プロたん漢方2 公式通販サイトはこちら

獅子身中の虫(石)

どぉ~もです。。

獅子身中の虫(石)

初冬を向かえ、多摩川沿いの紅葉が見事だ。
夕もやを背景に青梅の街並みが美しい。

特に薄暮時の川べりと、くっくり遠くに浮かんだ街影とのコントラストが一興だ。

明日3日は祝日とのことで、久々に弥生と二人して外へ何か食べに行くか。。などと話していた時。
突然矢口くんが暗い顔をしてやってきた。

彼と一緒に今夜が当直で泊まりの輿石氏が腹痛で動けなくなっていると言う。

おやじ(私のこと?)には内緒で、ちょっと弥生さんを呼んできてくれないか。。とのことである。
沙織店長は知人の葬儀で外出中。

救急隊を呼ぶからと矢口くんが電話しようとしたら、当人が激怒して、早く弥生さんを呼んで来いと怒鳴られたそうである。
よんどころなく、矢口くんはここへ来たわけだが・・・例の「石」でしょう。。

5年ほど前、私が富山に出張時に輿石くんも同行したが、運転していてどうもおかしい。
いつも二人きりになると多弁の彼が顔を歪めて黙っている。

なんか、調子悪いのかと質問しても返事がない。途中のエリアに停車してはやたらトイレに行く。

結局、北陸道に入ったあたりから脂汗をかきだしたので、さすがに私が運転を交代し富山行きは中止して青梅にそのまま戻ったことがあった。
その足で知り合いの病院へ救急で運び込み、検査をしたら尿管結石。

気の毒な話だが、さすがの豪傑もやんちゃな石一つで参ったようだ。

ところが・・入院して間もなく病院のトイレで排石し、ケロッとしている本人。
その後の養生は酒を断ち、食事療法に専念する約束であったが・・当人曰く、社員間との付き合いもあり以前のパターンで今日に至った。。。と思う。

私も彼の再発が気になっていたので、病院へちゃんと定期検査に行っているか?と、先月注意したばかりであった。
私の経験論から「ぼちぼち寒くなる頃」が要注意である。医学的な説明はできないが、なぜか11月頃はそのようなトラブルが多いと記憶する。

心配している沙織店長からもそういえば、彼に人間ドックへの勧めが再三あったと思い出した。

『ええ、そのうち・・・・』というのが彼の定番回答の模様で。(困ったものです。。私にも大いに監督責任があります。反省 汗)

弥生もその件は知っていたので、すぐに皆して会社に向かった。

到着すると、執務室のソファに「く」の字になって横になり、メイ(猫)ちゃんを抱き、なぜか?一緒に携帯のワンセグを見ている。。痛ててて・・・と当人は口元を歪めて。

「おいおい、無理するなよ。以前の痛みと同じか?」と、聞くと。。
「多分・・・でも大丈夫っす。。汗」と言っているものの、すぐに弥生の診察が始まる。
「やっちゃん、救急車すぐ呼んで、すぐ!」と弥生。
・・・・というわけで、地元の病院へ救急搬送し、自宅にいる奥方にも私から連絡をとった。

救急車には弥生が同行し、私と矢口くんは留守番。。。ピーポ、ピーポと消え去る音がなんとも言えんな。汗

しばらくすると、病院に行った弥生から連絡があった。5ミリ大の石が2個、緊急検査で確認できたとのこと。典型的な尿管結石なのだそうである。
点滴が効いてきたため、激痛からは開放されたとのこと。やれやれ。。

担当医師からはこのまま入院し様子をみながら場合によってはESWL(粉砕術)の予約も入れるかどうか打診するとか。
しかし、それを輿石くんに話すと、本人はなぜか「ビビッている」と弥生が半ば呆れ声であった。

空手道場で厳しい修行を若かりし頃から積み重ね、激しい組み手で肋骨を何度も折っている猛者。
2メーター巨漢の輿石くんもさすがに「自身に潜む見えない敵」に恐怖を感じたと思う。

わずかに5ミリ大の石。されども石。まさに「獅子身中の虫(石)」かも知れぬ。。

とにかくこの機に養生を充分に重ね、1日も早く回復を願うのみである。

ishi

腎臓病でお悩みではありませんか?

泌尿器系疾患(腎臓病)と和漢生薬製剤

慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれなど。

効果のある和漢生薬製剤を当店開設以来、28年間、皆様にご紹介しております。その名も腎臓仙(じんぞうせん)と、還精(かんせい)と言います。

特に日常の検査数値(例えばクレアチニン、尿素窒素、尿酸値など)が気になる方。ぜひ特集記事をご覧ください。


プロフィール
この記事を書いた人
管理薬剤師 遠藤

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

管理薬剤師 遠藤をフォローする
雑談ブログ
スポンサーリンク
管理薬剤師 遠藤をフォローする
プロたんwiki-FAQ2