赤まむし純粋粉末(純肝入り)が実店舗でも大人気です。特販中!

三物黄今湯 (さんもつおうごんとう)の処方解説

スポンサーリンク

680bg

三物黄今湯 (さんもつおうごんとう)の処方解説

薬剤師の遠藤です。
いつもメルマ、ご購読有難うございます。

そろそろ梅雨明けの声もちらほらと、
聞こえそうな猛暑続きの関東地区。

三物黄今湯 (さんもつおうごんとう)は、

手足がほてり、肌が乾き、イライラやカユミを訴える人・・・・の漢方と
申しますと、夏の乾燥肌の特効漢方のように聞こえますが、
そうでもありません。

まさにオールシーズン、主に女性の漢方と言えるでしょう。

【三物黄今湯 (さんもつおうごんとう)とは?】

●このタイプの方は、手掌や足の裏がほてって気持ちが悪い(四肢煩熱)と 訴える事が多く、そのほてりが、皮膚のカユミや子宮周辺の炎症として 現われ、時には上半身を侵し、いやな熱感をもたらし、 精神状態にも影響するというものです。

この疾病は、女性の血の道症からの影響も多分にあり、 とにかく症状が複雑であり、婦人科のホルモン補充療法ではなく、 かと言って、皮膚科でもない。

結局、病院や診療所をはしごされて、最終的に精神・神経科を 紹介された・・・という患者さんが当店へ辿り着きます。

その時には、かなり病状が悪化していることがあります。

●陰部に慢性的な痒みを感じる40代後半~50過ぎの女性。
病院検査では特に病理としての異常はなく、原因不明。 凄く憂鬱。イライラがつのり・・。

なかなか人にも言えず、悶々としていたところ、当店のネットサイトを 偶然ご覧になられ、近県から駆け付ける主婦の方、電話でいろいろ 聞いて、漢方をお送りしているOLの方など、様々です。

●三物黄今湯は、元来は産褥(さんじょく)等で煩熱するものに対する処方 で、証は陰虚火旺、血熱に用いる処方です。

【陰虚火旺(陰虚内熱)とは?】

●からだの潤い物質(陰液)が減少し、体内の熱(エネルギー)が亢進した状態のことを
さします。
このため、口渇や手足のほてりを伴う皮膚疾患(皮膚の紅潮や掻痒感が強い)をはじめ、
更年期障害や自律神経失調症、不眠症といった神経系疾患にも適応です。

【血熱とは?】

●血に熱邪が侵入するために現れる病態。

●熱感、出血あるいは発疹を訴え、産後も生理中に起きることも多いですね。
女性の生理では、その周期が早まるのが特徴です。

【三物黄今湯 (さんもつおうごんとう)の漢方製剤の導入】

●近年になり、小太郎漢方匙クラブから、当処方が発売されました。
一番喜んだのは、当店のご婦人病相談を担当している者であったかも知れません。
陰虚内熱、血熱などから由来する患者さんの「かゆみ・ほてり」等の ご相談多く、苦慮しておりました。

●もともとご婦人の産褥熱に用いてきましたが、 現在ではトリコモナス膣炎や白鮮症などのカユミに用いることもあります。

ぜひ、皆さまも当処方はご記憶されると良いと思います。
万が一、そのような症状ある時に、心あたりありましたらぜひお試しください。

●当処方、三物黄今湯 (さんもつおうごんとう)は効き目がシャープで 非常に早く効いて参ります。気になる痒みなどにも大変効果的と思います。

【処方構成】3味 極めてシンプル。

ジオウ・・・・滋潤の働きによってからだの不足した血液・水分を補う(血熱をさます)。

オウゴン・・・優れた清熱作用をもち、滋陰作用のあるジオウと配合する事で、
血熱をさます働きが強化される。

クジン・・・・清熱燥湿の作用をもち、オウゴン・ジオウの働きを補佐する。

※ジオウの滋陰作用がオウゴン・クジンの燥性を抑える。
※苦味のクジンと滋潤性のあるジオウは胃にもたれることがあるので、 胃腸虚弱者の長期使用には注意してください。まずは1か月投薬で様子をみます。

当店に限り、 慢性疾患の場合には、まずは1か月服用後、7日間休薬措置を入れて、 様子を見ながら、さらに1か月と投薬いたします。詳細は薬剤師までご連絡ください。

電話 漢方薬のプロたん 0428-25-8682

 

三物黄今湯 (さんもつおうごんとう)エキス細粒G「コタロー」

90包  税込 10,260円

500g徳用ボトル 税込 18,900円

価格の確認はこちら

三物黄ごん湯、【プロたん漢方2】ショッピングカートPC・スマホ版
小太郎漢方 三物黄ごん湯(さんもつおうごんとう)エキス細粒Gのことならプロたん漢方2。
プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたんSPメール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
スポンサーリンク
プロたん漢方メルマ2・抜粋・薬剤師解説【プロたん漢方2】