高級漢方食品 人気ランキング

漢方

症状別漢方

自律神経失調症と不眠症の漢方

【頭の良くなる?漢方の話:自律神経失調症と不眠症の漢方】 本日は抑肝散(よくかんさん)の話です。 その前に・・頭の良くなる?漢方の話をちょっと。 またまた・・ぷろたんの話はいよいよネタ切れで・・。 くだらん話を・・とお思いでしょうが、当人はいたって真剣です。はい。汗 原典の「抑肝散(よっかんさん)」は神経の興奮状態を鎮めてイライラや不安を改善し、記憶力を増加させる作用があるとされています。 お子様の夜泣きから大人の不眠症、神経症。さらにお年寄りのボケ防止に至るまで応用範囲が広く、人気の処方です。 当店では自律神経失調症や不眠傾向...
0
不整脈

不整脈と漢方

不整脈と漢方 本日は敬老の日。。 よくご年配者から「不整脈」の漢方相談をお受けいたします。 よくよく当人に聞いてみると、「脈が飛んだ」。 「息切れ」がした・・・・と、端的に自己判断されているようで。 50%近くは「思い込み」なのですが、残りの半数はまさに 「不整脈」そのものです。留意しましょう。 その傾向が重なるようでしたら、まずは面倒がらずに 循環器の専門医による検査と診断を仰いでください。 原因としては「過労・ストレス」に起因するものや 「心臓病」から由来するものなどがあります。 心臓病の多い事例としては 「期外性収縮」・・・・脈拍...
0
パニック障害

パニック障害と漢方(最新版)

■パニック障害と漢方 最近、特に心療内科領域で話題になるのが、パニック障害です。そのような「病名」は診療する側に都合の良いように命名されたとお思いですか?実は、れっきとした病名です。 パニック障害 Panic disorder PDとは、定期的なパニック発作に特徴付けられる不安障害の一種です。 パニック障害は、強い不安感を主な症状とする精神疾患のひとつとして、不安神経症と呼ばれていた疾患の一部です。 かつては全般性不安障害とともに不安神経症と呼ばれていましたが、1992年には世界保健機関(WHO)の国際疾病分類によって独立した病名として登録されました。 ...
0
スポンサーリンク
症状別漢方

膀胱炎・尿道炎の漢方(症例別漢方)

膀胱炎・尿道炎の漢方(症例別漢方) 【泌尿器疾患では一番多い、膀胱炎】 膀胱炎は泌尿器系統の疾患では一番ご相談の多い病気です。 近年の冷え体質の増加、下着(インナー)の変遷などにより、最近は若年層でも膀胱炎の女性のご相談は多いです。 女性の尿道の方が短く、細菌などが侵入しやすいという構造上の問題が、膀胱炎は比率的に女性にこの疾病が多いという理由です。 一般的には主に大腸菌などの細菌が尿道から侵入したために、尿が濁る、排尿痛、残尿感などの症状があらわれます。 【尿道炎】 尿道炎は尿道の痒み、外尿道口の発赤、粘液性分泌物が出るなどの症状から本格的な炎症が広がり、痛みが...
0
症状別漢方

円形脱毛症と漢方

【円形脱毛症と漢方】 薬剤師のぷろたんです。 いつも有難うございます。 今夜は、円形脱毛症のお話です。 自律神経失調症が長じると、平素の毛髪成長サイクルが乱れ、バッサリと楕円型の脱毛を生じることがあります。 個人差はありますが、脱毛部どうしが重複し広範囲となることもあります。 どちらかというと、感受性高く、アレルギー体質やアトピー傾向のある方からも時折ご相談をお受けいたします。 すでに病院にて加療中のお客様が多く、ステロイド療法をして好結果が出たものの、今後の再発を懸念し、 又は万が一再発してもステロイド塗布剤はもう使用したくないと漢方相...
0
症状別漢方

