当店のウチダの霊芝・霊芝エキス販売の歩み

ウチダの霊芝・霊芝エキスの薬剤師解説【プロたん漢方2】

スポンサーリンク

【霊芝とは?】

霊芝は一般的にマンネンタケ科の万年茸(マンネンタケ)を指し、他に門出茸、仙草、吉祥茸、霊芝草、赤芝などの呼称で呼ばれています。
古名には、三秀、芝があります。
色の異なる紫芝、黒芝、青芝、白芝、黄芝もあるが、紫芝は近縁種のGanoderma japonicum (Fr.) Lloyd とされ、他の4色は2種のいずれかに属することが多い。
成長し乾燥させたものを霊芝として用いるが、子実体は木質で直接の食用には適さず、適当な大きさに切り、熱水で煎じて抽出液を服用する他、薬用酒とすることもあります。

霊芝(れいし)とは?
霊芝は一般的にマンネンタケ科の万年茸(マンネンタケ)を指し、他に門出茸、仙草、吉祥茸、霊芝草、赤芝などの呼称で呼ばれている。 古名には、三秀、芝がある。 色の異なる紫芝、黒芝、青芝、白芝、黄芝もあるが、紫芝は近縁種のGanoder...
スポンサーリンク

新着情報


2018年10月26日
NEW! 生薬業界最大手、ウチダ和漢薬。霊芝製品は最短ルートで弊社へ入荷。

2018年10月26日
NEW! ウチダの霊芝(れいし)・霊芝エキスの専門サイト 弊社28周年記念を迎え、特別セールを開催中!

2018年10月26日
NEW! 当店のウチダの霊芝・霊芝エキス販売の歩み

2018年10月26日
NEW! 霊芝の近年における研究報告【資料】

2018年10月26日
NEW! ウチダ和漢薬の霊芝素材の品質について

2018年10月26日
NEW! BRM療法について【資料】

2018年10月26日
NEW! ウチダの霊芝エキス粒状300粒に添付されていた「携帯ケース」が廃止となり、同時に商品の容量は320粒へ増量となります。

2018年10月26日
NEW! 霊芝(れいし)とは?

2018年10月26日
NEW! 霊芝(れいし)研究により、抗インフルエンザ薬のリード化合物を発見

2018年10月26日
NEW! 霊芝の栽培について

2018年10月26日
NEW! 書籍 「新装版 霊芝」 (編集:近畿大学薬学部久保道徳研究室)について

2018年10月26日
NEW! 霊芝は大手メーカーによる栽培品の方が、品質が安定かつ安心である

2018年10月26日
NEW! 当店の霊芝製品のご相談は薬剤師、登録販売者が直接対応します。

2018年10月26日
NEW! 霊芝に関する書籍について【資料】

 

【霊芝の品質について】

霊芝は大手メーカーによる栽培品の方が、品質が安定かつ安心ですね。

これは霊芝に限ってのことではなく私の拙い体験から、キノコ類全般に言えることでしょう。過去、キノコ採取に夢中になり野山を散策するのが一つの趣味であった。薬草の中でも特にキノコの分野は未だに謎が多く、薬剤師としての好奇心もある。しかし、これが実に危険極まりない行動であったと後年反省している。それだけキノコの世界は「未知との遭遇」に近い。

 

いろいろと体験し、キノコの自らの山採りや、路地モノや地どり品(野生品)にも実際に良い物もあるが、
天然物にはいわゆる「毒メイク」と呼ばれる怖いキノコ(美しいものほど要注意!!)や「もどき:擬」も存在する。従って、キノコ類は大手メーカーによる栽培品(外からの侵入を遮断したハウス栽培)が品質がより安定し、安心であることは言うまでもありません。

 

【霊芝の栽培について】

一般的に良質な霊芝と言えば、赤霊芝 (マンネンタケ) をいい、なんと2000年以上の歴史を有する高額なキノコです。サルノコシカケ科である霊芝は、中国で古くから「不老長寿の仙草」として珍重されてきた植物生薬で、
霊芝には、紫芝、赤芝、青芝、黄芝、白芝、黒芝の六種類があるが、一般に使われているのは、主に紫芝と赤芝の二種類です。

 

霊芝は梅や椎などの広葉樹の古木の根元に自生するキノコで、中国の吉林省や河北省、山西省などの各地域に分布し、日本にも自生しています。さらに希少価値的な面を含めて、中国や日本国においては古代から皇帝への献上品として君臨してきた経緯もあります。

 

そこで、野生の霊芝の入手であるが、実は野生の霊芝は環境や生育条件が個々に違うため、品質が平均化しない。
従って、一定の量を収穫し商品化するのには不向きと言わざるを得ません。このため、人為的な栽培方法が古くから行われているのです。

 

霊芝の栽培について
霊芝の栽培 一般的に良質な霊芝と言えば、赤霊芝 (マンネンタケ) をいい、なんと2000年以上の歴史を有する高額なキノコである。 サルノコシカケ科である霊芝は、中国で古くから「不老長寿の仙草」として珍重されてきた植物生薬で、 霊芝...

