活気參DX(かっきじん)を新規掲載。「紅蔘」を使用、安心の国内製造ですよ。。

小太郎漢方せき止め錠N60 錠【第2類医薬品 】の新規採用。

スポンサーリンク

小太郎漢方せき止め錠N60 錠【第2類医薬品 】の新規採用の件

薬剤師のプロたんです。いつもありがとうございます。

小太郎漢方から咳止め錠N60 錠なのだそうです…。やたら目立つ外箱包装。「とまらない せき」。ちょっと気になるデザイン。田中から聞くに、ビジュアル漢方シリーズであり、匙倶楽部製品ではないそうです。そりゃあそうでしょう。間違っても匙倶楽部製品のデザインではない。画像を小さく縮小しても「せき」という字だけがやたら目立つ。。気になる。当処方は本来「せき」ではなく、喘鳴(ぜんめい)の方剤なんですね。小青竜湯合麻杏甘石湯という処方。なかなか切れ味の良い漢方なのですが、店長田中の説明の通り、長期投薬はすべきではなく、当初は常用量を服用しても症状が次第に改善していくならば、その様子をみながら1日3回→2回→ 頓服使用・・と少しずつフェードアウトすればよい製剤と考えます。風邪による気管支炎にも奏功はしますが、基本的には少々咳が長引き、ぜん息様な状況で、ヒューッヒューッと喘鳴が顕著で喉がやたらと渇く時などには適証と考えます。なお、詳細につきましては、店長田中が特集ページを組んで説明しているコーナーがあります。そちらをぜひご参照ください。私からは以上なのですが、体質的に胃弱な方、医療機関から降圧剤等の処方されているご高齢者の方々の継続投与は非推奨、逆にお若い方々(20~40代)で『せきかぜ』が長期続き、仕事などにも支障をきたす喘鳴有る場合には推奨品といたします。はっきり言って小生の経験から当製剤はよく効きます。

小太郎漢方せき止め錠N60 錠【第2類医薬品 】(小青竜湯合麻杏甘石湯)が発売(リニューアル)
小太郎漢方せき止め錠N60 錠【第2類医薬品 】(小青竜湯合麻杏甘石湯)が発売(リニューアル)2018年9月4日小太郎漢方製薬では従来からのフィルムコート錠の『小太郎漢方せき止め錠』60錠を素錠に変更し、小太郎漢方せき止め錠N60 錠【第2

 

運営会社
この記事の会社
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする

第2類医薬品
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
腰痛・肩こり・背痛・睡眠負債に特許申請の次世代マットレス【ビブラート1】Vibrato1

日本人好み・日本人の体型に合った、やや硬めの高反発マットレス1層目【特許出願中】
直に体と接する面を波状にすることで、体圧をマットレス全体に分散。体型に合わせた変形で体への負担を軽減します。
2層目・3層目 快適な睡眠環境を重視し、しっかりと体の重さを支える150N・200N。(N[ニュートン]/硬さの単位)
老若男女、全ての人にフィット体重が軽い方から100kg超えの方まで柔軟に変化し、質の高い快適な睡眠が続きます。

プロたん漢方ニュース・新商品・薬剤師解説【プロたん漢方2】