PMS(月経前症候群)には漢方が良い

PMSと漢方 今夜はPMS(月経前症候群)のお話。 なにを今さらと・・・患者さんである女性陣から叱られるかも知れませんが、「PMS」(月経前症候群)の位置づけが近年に至り、確固たるものになりました。 黄体ホルモンの影響によると考えられますが、平素健康体の女性が、月経前数日になると腰痛・腹痛・頭痛・むくみ・悪心・食欲不振・乳房の緊張などが頻発し、ケースによっては極めて精神的に不安定になり、うつ傾向、又は今風に言えば「キレ」たり、パニック状態に陥ることが多い・・・・。 これらを総称してPre-menstrual syndromeと、一つの疾病として確立したものと理解...
0
症状別漢方

うつ病、うつ症状の漢方

うつ病、うつ症状の漢方 うつ・うつ症状とは、今ふうに言えば「落ち込み」「へこむ」「がっくり」など・・心の状態をさします。 誰にでも起きる心の状態ですから、皆さんも何回かあるでしょう。 「うつ状態」「抑うつ状態」という言葉を使う場合もあります。または「うつ傾向」とも私自身も過去診断されたこともあります。 昔の話ですが凄く可愛がっていた愛犬と猫が同じ時期に亡くなったとき。さらに自身の病気が発覚した時・・・いろいろです。 こうした感情は特に挫折したり、長期ストレスにさらされた場合、ごく自然なものですが、うつ・うつ症状が慢性化したり、日常生活に支障をきたしたりする場合は、うつ...
0
症状別漢方

美肌の漢方

■美肌の漢方■ 今朝のミーティングの時に、管理課の橋本くんに注意を受けました。 私がご婦人との漢方相談・接客時に時折使用する言葉で・・・ 「それ以上、美しくなられてどうするんですか?」というトークは同じ女性として場合によっては嫌味に聞こえる・・とのことです。 やめて欲しいとレッドカードを頂戴いたしました。 小生は本心からお客様がお美しいと思うのですが・・なるほど、気をつけます。。。大汗。 資格者であり、沙織店長代行の副店長のお言葉ともあれば、真摯に聞くしかないな。。 と、いうわけで、本日のテーマは「美肌の漢方」です。さらに汗 よくご質問をお受けい...
0
症状別漢方

痛風対策 尿酸と漢方

尿酸が高い人の対策は?(痛風対策) 【尿酸、痛風について】 尿酸についてはくどくどと今さら論じません。詳細を知りたい場合には「尿酸」でぐぅ~ぐるを調べてみてくださいね。 偉い先生方が詳しく述べられてます。。 ごく簡単に述べると 要するに人間が生きている限り、代謝の結果としてできる燃えかすの一つが尿酸と呼ばれる物質でり、その約70%は尿の一部となって排泄される。 腎臓機能が衰えて尿酸が思うように排泄できなくなったり、又は尿酸そのものが過剰に生成された場合に起こるのが、あの痛くて恐ろしい痛風だ。(高尿酸血症) 【食事対策】 食事療法としては、ぷろたんにおいて...
0
症状別漢方

慢性腎不全と漢方療法

慢性腎不全の漢方療法 【腎不全・慢性腎不全の原因】 腎不全の概念として、腎臓の中にある糸球体が破壊ということが挙げられる。 糸球体そのものは腎臓に流れ込んだ血液をろ過する役割を持っているので、ここが破壊されることにより腎機能が低下する。 さらに腎臓の機能が健康時の30%以下になると、「慢性腎不全」と診断が下る。 もちろん30%以上のケースも決して安易に考えるべきではない。腎不全には変わりはないからだ。 その要因として筆頭は糖尿病性腎症(全体の38%)が挙げられる。 そのメカニズムとして、糖尿病を発病してから血糖値が適切にコントロールされず、高血糖の状態が長...
0
症状別漢方