 

【ウチダの霊芝の評価が高い】

国内有数の生薬メーカーの筆頭と言えば、「株式会社ウチダ和漢薬」が挙げられます。特に新潟の上越市内にある工場では多くの生薬の生産、全国の契約事業者(農家)などから集約された薬草などの加工などを専業とし、一般用医薬品(漢方薬)を始め、医療用に至るまで幅広く製造をしているメーカーです。

 

霊芝については主に国内産とし、「霊芝の栽培について」の項で述べた一級品の素材を自社の「健康食品」に用いております。

ウチダ和漢薬の霊芝素材の品質について
国内有数の生薬メーカーの筆頭と言えば、「株式会社ウチダ和漢薬」が挙げられる。 特に新潟の上越市内にある工場では多くの生薬の生産、全国の契約事業者(農家)などから集約された薬草などの加工などを専業とし、一般用医薬品(漢方薬)を始...

 

 

【霊芝製品は最短ルートで弊社へ入荷と賞味期限の話】

素材の霊芝(れいし)は純国産製の高級霊芝。ウチダ和漢薬・新潟工場でよく吟味選別し、一定の行程を経て「ウチダの霊芝、霊芝エキス粒状及び顆粒」は完成されます。弊社の全国発送へのポリシーとして、以下のことに重点を置いております。

製品は、毎日のようにウチダ和漢薬工場に隣接する物流管理センター から弊社プロドラッグが運営する店舗「薬のプロたん」へ直送される物流システムを採用しています。霊芝製品をお待ちになられているユーザー様へ、スピーディーにかつ「賞味期限最長」の商品を安定供給できるよう心がけております。

このため、中間媒体のカット、労費の軽減と、不良在庫(ロス)の撤廃により、少しでも廉価にて顧客様に満足頂けるよう努力を続けて参りました。

 

 

【霊芝に関する研究】【資料】

霊芝には、これまでに100種類以上のトリテルペノイド類が見出されていますが、未だ検討されていない霊芝トリテルペノイド類の調査やその構造修飾を行うことにより、より安全で効果的なトリテルペノイド類の探索も期待されています。

霊芝の近年における研究報告【資料】
霊芝の近年における研究報告【資料】 【霊芝の薬理活性成分】 霊芝には薬理活性成分が豊富に含まれております。 主な薬理活性成分であるラノスタン型トリテルペノイド類には、抗がん活性、免疫調節活性、降圧活性、前立腺肥大改善活性、抗糖...

医療用製剤の中においてもキノコ由来の製剤が存在しています。しかしながら、保険適応の範囲が狭く、使用条件(化学療法剤との併用)も限局されているため多くは使用されていないというのが現状。私が病院勤務時代に、直接係わったBRM療法に用いる製剤を以下、参考資料として掲載してみました。

 

BRM療法について【資料】
【BRM療法について】【資料】 医療用製剤の中においてもキノコ由来の製剤が存在している。 しかしながら、保険適応の範囲が狭く、使用条件(化学療法剤との併用)も限局されているため多くは使用されていない。 私が病院勤務時代に、直接係わ...
霊芝(れいし)研究により、抗インフルエンザ薬のリード化合物を発見
古くから伝承される天然資源の霊芝(れいし)。 この数々の薬効が伝承されているマンネンタケ科の霊芝から抗インフルエンザ薬のリード化合物が発見された。 今回のニュースによると、九大大学院農学研究院と近大産業理工学部の研究成果によるもので...

