高級漢方食品 人気ランキング

不眠症

症状別漢方

夜長病?(心脾両虚)

【心脾両虚に帰脾湯を】 本来、「夜長病」などという病気はありません。 でも、ぷろたんの漢方相談では非常に多い。。とりあえず「夜長病」という表題といたしました。 秋の夜長。読書に熱中しているとついつい睡眠不足。 加えて本日のように急激に冷えると・・・かぜを引きやすいものです。 夏の疲れもまだ残っており、なんとなく意欲の低下。 血行がやや停滞気味ですと・・・動悸が起きやすい。気づかれたお客様も多いのでは? 朝の顔色いかがですか?食事がイマイチ美味しくない。舌診すると真っ白。 よく「身も心もくたくた・・。」とのご相談をお受けします。 もし、あなただったら...
0
症状別漢方

抑肝散加陳皮半夏という処方。

今日は逆に処方から症例ということで、有名な方剤につき一つ掘り下げてみました。 抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)という処方です。 数ある方剤の中で、抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)は私が知り得る処方の中でも特に優秀と認める漢方の一つです。 過去の記述「ど忘れ、もの忘れと決して笑えない。シニア世代の疾病」の中で、「抑肝散加陳皮半夏と私との出会い」の項 ・・で記載している通り、私の病院薬剤師時代のよき思い出にもなっています。 病院時代から通算すると、当処方とのかかわりは実に30年以上になります。 副作用が少なく、高齢者にも安...
0
症状別漢方

自律神経失調症と不眠症の漢方

【頭の良くなる?漢方の話:自律神経失調症と不眠症の漢方】 本日は抑肝散(よくかんさん)の話です。 その前に・・頭の良くなる?漢方の話をちょっと。 またまた・・ぷろたんの話はいよいよネタ切れで・・。 くだらん話を・・とお思いでしょうが、当人はいたって真剣です。はい。汗 原典の「抑肝散(よっかんさん)」は神経の興奮状態を鎮めてイライラや不安を改善し、記憶力を増加させる作用があるとされています。 お子様の夜泣きから大人の不眠症、神経症。さらにお年寄りのボケ防止に至るまで応用範囲が広く、人気の処方です。 当店では自律神経失調...
0
症状別漢方

不眠症と漢方療法

【最近の漢方相談における不眠症相談と漢方療法】 当店漢方相談における「不眠傾向」のご相談はあとを絶たず、ほとんど半数以上のお客様が病院の睡眠導入剤の経験者、もしくは現在も常時服用されている患者様です。 そのうち、99%が現状の睡眠薬を飲んでいる習慣から脱却したいというご希望のようです。 現在病院から投薬されている患者様、他に循環器系や重要な薬剤(降圧効果の管理も兼ねて)を投薬されているケースでは医師の管理下にありますので、いきなり中止することはできないこともあります。 精神安定剤や睡眠導入剤は「怖い」と単に決め付けずに、まず「なぜ眠れなく、なぜ眠りにくく」なったのか? ...
0
スポンサーリンク