パニック障害と漢方・Q&A

■(続編)パニック障害と漢方薬・Q&A■ 昨日は「パニック障害と漢方薬」ということで、当漢方相談で患者様が急増していることから、その特集を当「めるま」で配布いたしましたが、その反響の凄さに驚いています。汗 夜中まで、お問い合わせやご注文のメール対応に追われました。 特に「茯苓飲合半夏厚朴湯」ぶくりょういんごうはんげこうぼくとうへのご質問が非常に多かったと思います。 茯苓飲合半夏厚朴湯とは・・少し耳慣れない処方かも知れませんが、とっくに医療用としてもツムラさんから発売されております。116番。 しかし、その使用頻度は極めて少なく、圧倒的に半夏厚朴湯が多くでていると伺っていま...
0
症状別漢方

逆流性食道炎に漢方は?

逆流性食道炎と漢方 今回は「逆流性食道炎」のお話。 暮れも迫っているさなか、ご婦人の皆様はキッチンでの年末年始のお支度にさぞかし繁忙のことと存じます。 お台所のシンク台、少し低くないですか? 主婦(主夫?)はいつでも下を向き、猫背の傾向で調理に励む日々なのですが、不自然な前かがみが長期続きますと、胃(脾胃)を常に圧迫する状態となります。 ※こういうのって家族の犠牲と当方の女性社員が話していました。汗 一説に、逆流性食道炎は姿勢50%、ストレス50%と言われるように、我々の日常生活においては、家事でも、職場(職業病)でも、誰でもなり得る一般的な疾病...
2018.10.14 0
症状別漢方

腎臓病と還精(かんせい)について

■腎臓病と還精(かんせい)■ 薬剤師のぷろたんです。 気のせいか・・少し暑さが静まった感じがします。 今日は、小生が惚れ込んだ「還精」という製剤の話。。 私が、漢方薬専門店を開設した時に、一番感動した思い出のある製剤のひとつが「還精(かんせい)」です。 サイトの製品ご紹介のための表題には、還精(八味丸)とわかりやすく記載していますが、こういうのって、商業主義的とでも申しましょうか。。反省 正確に言いますと、還精(八味丸の変方)又は、さらに言葉は悪いのですが還精(八味丸もどき)です。笑 ところが、この製剤は実によく効く。名称も還精といいで...
0
奔豚気病

奔豚気病(ほんとんきびょう)と漢方

「奔豚気病(ほんとんきびょう)」と漢方 唐突ですが、かなりストレス溜まっていらっしゃいませんか? いや、少なからずもあるが、それほどでもない・・ まあまあ・・・・というお客様は、どうぞスルーしてください。 今日はそうではなく、かなり「ディープ」な状況の方への漢方のお話です。 【奔豚気病(ほんとんきびょう)とは?】 不安観念が非常に強く、人前にでると緊張してドキドキしたり、ストレスが溜まりやすくイライラしやすい神経質な方の精神不安、動悸を伴った状態を奔豚気(ほんとんき)と呼びます。 もちろん漢方用語です。 つまり、胸腹部をちょうど子豚が走り回るような感覚を...
0
症状別漢方

元気をつける玉ねぎ調理法と漢方

元気をつける玉ねぎ調理法と漢方 男性更年期に関し、玉ねぎの調理方法について本日多くのお客様からお問合せを頂きました。 その回答につき、ごく簡単にまとめましたので、お知らせいたします。 題しまして「元気をつける玉ねぎ調理法」。 玉ねぎはユリ科ネギ属の多年草。 古代エジプトでニンニクと共にピラミッド建設の労働者の食料として配給されていた話はあまりにも有名。 つまり当時のパワー薬草です。 日本には1770年代に北海道開拓使により導入されました。 含有する硫化アリルの量によって甘玉ねぎと辛玉ねぎに分けられます。 (日本はもちろん辛玉ねぎ) 主成分がア...
0
症状別漢方