【霊芝に関する文献】近畿大学薬学部久保道徳先生の研究室

現在、本書(株)メディウェイ研究所(発行元)は絶版書籍となり、市場には皆無と思いました。私も、その後30年間に何度か移転しておりますので、本書は紛失してしまいました。

過日、友人がたまたま本書を有しているのを知り、お借りして、今一度当時を振り返り読み直した次第です。
私が「霊芝」の詳細を知るきっかけになった記念すべき書籍です。再度感動したことは言うまでもありません。
いずれ、当書籍は先の友人に返却予定ですので、自身の備忘録としてここに掲載させて頂きました。

霊芝に関する書籍について【資料】
昭和59年(1984年)と言えば今から31年前でしょうか。 この年は忘れもしないロスアンゼルス・オリンピックの開催された年です。 7月に母が大病を背負い、病院に入院をしておりました。 私もまだ若く病院薬剤師として修行中...

不老長寿の霊薬として珍重されてきた霊芝。その歴史的記述、植物学上の解説、人工栽培法などなどを科学的研究によって明らかにする。霊芝の効用を医学薬学の最先端の成果から解明した霊芝研究のロングセラー。 。。という本書のご紹介の通り、何度読み直しても私にとっては素晴らしい!としか言えない、
愛用の蔵書上位10傑に入る書籍と思います。

書籍 「新装版 霊芝」 (編集:近畿大学薬学部久保道徳研究室)について
不老長寿の霊薬として珍重されてきた霊芝。 その歴史的記述、植物学上の解説、人工栽培法などなどを科学的研究によって明らかにする。 霊芝の効用を医学・薬学の最先端の成果から解明した霊芝研究のロングセラー。 。。という本書のご紹介の通り、何度...

 

【当店のウチダの霊芝・霊芝エキス販売の歩みと、その取り組み】

 

当店のウチダの霊芝・霊芝エキス販売の歩み
■当店のウチダの霊芝・霊芝エキスの販売の歩み■ 1995年2月:店長の家族(母)の2度目の術後、健康維持のため、ウチダ和漢薬に初回発注する。 1996年4月:本格的に自店へ導入。既に採用している雲南貴精、雲南田七の人気には遠く及...

【会員様だけウチダの霊芝(れいし)・霊芝エキスを特別廉価にて販売】

歴史ある製品、ウチダ和漢薬製造の「霊芝刻みタイプ」そして、「霊芝エキス粒状(錠剤タイプ)」と「霊芝エキス顆粒(粉タイプ)」。今、なぜ「霊芝(れいし)」なのか?中国では上薬に位置づけられる「霊芝」ではありますが、日本では単なる健康食品。。。でも、プロたんでは、漢方食品とこれを敢えて申し上げております。

 

「霊芝(れいし)」を素材とした健康食品は、市場に数多くあれど、やはりなんと言っても国内有数の大手漢方メーカーであるウチダ和漢薬の「ウチダの霊芝エキス」でしょう。濃厚なエキスを含有し、品質素材、産地も国内産の一級品を使用しております。野や山で採取したものではなく、厳重管理されたハウス栽培品を素材としております。

 

ぜひ、皆様の健康にお役立て頂きたく、プロたんでは工場出荷の間もないホットな製品を全国津々浦々に至るまで発送させて頂きます。もちろん価格はプロたん価格とさせて頂きますので、セットご購入はもちろん特販!価格。
弊社28周年からいよいよ29周年記念を迎え、特別セールを開催中!さらなる廉価に挑戦しています。

一番とは申しませんが、かなりお安く入手できるのではないかと自負している次第です。
(プロたん店主敬白)

 

 

当店の霊芝製品のご相談は薬剤師、登録販売者が直接対応します。

日々、全国よりご注文をありがとうございます。
日々、全国発送を続けており、営業日の午後3時までのご注文で、翌営業日には発送できる体制づくりをしています。
また、当店が初めてのお客様で、日頃から体力が気になったり、加齢に伴う健康にご不安がある方、生活習慣を少しでも改善したい方々など、どうぞご遠慮なく、メールやお電話問合せなど、お待ちしております。霊芝製品は安心安全な健康食品ですが、お客様への対応として薬剤師又はベテランの登録販売者が直接担当いたします。

現在、他に服用されている「お薬」との「飲み合わせ」など、お気軽にお問合せください。専門的な見地から回答をさせて頂き、さらなる「安心・安全」を遵守して参りたいと存じます。

 

どうぞこの機会に、当コーナーお立ち寄りの節は、「ウチダの霊芝」又は「ウチダの霊芝エキス」を一番の激安、工場出荷直後一番の新しいホットな製品として御求めくださいませ。

(2018年10月拙稿 プロたん)

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
スポンサーリンク
ウチダの霊芝・霊芝エキスの薬剤師解説【プロたん漢方2】