●特価!!ウチダの桂枝茯苓丸・30丸×168包が丸剤の部、もっかトップ驀進中!

過去のプロたんニュース・リリース







人気の高級漢方食品
雲南貴精雲南田七田七末500g雲南片玉金ウチダの霊芝エキスウチダの霊芝・刻み

アンミオイル公式通販サイト

過去のプロたんの新着情報を並べたものです。さらに過去を見るには下段のボタンをクリックしてください。

季節の変わり目。アレルギーがつらい。植物性ラクトバチルス乳酸菌って何だ?酒粕由来の乳酸菌サプリ『アレルナイトプラス』。
先般7月8日付の松浦薬業様の全品目の出荷一時停止の通達から、7月18日付の一部出荷再開に変更されました。
五八霜(ごはっそう)のこぼれ話(お取り扱い中止・代替え品有り)
今、赤まむし純粋粉末(純肝入り)が大流行?あくまでもプロたん店舗レベルの話ですが・・・。汗
猫ちゃん(=^・ω・^=)大喜び!マタタビ末・唐(中国)500gお徳用【吉見製薬】(お取り扱い中止)
ウチダの原末 牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)20丸×252包(84日分)痛み・痺れ・頻尿に。
原末 八味地黄丸【第二類医薬品】500gが日々入荷中。(げんまつ・はちみじおうがん)
動悸についての考察と漢方療法
八味地黄丸(八味丸:はちみがん)総集編
ウチダのオリジナル「駆お血丸(くおけつがん)」という小粒丸剤のユーザー評。
荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)が人気の上位。「慢性鼻炎・鼻づまり・後鼻漏(こうびろう)」
【会員様 特割】腎臓仙(じんぞうせん)の会員様特割!
難治で不愉快な飛蚊症(ひぶんしょう)でお困りの方に。目の漢方。
味麦地黄丸(みばくじおうがん)は、季節の変わり目における年配者の頑固な「からぜき」や眼の乾燥感とか、乾燥肌から由来する皮膚搔痒症(かゆいかゆい)にも著効する。
味麦地黄丸(みばくじおうがん)は六味丸に、肺に潤いを与える麦門冬と咳を鎮める五味子を配合。
麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)エキス細粒G「コタロー」冷えとだるさを伴う、鼻、咽頭症状の水滞に。
荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)への選択肢(蓄膿症・慢性鼻炎・慢性扁桃炎・にきび )
風邪には、即効の柴葛解肌湯(さいかつげきとう)プロたん一押しの漢方処方。
還精(かんせい)についての一考察
そもそも一般論として三七人参のききめとは?
尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)と田七人参
貧血傾向で動悸、めまい、息切れを伴う方に連珠飲(れんじゅいん)が良い。
パニック障害と漢方薬(リニューアルver.2019年版)
定悸飲(ていきいん)。強度のストレス等による不安観念・動悸・パニック障害など
特報!『ウチダの雲南田七100g』通称:赤ラベル 最終特売
松浦薬業 参苓白朮散〔散剤〕の人気
ウチダ丸剤の一部が分包タイプとして発売中 人気あり
抑肝散と抑肝散加陳皮半夏
メニエル症候群と漢方療法
炙甘草湯は、体力をつけ、動悸や息切れをやわらげる漢方処方です。
不整脈と漢方療法
玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。免疫力で外邪を防ぎ、しっかりと守る漢方。
花粉症対策と漢方の特集記事(おいおい・・・花粉症は1年中あるよ!)
玉屏風散 (ぎょくへいふうさん)は虚弱体質、疲労倦怠感、すぐ風邪をひく方に。
金羚感冒錠(きんれいかんぼうじょう)小太郎漢方は、今時のカゼに!
サトウ駆風解毒湯エキストローチ18錠の人気が上々。完全固定。店主として複雑。。汗
洗肝明目湯 (せんかんめいもくとう)は、目の充血、目の痛み、目の乾燥に。当店では飛蚊症にも。
マグマオンセン別府(海地獄)30包 優雅な香りとマリンブルーの浴剤。本物志向。
特価!!ウチダの桂枝茯苓丸・30丸×168包が丸剤の部、もっかトップ驀進中!
ロクジョン・鹿茸大補湯【三和生薬の漢方薬】ろくじょうたいほとう 補血・健胃強壮・食慾増進・疲労回復・神経痛・関節炎・肩こり・冷症
六君子湯【三和生薬の漢方薬】りっくんしとう 胃炎,胃腸虚弱,胃下垂,消化不良,食欲不振,胃痛,嘔吐
生きたまま届き、腸内環境を整えるビフィズスR「大草」36g(1.2g×30包)の新規掲載
甘いものを控えたい方に、おいしく飲む桑の葉105g(3.5g×30本)【栄養機能食品(亜鉛)】
プロたん全サイト 大変動有り!特集記事アクセスランキングBEST10  2019年度版(7月号)
7月度「会員特割セール」のお知らせ!
石流茶(せきりゅうちゃ)は尿路結石や胆石が気になる方に、おすすめ!
三和 防風通聖散A 錠剤タイプが人気!
清暑益気湯(せいしょえっきとう)が売れてます。相変わらずの天候異変。
小太郎漢方の生脈散(しょうみゃくさん)エキス細粒G「コタロー」!この時期、滋養強壮として。
苓桂朮甘湯【三和生薬の漢方薬】りょうけいじゅつかんとう 立ちくらみ,めまい,頭痛,耳鳴り,動悸,息切れ,神経症,神経過敏

続きを見る