インフルエンザと漢方

インフルエンザと漢方 東京の会員様からこの冬に流行するであろうウィルスに対応してしての漢方療法について特集のご要望を頂きましたので、さっそく当店の方針を踏まえ、まとめました。 当社に「気合を入れて、インフルなど関係ない!」という豪傑巨漢が1人おりますが、ご丁寧に昨年の年末年始に、2度インフルエンザに罹患し、2回目はとうとう近隣病院に入院いたしました。。 お陰で当直シフトが狂い、小生が8日間連続当直をしたわけですが、本年はそのような脆弱な人事の無きよう本部にお願いしてウィルス対策しております。笑 昔から、大災害の後は「疫病」という歴史の繰り返しが実際に存在いたします。...
0
症状別漢方

蓄膿症への対応、3つの漢方処方

蓄膿症への対応、3つの漢方処方 花粉症がそろそろ終息し、ホッと一息ついたところで、蓄膿症(慢性副鼻腔炎)のご相談が多いですね。 【この時期、毎年、蓄膿症相談が多い】 実店舗における漢方相談において、蓄膿症のお客様、もちろん新客様がほとんどなのですが、何人も連続しておいでになられているようです。 ネットからのご質問も多く、今回特集を組みました。 蓄膿症など、とんとご縁が無い・・とお思いの方もちょっとした油断がきっかけで蓄膿症に陥ることがよくあります。 そのきっかけとは、風邪、花粉症(アレルギー性鼻炎)、口腔内の何らかの炎症(継続的な)、その他いろいろで...
0
症状別漢方

膀胱炎・尿道炎の漢方療法

膀胱炎・尿道炎の漢方 いつもアクセスをありがとうございます。 本日のお問合せは、「膀胱炎・尿道炎の漢方」です。 膀胱炎は泌尿器系統の疾病の中でも、最も多い病気で、 近年は、若い女性を中心に増加の傾向です。 女性の尿道の方が短く、細菌が浸入しやすいという構造上のことも あり、女性にこの病気が多い理由とも言えます。 主に大腸菌などの細菌が尿道から浸入したために尿が濁る、 排尿時に痛みがある、残尿感があるなどの症状が現れます。 尿道炎の症状は、尿道のかゆみ、外尿道口の発赤、粘液性分泌物が 出るなどの症状から炎症が広がり、痛みが強くなるものです。 現代医学では...
2018.10.14 0
症状別漢方

歯周病と漢方療法

【歯周病と漢方療法】 本日は歯(歯肉)の話。 歯が完璧OKという方は、スルーしてください。 薬剤師のぷろたんです。 いつもお読み頂き、ありがとうございます。 正直申して歯については、私が最も苦手とする分野です。 身内の話で恐縮ですが、私の母(大お婆さんと呼ばれています)は90超えですが、現在もなお、パーフェクトに自分の歯です。 義歯や入れ歯の類などは一つもありません。 365日、朝・昼・夜、自身の指に荒塩やナス黒焼きを付けて毎日こすっています。歯ブラシは使用しません。ピカピカ。 とても真似できませんね。信じられない。 ところが、息子の私は...
0
症状別漢方

肝臓を癒す漢方

【肝臓を癒す漢方】 本日は久々に・・「肝臓の漢方」のご紹介です。 年末に近づくと・・よく肝臓病に関するご質問があとをたちません。 忘年会は例年に比較してそれほど盛況ではないようですが、クリスマスとか、一年間の疲れがどっと出るのもこの時期ですね。 やはり肝臓が皆さん気になるのでしょう。。 肝臓を癒す漢方薬はとても有効であり、皆様の養生の一つの要ともなるでしょう。 自身の体質に合う肝臓の漢方は日常の養生で必ず必要なアイテムです。 柴胡剤は漢方にしては割と早めに効きますので、いざという時に、すぐ飲めるように、私も柴胡桂枝湯の煎じパックだけは必ず自身の家庭には用意し最...
0
スポンサーリンク