玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。

過去のプロたんニュース・リリース

スポンサーリンク

過去のプロたんの新着情報を並べたものです。さらに過去を見るには下段のボタンをクリックしてください。

新たなる選択肢?!ウチダの雲南貴精(粉末状)300gバラ (特別バージョン)への人気
ウチダの 雲南片玉金(うんなんへんぎょくきん)の薬剤師解説。
千金内托散(せんきんないたくさん)への選択肢。迷った時に。。
四逆散(しぎゃくさん)と疎肝解鬱(そかんげうつ):プロたん特別出稿
柴胡疎肝湯 (さいこそかんとう)はストレスなどによる肝気鬱結(かんきうっけつ)に。
パニック障害と漢方(続編) ウチダ34番の人気は現在もなお静かに継続中。お得な2個セットも。
ウチダの80番 理気利心・りきりしんが非常に人気。梅核気・咽中炙臠・心腹脹満・気鬱。
婦人宝®(ふじんほう)は、生理不順・生理痛・冷え症・貧血などユーザー評が非常に良い液体漢方
風邪には、即効の柴葛解肌湯(さいかつげきとう)プロたん一押しの漢方処方。
「中寒」の方剤について、プロたん私見。当帰四逆加呉茱萸生姜湯。
11/1~11/30「会員W特割セール」11月30日まで開催中です!
プロたん全サイト 特集記事アクセスランキングBEST10  2018年度版(11月号)
玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。免疫力で外邪を防ぎ、しっかりと守る漢方。
ウチダの生薬製剤二号方(にごうほう)の用い方についてのご説明
三和生薬 腎臓仙(じんぞうせん)32包が常に驚異的なリピート率90%台を更新中。
紫根牡蛎湯(しこんぼれいとう)についての考察
最近、年齢を感じることはございませんか?新しいエクオール誕生!「ノムダス」
味麦地黄丸(みばくじおうがん)の錠剤タイプ。後発ながらも善戦。
味麦地黄丸(みばくじおうがん)は六味丸に、肺に潤いを与える麦門冬と咳を鎮める五味子を配合。
味麦地黄丸(みばくじおうがん)への選択肢。腎陰虚のファーストチョイス。
板藍根(ばんらんこん)の季節がやってきた!
三和生薬 腎臓仙32包 急須に入れてすぐ飲める日本の漢方。特価!
冷えと屁(おなら)との相関関係、漢方療法についての考察
九州方面への発送・配達について平常通り回復いたしました。(2018年10月15日)
黄連阿膠湯(おうれんあきょうとう)エキス細粒G 小太郎漢方匙倶楽部よりデビュー
ウチダの雲南田七。田七人参の最上品。原末100%。シンプルで地味に良い。
牛黄カプセル・牛龍黄など牛黄製剤は、開竅薬(かいきょうやく)として極めて優れモノ
蘇子降気湯(そしこうきとう)エキス錠N「コタロー」180錠の製造中止の件。
蘇子降気湯(そしこうきとう)への経験論と一考察。
ウチダの雲南貴精(うんなんきせい)コスパ最強の理由。お得感がハンパなし。
ウチダの霊芝(れいし)エキス・粒状と顆粒タイプを徹底レビュー。
WTTCという民間療法と中山恒明先生の話
初めてご来訪のお客様へのご案内
竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)は体液を増やし気管支を潤して、炎症を鎮め、風邪の後にいつまでも残るしつこい咳を鎮める漢方処方です。
アトラスミン葛根湯液30mL(小林)【第二類医薬品】満量処方。よく出ています。
九味檳榔湯(くみびんろうとう)は下肢の腫はれ・だるさ、過食していないのに太る(水太り)症状に推奨
参茸大補®丸錠「コタロー」(さんじょうたいほがんじょう)。気候の変わり目の疲労に。
あなたの検査数値?血液検査一覧表(最新版)
過活動膀胱(かかつどうぼうこう)と漢方
祝 ノーベル賞受賞 免疫チェックポイント阻害薬
茵ちん五苓散 (いんちんごれいさん)は季節の変わり目などの脾胃湿熱、肝胆湿熱に。
難治な、しびれ(麻痺)の漢方特集
オオクサ豊温は文字通り冷えてる体を温めてくれる製剤
ユンケルB12アクティブαは手足のしびれに効果をあらわすメコバラミン(活性型ビタミンB12)を配合。
ポカポカ(温)漢方の特集
よく苡仁(よくいにん)・よく苡仁湯について
2019年・かぜの漢方特集・小~中包装(保存版)
マグマオンセン別府(海地獄)30包 優雅な香りとマリンブルーの浴剤。本物志向。
サトウ駆風解毒湯エキストローチ18錠の人気が上々。完全固定。店主として複雑。。汗
金羚感冒錠(きんれいかんぼうじょう)小太郎漢方は、今時のカゼに!

続きを見る

プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする





スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたん漢方2・漢方総合公式サイト