高級漢方食品 人気ランキング

漢方療法

症状別漢方

隠れ脳梗塞と漢方(改訂版)

一般の脳梗塞と比較し、強い自覚症状はありません。脳ドックで実施するMRI等の検査で直径ごく小さな梗塞が見つかるものをさします。すでに、30代、40代(3人に一人)でも確認できますので、驚かれると思います。
0
症状別漢方

怖い膵炎(すいえん)と漢方療法について

慢性膵炎に延年半夏湯(えんねんはんげとう) こんにちは。延年半夏湯(えんねんはんげとう)を当コーナーに記載するのを忘れていましたので、遅ればせながら追記です。汗 販売されている漢方製剤において、膵炎の効能を取得している漢方薬はありません。あくまでも当店の20年来の経験方としてお読みください。 近年、非常に増加している膵炎について。 特に急性膵炎については申すまでもなく怖い疾患です。 急性期の場合、一般的に激痛を伴いますので、基本的には病院治療となります。 病院治療の概略はこちらのサイトをご参考ください。 急性膵炎の記事 →  病院でも膵炎の場合...
0
症状別漢方

花粉症の漢方療法

花粉症の漢方療法 【花粉の話】 環境庁の予測では、全国的に本年のスギ花粉は、昨年の大量飛散と比較すると半分以下と言われています。 しかしながら、近年、西日本では雄花をつけるまでに成長したヒノキが多くなったこともあり、ヒノキの花粉がスギを上回る飛散量が多いとみています。(特に西日本は要注意です。) 東京圏内においては例年の通り、西多摩地区。スギ花粉のメッカであることには違いありません。 特に当店の位置する青梅、奥多摩。市街地では羽村、福生、あきる野、さらに昭島、立川、八王子方面に至るまで例年より少ないとは申せ、それなりに大量の飛散は予想されます。 ...
0
症状別漢方

睡眠時無呼吸症候群(SAS)と漢方療法

睡眠時無呼吸症候群(SAS)と漢方療法 福生市のY様、リクエストメールをありがとうございました。 近年特に話題になる睡眠時無呼吸症候群(SAS)の話をいたします。 ※日常生活で、多発しやすい小さな落とし穴だけに重要な疾病と考えます。 なぜなら、当人は寝ているため知らないわけですから。 ※まさか自分だけは・・・と、お思いになられる貴方も? 【睡眠時無呼吸症候群(SAS)は治るのか?】 今日は先に結論から入ります。。 実際に当相談外来のお客様にもSASにて何人か漢方療法を有されている方がいらっしゃいますので、よくお話するこ...
0
症状別漢方

頭痛・脳過敏症候群と漢方療法

頭痛・脳過敏症候群と漢方療法 頭痛は日常生活においてごく身近な自覚症状です。 風邪の初期症状の頭痛から、ストレスや睡眠不足から生じる頭痛、さらに慢性的な偏頭痛や突発的な重篤な頭痛とさまざまです。 西洋医学においては、慢性頭痛に対応しての鎮痛薬の常用は脳過敏症候群への移行を警鐘し、特に片頭痛、群発頭痛に対応しての専門治療と薬物療法が進化しつつあります。 原因不明の頭痛は、まず医療機関の診断が優先され、特に大きな病変がみられないと診断を受けるも、繰り返すようであれば一度漢方療法も考慮すべきと考えます。 漢方療法の「頭痛」の位置づけとしては、気・血・水の理論から水毒、お...
0
症状別漢方

PTSDと漢方療法

PTSDと漢方療法 ここのところ心療内科領域の漢方をご紹介しております。 パニック障害、うつ病・うつ症状と、そして一番お問い合わせの多かったPTSDが一番後になりました。 その理由として、PTSDに関する確固としたエビデンスが我が国では確立されておりません。 表題も「PTSDの漢方療法」ではなく、「PTSDと漢方療法」とさせて頂きました。 従って、下記漢方療法はあくまでもぷろたんの過去の事例に沿った体験、私見でありご理解を頂きたいと思います。 【病院におけるPTSDへの対応】Posttraumatic stress disorder PTSD(...
0
スポンサーリンク