腎臓仙の特集記事

三和生薬 腎臓仙(じんぞうせん)の価格

まずは、1個お求めになられますか?最近は2個セットも多いですね。価格的にもお徳ですよ。1個で32包。1包が1日分ですので、1箱で1ヶ月は充分。まずは、3ヶ月は服用されてみてくださいね。きっとお体が調子良くなるのがおわかりかと思います。
腎臓仙の特集記事

実際に腎臓仙を飲んでみる

正式な用法は・・・・ 1袋を土瓶又は急須に入れ、適宜の熱湯を注ぎ服用する。これを繰り返し、色がうすくなったら火にかけて煎じて服用する。いずれも、食前又は食間に服用する。・・・ということです。
腎臓仙の特集記事

腎臓仙(じんぞうせん)の概要

用法・用量 1袋を土瓶または急須に入れ適宜の熱湯を注ぎ服用する。これを繰り返し色がうすくなったら火にかけて煎じて服用する。いずれも,なるべく食前,又は食間に服用する。
腎臓仙の特集記事

腎臓仙(じんぞうせん)とは?泌尿器系疾患と見直される伝承の民間療法薬

急性・慢性腎臓炎、膀胱カタル(膀胱炎)、尿道炎、妊娠腎、妊娠中毒症、感冒その他高熱性疾患後の腎炎、高血圧症、以上の諸症及び脚気に起因するむくみ、動悸、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手足のしびれ
腎臓仙の特集記事

腎臓仙(じんぞうせん)の特徴

●便利なティーバッグ入り●急須か大きめの湯のみで利用できる●熱湯を注ぐだけ●100%生薬(天然物)で構成●タイムリーに飲める。便利。●素材は国内大手漢方メーカーの三和生薬(株)。従って優秀生薬。●一ヶ月コストが安い。●昔ながらの質素な包装を継承。(無駄を排除し、その分、中味を重視)
腎臓仙の特集記事

腎臓仙(じんぞうせん)さらに値下げ!!【プロたん漢方2】

腎臓仙(じんぞうせん)。もうすっかり定番になりました。全国からご注文を頂いております。適応範囲が広く、泌尿器系の生薬製剤としては、かなり有名になったと思います。
腎臓仙の特集記事

腎臓仙【構成生薬の参考資料】(あくまでも文献における見解です。) 編集:業務担当

腎臓仙の7つの構成生薬について、まとめてみました。あくまでも文献における見解です。
スポンサーリンク