静仙閣(せいせんかく)下北沢の伝説

遠い昔の物語なのですが、東京の世田谷区北沢に、静仙閣という下宿屋があったのですね。私はもちろん生まれていない時のことですので、概要は実際に知りませんが、親戚筋での話を以下まとめてみました。ご存知無い方が多いと思いますよ。

永遠のスナイパーを歩んだ父

スナイパーと言えば、私の知っている限りでは小説や映画などによる乏しい知識によれば、トム・ベレンジャーの『山猫は眠らない』。。実録小説となると「白い死神」と恐れられたフィンランドのシモ・ヘイヘをはじめ、ソ連が生んだ史上最強の女スナイパー「リュドミラ・パヴリチェンコ」(映画化)。これも近年になり映画化された米海軍特殊部隊SEALsのクリス・カイル(イラクとの最前線へ従軍)が上げられる。・・でしょうか。

スポンサーリンク

最近の製薬メーカー(製造元)は、ネット販売をちゃっかりする会社が目に付く。

前からここに書こうかと考えていたものの、特に今更書いても始まらないので書かなかった。それまでは小売りの立場でネットに商品を挙げていると「親の仇」のように店主を非難しているメーカーもあったくらいだ。ご時世が少しずつ変わり、価格が乱れてくるとメーカーの立場として「適正価格」で「適正販売」と何と買い物かご付きのホームページに変更している。何これ?

スパイ映画『裏切りのサーカス』は必見!非常に巧妙かつ複雑な「二重スパイ(もぐら)」の世界を暴露!

映画『裏切りのサーカス』は、原作は大ベストセラーとなった小説『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』は、イギリスでは週末興行収入で3週連続1位に輝く。ヴェネツィア国際映画祭を皮切りに、各賞を総なめにした。国民感情の違いもあり、スパイ活動とは現実離れしているここ日本ではあまり話題にもならなかった映画と言っても過言ではないだろう。

歴史ある映画『ジャッカルの日』を再度鑑賞しまくり。。やはり良い映画には味がある。

特に『ジャッカルの日』は世界的な超ベストセラーで私が24歳の日、映画公開と同時に読んだものだ。ペンタッチは鋭く、細やかな描写と順を踏んだ各シーンの説明は地味さの中に迫力がある。さらに映画が小説の通り、多少の割愛はあるもののポイントはしっかりと押さえてわかりやすい。

映画『ザ・ウォール』は、単なる戦闘映画では無い。設定は2人対1人の「心理戦映画」。

壁を隔てて「どちらが正義?どちらが悪?」、「名ばかりの復興支援?」と観客に問題提起させるに十分なテーマ。その石壁はあまりにももろく、崩れ落ちそうでなかなか崩れない曖昧さ。。ナショナリズム、欺瞞の渦巻く「戦争」の中で、声だけの準主役とも言えるイラクのスナイパー、ジューバの的を得た会話が光っていた

アメリカ在外公館襲撃事件の映画化『13時間(ベンガジの秘密の兵士)』について

2012年9月11日、リビアの東部ベンガジにあるアメリカ領事館にイスラム厳格派「サラフィスト」などを中心とした約2,000人が押し寄せ、反米スローガンを展開。午後10時頃、武装した集団が領事館への攻撃を開始し放火や略奪を行い、対戦車砲を領事館に撃ちこんだ。

スポンサーリンク