「めまい」「耳鳴り」「難聴」のWEB広告が多くなった昨今。

シェアする

「めまい」「耳鳴り」「難聴」のWEB広告が多くなった昨今。

高齢化社会を反映してか、「めまい」「耳鳴り」「難聴」「夜間尿」などのご相談が多い。
中でも慢性的な「めまい」のご相談が多い。

病院での脳の検査や血液生化学検査でも特に病理的な疾病は見当たらず、担当医もお手上げ状態。
自律神経失調症の疑い・・?!

(ある意味、実に便利な病名である。。実は私も会話の中で時々用いる)
そこで、漢方の話となる。

大手検索サイトで「めまい 漢方」と検索すると多くの漢方薬局、診療所、病院、鍼灸所などヒットします。
これはいかに大勢の方々が「めまい」で苦しまれているのかが伺えます。
WEB広告を掲載している薬局数は半端ではありません。

難治であり、当店へのお問合せもかなりの数であると思います。
抗ヒスタミン剤でパッと病態が根源から改善できるものでもありません。

【水毒と瘀血が原因することが多い】