高級漢方食品 人気ランキング

梅核気(ばいかくき)

不安障害

梅核気(ばいかくき)不安神経症等

この4月~5月中旬にかけて、今年はお客様には申し訳ない言い方ですが、当店ではこの80番が異常と思えるくらいお問い合わせを頂いております。 その記事を以下、記述しておきました。お時間ありましたらお読みくださいませ。 当店漢方相談にてご紹介している・ウチダ80番。理気利心(りきりしん)は、ストレスの漢方として、皆様には過去何度かご紹介をしてまいりました。 もとより、不安障害、パニック障害等には34番のご指名が従来多かったのですが、4月~5月15日の弊社データーにおいては80番が34番を抜き、部門別では第1位です。 この春は、会社の異動や、プラ...
2018.10.14 0
不安障害

梅核気(ばいかくき)が多い春。

春は梅核気(ばいかくき)が多い季節。半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう) 小生が申すまでもなく、今年の春は本当に寒い。 関東地方は晴れ間がこれからやや増えるとニュースを見ましたが、 3月を中旬近くになっても北海道、東北、北陸側は寒波で大雪とは、本当にお気の毒です。 さて、芽吹く頃になりますと必ずご相談が多くなるのが「自律神経失調」や「不安神経症」のご相談です。 天候のいかんに関係なく、春の人事異動や、転勤など学生さんもいよいよ新学期の準備など、親を含めていろいろと神経をお遣いになられる時期でもあります。 特に4月~5月末頃にかけては、このよう...
2018.10.14 0
不安障害

不安障害と漢方

ウチダの80番 理気利心・りきりしん 本日は、当店の神経症相談で当店ではよく用いられる漢方製剤・ウチダ80番。理気利心(りきりしん)のご紹介です。 理気利心(りきりしん)のページはこちら→  ウチダ和漢薬のNP細粒300包タイプ80番は、外来における神経相談、不安症相談の中でも、34番に継いで引き合いの多い処方です。 更年期神経症や、うつ状態にも多用され、特に34番を一定期間服用後、不眠傾向などがほぼ改善してきた段階で、不安がやや残っているケースにも用いられる場合もあります。 自覚症状としては、のど、胸のつかえ感。息苦しさ、不安...
2018.10.14 0
スポンサーリンク