高級漢方食品 人気ランキング

パニック障害

パニック障害

パニック障害と漢方(最新版)

■パニック障害と漢方 最近、特に心療内科領域で話題になるのが、パニック障害です。そのような「病名」は診療する側に都合の良いように命名されたとお思いですか?実は、れっきとした病名です。 パニック障害 Panic disorder PDとは、定期的なパニック発作に特徴付けられる不安障害の一種です。 パニック障害は、強い不安感を主な症状とする精神疾患のひとつとして、不安神経症と呼ばれていた疾患の一部です。 かつては全般性不安障害とともに不安神経症と呼ばれていましたが、1992年には世界保健機関(WHO)の国際疾病分類によって独立した病名として登録されました。 ...
0
パニック障害

加味逍遙散をパニック障害に用いる症例

2018.10.14 0
症状別漢方

パニック障害と漢方・Q&A

■(続編)パニック障害と漢方薬・Q&A■ 昨日は「パニック障害と漢方薬」ということで、当漢方相談で患者様が急増していることから、その特集を当「めるま」で配布いたしましたが、その反響の凄さに驚いています。汗 夜中まで、お問い合わせやご注文のメール対応に追われました。 特に「茯苓飲合半夏厚朴湯」ぶくりょういんごうはんげこうぼくとうへのご質問が非常に多かったと思います。 茯苓飲合半夏厚朴湯とは・・少し耳慣れない処方かも知れませんが、とっくに医療用としてもツムラさんから発売されております。116番。 しかし、その使用頻度は極めて少なく、圧倒的に半夏厚朴湯が多くでていると伺っていま...
0
不安障害

不安障害と漢方

ウチダの80番 理気利心・りきりしん 本日は、当店の神経症相談で当店ではよく用いられる漢方製剤・ウチダ80番。理気利心(りきりしん)のご紹介です。 理気利心(りきりしん)のページはこちら→  ウチダ和漢薬のNP細粒300包タイプ80番は、外来における神経相談、不安症相談の中でも、34番に継いで引き合いの多い処方です。 更年期神経症や、うつ状態にも多用され、特に34番を一定期間服用後、不眠傾向などがほぼ改善してきた段階で、不安がやや残っているケースにも用いられる場合もあります。 自覚症状としては、のど、胸のつかえ感。息苦しさ、不安...
2018.10.14 0
不安障害

不安障害と胸脇苦満(きょうきょうくまん)との相関関係?

不安障害と胸脇苦満(きょうきょうくまん)との相関関係? 近年多発している不安障害(パニック障害などを含む)につき、 前述した記事『不安障害、全般性不安障害と漢方』 で、不安障害についての実態と概要につき甚だ拙稿ですが述べさせて頂きました。 全国からご意見や、ご質問などをお寄せ頂き感謝申し上げます。 その中で、胸脇苦満(きょうきょうくまん)の具体的な症状についての ご質問が多く、今回追記させて頂きました。 【胸脇苦満(きょうきょうくまん)とは?】 漢方の腹診用語の一つですね。 まずは、胸の脇が重苦しく、脇になにか詰まっている感じからスタートいたし...
0
スポンサーリンク