不眠傾向などの時にも。
分泌物が多くベタベタしたり、熱をもって赤くなったり、
全身に広がり、カユミが強いものに。
https://www.pro-drug.com/cart/goodslist.cgi?in_kate=200-30-87

【当帰飲子 (とうきいんし)の取り扱い製剤】

kota500

 

当帰飲子エキス細粒G「コタロー」90包
税込9,720 円

PC(パソコン)

pccart

SP(スマホ)
spcart

※ご自身の症状に心当たりのあるお客様、ぜひ一度お試しください。
※なお、体質改善の場合、個々の症例により差はありますが、概ね3か月は お続けになられてください。

※当帰飲子につきましては、他社のメーカー品も取り扱っていますが、 特に小太郎のエキス細粒Gは、品質良く、お客様方からも喜ばれています。

プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説