プロたん漢方2 公式通販サイトはこちら

プーアル茶の品質の良し悪しの鑑別?

プーアル茶の品質の良し悪しがわかりません。どこの産地で、どのお茶がおすすめなのか教えてください。(初心者)

良し悪しの鑑別ですか・・・特にプーアル茶については見極め習得は大変ご無礼な言い方で恐縮ですが・・何年もかかるでしょうね。極めてディープな世界でございます。一朝一夕にはいかないようです。

所詮、私も聞きかじり、飲みかじりのクチですので、たいした知識はありません。加えてケチですので、高い年代物にはとんとご縁がない・・。

 

結論を先に申し上げると、プーアルの本格的な鑑定は極めて難しいと言わざるを得ない。

そもそもプーアル茶は麹菌発酵によって生成されるポリフェーノル含有の健康茶であり、皇帝一族が暴飲暴食の食生活から健康を守るために、作らせた健康茶であるとも言われてます。

唐代にはすでに南詔の現プーアル市付近の山地で取れており、中国が雲南を領有した明代にプーアル茶として広く知られるようになった歴史ある中国茶です。その後、文化大革命によってその手間のかかる製造方法が大躍進政策にそぐわないと否定され、一時は中国本土での生産が断絶した時期がありました。

この時、多くのプーアル茶が香港、台湾に持ち出されており、現在も超高級品と呼ばれるプーアル茶の多くは台湾に存在しています。(しているはずです。。台湾って凄い。。)

ご存知のように、近年に至って生産が再開され、東南アジア、欧米、日本などにも輸出されるようになりました。

従って我々も身近で購入できるようになったわけです。最近ではプーアル茶の愛飲者が激増しており、特に韓国での消費量が増加し末端価格は上昇中です。

中国における現在の産地はお茶の名の通り、プーアル市に近い1,500 メートル以上の山間部、思茅(スーマオ)や最南部の西双版納(シーサンパンナ)で栽培されています。小生も何度か行っていますが、すごくのどかで良いところですよ。

プーアル茶の製法は、加熱によって酸化発酵を止めた緑茶を、経年により熟成させた「生茶」とコウジカビで発酵させる「熟茶」(つまり後発酵)とに大別されます。

生茶 」・・・リフレッシュしたいときにおすすめ!しかし、高価。・・小生のお小遣いではとても買えません。。(;゚Д゚)

熟茶 」・・・ダイエット効果が高い!と言われております。今、日本のプーアル茶はこれに該当します。

なお、「熟茶」は別名「黒茶」とも言われています。

現在、プーアル茶は日本では散茶(普通のお茶のようにバラバラの状態)やティーバックタイプで売られていますが、小生はティーバックタイプは便利な反面、紙への成分吸着のロスを考慮し、おすすめはしていません。

一時、プーアル茶のまがい品が出回りましした。。。。

本来は麹菌を植え付けて熟成させるのですが、他の菌を用いて急速に熟成させたものが多かったと思います。

小生も以前、現地で高額をはたき・・・早速飲みましたが、とても飲めたものではありません。カビ臭いのと妙な味がして、一口でやめました。緊圧ブロックタイプ。。年代モンの見極めが実に難しく・・・印刷、シミなど実に巧妙ですなぁ~。。

プロでも騙されることがあるらしく・・・どこまでが本物なのか・・わかりません。ま、いろいろありましたが、無難なところで・・・日本のメーカーが現地法人として製造しているプーアル茶。衛生的ですよ。なんたって。。
おすすめは散茶タイプです。

プーアル茶は製造の過程で麹菌に関わりますので、最終段階でどうしても熱処理をいたします。この件については賛否両論ありますが、個人的には熱処理は衛生面または疫学上の面でも当然の処置と思います。ただ、加熱処理が過度になると、熟成そのものに支障がでるというデメリットがあります。いろいろと各社製品を試した結果、製造中に強力な加熱処理をしている製品は逆に美味なのですが、減肥効果が薄く、結論としては軽く焙じている程度がよろしいでしょう。製品コストもそれほどかからないはずです。

 

プーアル茶の茶葉の色は暗褐色から黒色で明るい茶色の茶葉が少量混ざっていることもあります。お茶を入れたときの色は赤褐色から濃い栗色で、濁りの無い物が良い色とされます。お茶成分の一つ、カテキンには渋みがあります。

しかしプーアル茶のカテキンは重合カテキンから没食子酸へと変化し、渋みが減少したまろやかな味わいを実現させてくれます。口当たりは大変良く、優しい味わいです。こだわり派には後味(回甘)で優劣をつけることもプーアル茶の特徴とされます。本場中国では緊圧茶(円盤状やブロック状に押し固められた状態)として通常売られています。

味にこだわりを持たれる方は、入手されてもよいと思います。

ただし、プーアルナイフで固められた緊圧茶をほぐす作業が初めての方には面倒であり、特にびび・・・ビンテージ物になると数万円はざらとなりますので特に推奨はしていません。投資でご購入される方もいるでしょうね。でもオークションではもう無理です。売れませんよ。。以前と違います。。

以上まとめると、小生のおすすめは雲南大葉種(手摘み)かつ軽く焙じて殺菌処理済みの散茶タイプです。(なんだかんだ言っても、散茶の方が取り扱いやすいです。お安いですなぁ~余計に美味に感じます。)

 

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。


プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
漢方ブログ
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたんwiki-FAQ2