腎臓仙(じんぞうせん)とは?泌尿器系疾患と見直される伝承の民間療法薬
スポンサーリンク

腎臓仙の参考リンク

スポンサーリンク

腎臓仙に関する参考リンク

【会員様 特割】腎臓仙(じんぞうせん)の会員様特割!
平素は三和生薬の腎臓仙(じんぞうせん)をお求め頂き、有難うございます。腎臓仙のルーツを辿ると、江戸時代にまで端を発するようです。和の漢方というか、「日本人の体質を考慮した和漢療法」とも言えましょう。茨城県は水戸市。水戸と言えばご老公(水戸黄門さま)が有名ですね。
腎臓仙のよくあるご質問【更新中】
「腎臓仙(じんぞうせん)」のご用命が多く、全国の皆様からご注文を頂いております。その内、半数以上がリピーターであり、長期飲まれているお客様がほとんどではないでしょうか。ケースによってはご夫婦で。又はご家族でも使用されている方もいらっしゃいます。
クレアチニンの数値が気になる方の漢方療法
近年になり、腎臓病のご相談は急増しています。特に、一つの指標となるクレアチニンの値上昇についてのお話が多いですね。ただ、腎機能の検査についてはクレアチニンのみならず、尿素窒素BUN等、後述する他の検査項目も総合的に勘案し専門医が判定いたします。
医師からクレアチニンが少し高いと警告を受けました。病院から投薬はありません。何か漢方療法をお教えください。
質問:医師からクレアチニンが少し高いと警告を受けました。病院から投薬はありません。何か漢方療法をお教えください。 確かにクレアチニンが少し高いからと言って、すぐには病院医師からの投薬はないと思います。但し、高値が長期継続したり、さらに上昇を
【一元錠剤漢方】還精(かんせい:八味丸変方)腎臓の漢方のご紹介【第2類医薬品】
疲労倦怠感が著しく腰冷、腰痛があり、四肢は冷え易いが時にほてることもあり、口渇があり、排尿回数が多く、尿量減少して残尿感がある場合と、逆に尿量が増大する場合がある、特に夜間多尿のものに用いる。糖尿病、腎臓病、老人性腰痛、坐骨神経痛、高血圧症、湿疹、産後脚気
三和生薬 腎臓仙、3日間服用してみたら、足の太さ.が・・
三和生薬 腎臓仙、3日間服用してみたら、足の太さ.が・・ここのところ、仕事の内容が多く疲れていたのと、寒くなってきましたので先週は風邪をひいてしまいました。土、日はどこへも行かず自宅で休養をとりましたので、風邪も治りかけてきましたが、足全体
三和生薬 腎臓仙を最初から濃く煮込んでしまうと味が悪くて飲みにくい。・・って知ってる?
三和生薬 腎臓仙を最初から濃く煮込んでしまうと味が悪くて飲みにくい。・・って知ってる?先日、私が留守している間、彼が気を利かして「腎臓仙」を作ってくれて待っていました。有難いと思ってすぐに飲んだところ、えっ?という味です。彼によく聞いてみる
三和生薬 腎臓仙の利用は、薬剤師的に『日本人のための和漢療法』の一つと言える。
三和生薬 腎臓仙の利用は、薬剤師的に『日本人のための和漢療法』の一つと言える。基本的には、漢方薬(一般漢方処方)には無い、伝承されてきた日本人のデリケートな体質に合う、「和の漢方療法」と私は呼んでいます。1袋を土瓶または急須に入れ適宜の熱湯
腎臓仙(じんぞうせん)
ばあばが愛用、三和生薬の腎臓仙(じんぞうせん)は腎虚証に向きの漢方薬(和漢薬)です。特に水毒傾向、冷えが強いばあばにとっては最良の民間療法と言えましょう。