高級漢方食品 人気ランキング

症例別漢方・薬剤師解説【プロたん漢方2】

スポンサーリンク

【中医学と漢方医学】

漢方療法はわかりにくい、奥が深くて理解できないことが多すぎる・・と、お客様から時折、接客時や、お電話で耳にいたします。確かに、奥は決して浅くないですね。
とにかく私自身がいくら勉強してものみこめず、難しいな~と、溜息つくわけですから。一筋縄ではいかない。10覚えると、9忘れる年代(70歳)にリーチがかかりました。
よく昔、恩師から言われました。「木を見て森を見ず。」「鹿を追う者は山を見ず。」それが君だ。と。(苦笑)
何を偉そうに・・と当時は思ったものですが、いま考えてみればまさに図星。汗
私の漢方の勉強も、私生活も、確かにそのようですね。あまりにも雑学。

中医・中薬を中心にやられているメーカーさんや、薬局・薬店さんは今や多忙で、活発なのに、日本の漢方薬を中心に製造しているメーカーや当店のような漢方薬局は今一つパッとしませんね。昔の元気は何処へ?

もともと地味な業界ですので、悪く言えば旧態依然ということでしょうか。。ただ、自分自身が漢方と出会い、生活帯の中に取り込んできたこの約45年間は、『継続的な使用で、自分の体にはとても良かった』と感慨深いです。ですので、地味にお薦めします『漢方療法』。初めてサイトを読まれる方は、ぜひご一考ください。

スポンサーリンク

はじめに

漢方薬は、日本で独自に発展した、漢方医学の理論に基づいて処方される医薬品の総称です。
その昔、日本の医学は、奈良時代以来中国伝統医学が主流でした。しかし、江戸時代中期以降に西洋医学が伝えられると、これを「蘭方」と呼び、 従来からの日本化された中国医学を「漢方」と呼んでそれぞれを区別するようになりました。
中国では昔からの医学を「中医学」と呼んでいます。これは古典を充分に尊重しながらも、後の時代に起こった新しい考え方を取り入れて変容しています。

●中医学

中国医学の歴史を踏まえて、近代に体系付けられています。使用する薬を「中薬」と呼ばれます。
古代から現代までの処方を基本に、患者に応じて処方を組み立てていきます。
なんといってもご本家だけあって、使用生薬の量、適応範囲等は日本の漢方とは比較にならないほど広く、多彩であり、理論体系も充実している。
煎剤が非常に多く、国を挙げて中薬を「世界標準」とする風潮も見られるようです。

●漢方医学(日本)

古典「傷寒論」「金匱要略」における考え方を基本とします。
使用する薬を「漢方薬」と呼び、古代から清代までの優良処方と日本で創製・変方した優良処方を基本に用います。
近年では、「中薬」においてあまり取り扱いの無い日本独自の「変方」を国産品として製造している例もあります。現代の日本ではエキス剤が主流であり、錠剤、顆粒、細粒等が大量生産されています。

現在、日本の漢方薬の世界は、「一般用漢方製剤承認基準」として、日本国にて漢方製剤に対し一般用医薬品として製造販売の承認を与える際の審査基準が定められています。それには漢方処方210処方※の構成生薬の配合量の規格値や記載可能な効能・効果の範囲等が記載されています。書籍『一般用漢方処方の手引き』(厚生省薬務局監修)※なお現在では、236処方と増加しています。。(2010年4月1日現在)

※中薬や漢方薬(一般用漢方製剤承認基準)以外の製剤が我が国の国内漢方メーカーで製造・販売されているが、その多くは正式には「生薬製剤」とも呼ばれます。また日本古来からの経験方に基づいた伝承薬も存在し、漢方薬とは言わず、民間療法薬とも呼ばれています。

プロたんの症状別漢方ブログ

前置きが長かったのですが、以下が私の拙稿です。お時間あったらお読みください。

主婦(主夫)湿疹と漢方
自律神経失調症と不眠症の漢方
不整脈と漢方
ドライアイと漢方療法。洗肝明目湯 (せんかんめいもくとう)は選択肢の一つ。
もの忘れと漢方療法(改訂版)
パニック障害と漢方(最新版)
ストレス過重などによる肝気鬱結(かんきうっけつ)に使用する漢方。
膀胱炎・尿道炎の漢方(症例別漢方)
夜長病?(心脾両虚)
慢性扁桃炎について
隠れ脳梗塞と漢方(改訂版)
高血圧随伴症に効果的な石川 松石南の精錠
円形脱毛症と漢方
PMS(月経前症候群)には漢方が良い
梅核気(ばいかくき)不安神経症等
下肢静脈瘤と漢方療法
口内炎、口臭、歯肉炎、歯周病の漢方
梅核気(ばいかくき)が多い春。
尿路結石と薬草療法
生脈宝(しょうみゃくほう)でバテバテ対策を。
むくみ、水太り、動悸、息切れなどに九味檳榔湯
最近よく引き合いになる4処方
長引く咳に蘇子降気湯(そしこうきとう)
痒みと金銀花パワー
寝言(ねごと)と漢方
胸郭出口症候群と漢方
抑肝散加陳皮半夏と認知症の周辺症状
気うつの胃腸虚弱に。。 香砂六君子湯。
抑肝散加陳皮半夏という漢方と、「もの忘れ」について
うつ病、うつ症状の漢方

続きを見る