プロたん全サイト直近で一番アクセスの多かった特集記事を、ランキング順に掲載しました。本年は花粉症の漢方へのお問い合わせが例年よりも倍増しており、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)、鼻優(びゆう)などが上位に入りました。

特殊な剤形の漢方薬 内用液剤、トローチ剤と外用液剤の人気はいかに?

シェアする

漢方薬には、最も一般的な煎じ薬、最近は特に人気のエキス剤を代表する顆粒剤、錠剤、細粒剤、そして原末からの丸剤・散剤なとのいわゆる内服薬があります。

ここでは、漢方の液剤であるトローチ剤、また外用液剤をご紹介いたします。
下記画像をクリックすると、それぞれの詳細ページにジャンプします。

(内用)

gedoku

bakumon

(外用)

dokin1 dokin2

スポンサーリンク

雲南貴精 うんなんきせい 雲南田七100g うんなんでんしち 田七末500g でんしちまつ ウチダの霊芝エキス ウチダの雲南片玉金 うんなんへんぎょくきん
ウチダ ばんらんこん ウチダの生脈宝(しょうみゃくほう) 弘真胃腸薬 あかぶくろ 赤缶 ウチダの牛黄カプセル ウチダの牛黄カプセル・極(きわみ)
ウチダ 銀翹解毒散 ぎんぎょうげどくさん 小太郎漢方匙倶楽部 三和生薬 腎臓仙(じんぞうせん) ウチダの丸剤シリーズ ウチダの生薬製剤二号方360包
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

121種類の酵素と乳酸菌
スポンサーリンク
スポンサーリンク