半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)の怪?

メーカー、三和生薬さんについての近況など。

 

メーカー、三和生薬さんについて(プロたん私見)

サンワ生薬という漢方メーカーはかなりの老舗で、当店開設以来からの古いお付き合いでございます。
とても地味なメーカーさんですが、私的に言えばとても小生の好みに入る会社とも言えます。

決して派手な宣伝をしませんが、まず筆頭に上がるのが「加工ブシ末入り」の製剤。実は医療用でもかなりのシェアを持っており、大学病院の東洋医学外来等で、漢方を志すドクターらから支持を受けているメーカーさんでもあります。

実際に私が病院勤務時代から、「サンワの加工附子末」は周知しておりました。
この「加工附子末」の含有製剤を一般用としてシリーズ化したのが「サンワロン」シリーズで、しっかりと一般処方群らと区分しております。

当ページでは、これらを区別しないで、50音順に原典処方名として連携してご案内しし、さらに「サンワロン」シリーズとしては別途ページにおいても再度ご紹介する形をとりました。
その方がご訪問のお客様にとりましても理解が早いかと思います。

製剤全般に言えることは、ほとんどが「プロ仕立て」。つまり一般販売品ではあるが、ほとんどの使用目的としては薬剤師らのいる調剤室へ「直行」するアイテムばかりかと私は思っています。
当然、包装には「お金をかけず」、「中身にこだわる」製品が大きなシリーズとして存在します。

エキス錠剤タイプの製造中止(一部を除き、全アイテム)。今後はエキス細粒が中心

 

アイテム数はかなり多く、錠剤と細粒・顆粒(アルミ分包)とほぼ平行してのアイテム構成で仕上がっております。近年になり、エキス錠剤シリーズの製造を中止しました。人気あるアイテムでしたが、とても残念です。錠剤の製造に関わる設備投資の見直し、経費などによるものと、当方では勝手に想像しているわけで、末端のお店としては「生き残った10処方の錠剤」を大切に販売していくしかありません。

くどいようですが、前述した「サンワロン・シリーズ」はまさに宇都宮「三和製品」の「看板的」存在であり、商品への思いいれと開発への情熱が伝わってくるような「こだわり」を持った存在でです。

特に当店ではサンワロンM「麻黄附子細辛湯 由来」(まおうぶしさいしんとう)、ロクジョン「鹿茸大補湯 由来」(ろくじょうたいほとう)などは小生の愛用品としてだけではなく、ここへきてさらなるお客様からの支持を得ている模様です。

どうぞ、三和製品につきましては、ゆっくりとご覧頂いて、ご検討くださいますようお願い申し上げます。

2010年4月21日作成

2016年3月29日加筆
三和生薬の漢方薬・プロたん実店舗 取り扱い価格表

プロフィール
この記事を書いた人
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする


腎臓病でお悩みではありませんか?
泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤 慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。 効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。 特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。
三和の漢方薬
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
三和生薬の漢方薬 薬剤師解説・電話通販 0428-25-8682