活気參DX(かっきじん)を新規掲載。「紅蔘」を使用、安心の国内製造ですよ。。

WTTC製剤、「コイクシン」剤盛堂の生薬製剤を掲載!

スポンサーリンク

zz

WTTC製剤、「コイクシン」剤盛堂の生薬製剤を掲載!

saori

 

いつもアクセスを感謝いたします。

新しく掲載する商品のご案内です。
WTTCに関する製剤です。

【WTTC製剤とは?】

WTTCという名は、

藤 (藤コブ) (Wisteria floribunda)
ミロバラン(訶子、カシ) (Terminalia chebula)・
菱(菱の実)  (Trapa bispinosa)
はとむぎ(ヨクイニン) (Coix lachryma-jobi)
各10gを混合し、煎剤とする。

・・・の植物学名(ラテン名)の頭文字をつないだものです。

完全なる民間療法の処方となります。

当民間療法、上記生薬の内容紹介はかなり昔になりますが、昭和34年に当時の医師会雑誌(第41巻第12号)を通じてなされました。千葉大医学部(中山恒明教授)。

当時、WTTC製剤は長倉製薬が顆粒タイプ(W.T.T.C.粒状)を発売していました。
剤盛堂では、WTTC製剤の濃厚エキス散(生薬製剤)が人気のようでした。
商品名は「コイクシン」と言います。

「コイクシン」は直接ご来店のお客様へは時折ご紹介はしたものの、当製剤は諸般事情により今日まで当店のネット・サイトでのご紹介は一切しておりません。

このたび、剤盛堂の「コイクシン」【第2類医薬品】をあらためてご紹介いたします。

(ご注意!)
※当製剤の現在取得している効能・効果について、

【効能・効果】は「いぼとり、利尿」の2点に限局されていることを予めご了承ください

【成分・分量】 4.5g又は3包中

エキス 0.41g (タクシャ1.64g・ヨクイニン8.18g・カシ1.64g・ヒシノミ8.18g・フジコブ8.18g)

【用法・用量】

大人:1回に1.5g(添付のサジ1杯)、分包品の場合は1回に1包 

1日3回をコップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。

特に服用時間帯は設定されておりませんが、必ず投薬計画を立て、
個々の生活サイクルに合わせ、決められた時間帯に服用できるよう設定してください。
少しでもわからない場合には、当方の薬剤師、又は登録販売者に事前ご相談ください。

→ 薬のプロたん 0428-25-8682 薬剤師

【薬剤師から】

経験上、当製剤(散剤)の保存には湿気、光線など充分に配慮ください。

■特に当製剤500gボトルは、素材の品質上とてもデリケートです。吸湿しやすい製剤のため使用後は必ず固めに蓋をしてください。
■分包品において1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口をしっかりと折り返して保管し、必ず2日以内に服用してください。

※製品の価格ならびに内容の確認については以下のサイトをぜひご覧ください。

カートカテゴリーは
PC(パソコン)
pccart
SP(スマホ)
spcart

【付記】
・年々、使用素材(生薬)が高騰しております。従って、ご承知のように漢方薬、生薬製剤は年々価格が上昇しております。

 

zai5002
コイクシンは 一般的には費用的に有利な500g徳用ボトルをご家庭で使用し、併せて、外出先では60包、つまり分包タイプをタイムリーに服用できる形が便利かつ経済的かと思います。
・WTTC製剤につきましては、例えば大手検索サイトで、「WTTC製剤」とぐぐれば、医師や研究者の方々が記載しているサイトもあるようです。ご参考になると思います。

WTTC製剤「コイクシン」の入荷!
WTTC製剤「コイクシン」のお問い合わせを日々頂いております。・コイクシンは 一般的には費用的に有利な500g徳用ボトルをご家庭で使用し、併せて、外出先では60包、つまり分包タイプをタイムリーに服用できる形が便利かつ経済的かと思います。・従
WTTC製剤、「コイクシン」剤盛堂を掲載しました。
WTTC製剤、「コイクシン」剤盛堂を掲載しました。

コイクシン

医薬品区分 一般用医薬品
薬効分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
承認販売名
製品名 コイクシン
製品名(読み) コイクシン
製品の特徴

◆コイクシンは、藤コブ(フジコブ)・訶子(カシ)・菱の実(ヒシノミ)・よく苡仁(ヨクイニン)・沢瀉(タクシャ)のエキスからなる「いぼとり・利尿」の生薬製剤です。

使用上の注意
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
本剤の服用により、異常が認められた場合

3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

4.他の医薬品等を併用する場合には、含有成分の重複に注意する必要があるので、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

効能・効果 いぼとり、利尿
効能関連注意
用法・用量 次の量を食後に、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。

[年齢:1回量(容器入りの場合):1回量(分包品の場合):1日服用回数]
大人:1.5g(添付のサジ1杯):1包:3回
15歳~10歳:大人の2/3の量(1.0g):2/3包:3回
9歳~5歳:大人の1/2の量(0.75g):1/2包:3回
4歳以下:大人の1/4の量(0.375g):1/4包:3回

用法関連注意

(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させること。
(4)生後3ヵ月未満の乳児には服用させないこと。

成分分量 4.5g又は3包中

エキス 0.41g (タクシャ1.64g・ヨクイニン8.18g・カシ1.64g・ヒシノミ8.18g・フジコブ8.18g)

添加物 バレイショデンプン

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)分包品において1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること。

製造販売会社 剤盛堂薬品(株)
会社名:剤盛堂薬品株式会社
住所:〒640-8323 和歌山市太田二丁目8番31号
販売会社
剤形 散剤
リスク区分等 第2類医薬品

PC(パソコン)
pccart
SP(スマホ)
spcart


プロフィール
この記事を書いた人
protan

プロドラッグ代表取締役/薬のプロたん・管理薬剤師/腑侶鍛漢方医学研究所・所長/昭和24年生/元病院薬剤師/神奈川県平塚市、横須賀市、横浜市、東京都目黒区等転居/東京都青梅市現住/趣味:古代史研究・神道研究・ネット散策・知らない町ウォーキング・写真・バイク・男の料理等/健康管理:西洋医学+東洋医学+漢方医学にて養生/悪性胸膜中皮腫(アスベスト被曝)を患い闘病中/座右の銘:日1日が余生

protanをフォローする
第2類医薬品
スポンサーリンク
protanをフォローする
スポンサーリンク
プロたん新商品・漢方ニュース