高級漢方食品 人気ランキング

ウチダ

パニック障害

パニック障害と漢方(最新版)

■パニック障害と漢方 最近、特に心療内科領域で話題になるのが、パニック障害です。そのような「病名」は診療する側に都合の良いように命名されたとお思いですか?実は、れっきとした病名です。 パニック障害 Panic disorder PDとは、定期的なパニック発作に特徴付けられる不安障害の一種です。 パニック障害は、強い不安感を主な症状とする精神疾患のひとつとして、不安神経症と呼ばれていた疾患の一部です。 かつては全般性不安障害とともに不安神経症と呼ばれていましたが、1992年には世界保健機関(WHO)の国際疾病分類によって独立した病名として登録されました。 ...
0
熱中症

生脈宝(しょうみゃくほう)でバテバテ対策を。

ウチダ和漢薬から生脈宝(しょうみゃくほう)エキス細粒Aが新発売! 本品は、中国の医書「医学啓源」(1186年)に収載されている「生脈散」(人参,麦門冬,五味子)を基本とし、陰陽五行説における五臓の“肺”に働く黄耆を加えた滋養強壮剤です。 肉体疲労時や胃弱、食欲が出ない時に、また、冷房等の冷えによく奏効します。 ここのところ「うだる」ような猛暑が続いていており、さらに夕刻から猛烈な雷雨と突風。。。 一体何が起きているのか・・・ちょい疲れました。 さて・・・。 ウチダ和漢薬「生脈宝(しょうみゃくほう)」について、ここ暫くは欠品状態で申し訳なかったのですが、旧製品...
2018.10.14 0
不安障害

不安障害と漢方

ウチダの80番 理気利心・りきりしん 本日は、当店の神経症相談で当店ではよく用いられる漢方製剤・ウチダ80番。理気利心(りきりしん)のご紹介です。 理気利心(りきりしん)のページはこちら→  ウチダ和漢薬のNP細粒300包タイプ80番は、外来における神経相談、不安症相談の中でも、34番に継いで引き合いの多い処方です。 更年期神経症や、うつ状態にも多用され、特に34番を一定期間服用後、不眠傾向などがほぼ改善してきた段階で、不安がやや残っているケースにも用いられる場合もあります。 自覚症状としては、のど、胸のつかえ感。息苦しさ、不安...
2018.10.14 0
スポンサーリンク