プロドラッグ公式サイトをリニューアルしました。

ヨクイニンS「コタロー」6個セットの正箱包装が廃止。

包装変更
スポンサーリンク

ヨクイニンS「コタロー」6個セットが従来から正箱セットとなっていましたが、これがメーカー事情により正箱が廃止されまして、バラの6個セットとなります。

当店では2019年1月29日の入荷分から変更させて頂きます。【新ロット・入荷分】

製造番号 K9943
使用期限 2023.08  (使用期限が最長品です。)

誠に申し訳ありませんが、製品現品につきましてはなんら変更無く、使用期限は6個セットの場合は同一使用期限(最長期限を優先)で発送いたします。どうぞご了承頂けますようお願い申し上げます。

なお、同年1月25日から既に6個セットの正箱タイプご希望のお客様が全国から寄せられておりますが、商品管理センターからのこの件に関しての通達が遅くなりまして、その結果、お客様へのお知らせが前後して申し訳ありませんでした。誠に恐れ入りますが、今回より6個バラでのセットに変更させて頂き、どうぞご寛容の程、お願い申し上げます。深くお詫び申し上げます。

また、ご質問も多く届いておりますが、製品そのものの内容的なもの、価格、その他は一切変更ございません。どうぞご安心されてご利用くださいませ。

とうとう段ボール不足の傾向が、製品のいろいろな面にでてきそうな昨今

某国による古紙の爆買いの影響がそろそろでてきた昨今。米中貿易摩擦の影響も多少はあるかも知れませんが、爆買いされる大きな理由として、日本の新聞の品質が世界一(私見ですが)と私は思います。さらにその根拠はその昔、私が「新聞少年」であくせく働いていた時、そこの専売所の所長がよく口癖のように、「日本の新聞は腰も張りも世界一。品質一番!」と言っていました。成人してからは貿易関係はご縁が薄いのですが、今まで、大国と呼ばれている国、五か国(某国を含む)を訪問し、その国の主な新聞を手にして、束ねて少し丸めてキュキュッとしごくと日本の新聞は「キュッ!」と小気味良い音がするのですが、概ねは「ゴワッ」と不快な音。なるほど・・と初めて納得しました。専売所の所長からは、早朝から『自分の仕事に誇りを持て!』と言われ「何が世界一よ!眠くて腹減った。」と反抗したことを私は深く反省し、その60年後の今日、「日本の新聞少年を体験させて頂いた。。」と誇りに思っております。

もっと酷いのは。例の某国の新聞を横にして同じように下から上へしごくと「ビリビリ」と破れてしまった。腹立たしかったのは、親指にインク跡がついて真っ黒。これでは、私の自宅に置いてある旧式のプリンタートナーと同じレベル。あり得ない現実です。

日本の古紙がやたら爆買いされる背景として、各国のネット販売が盛んとなったことに起因する。つまりデリバリーに段ボールが主に使用されており、これは2017年あたりから今日に至るまでニュースで騒がれてきたが、いよいよ単なる段ボールの値上げだけではなく、従来からの品質を落とす前に、段ボールの素材そのものが激減してしまったようである。これは困った問題・・爆買いする方も問題だが、必要に応じて売る方にも問題があると思った。何か政治的な絡みもあるようなので、これ以上は言っても仕方ないが、今後の段ボール調達でごく近い将来、各店が苦労するのは目に見える。メーカーによる経費節減とか一般的な「諸般事情」ではなく、極端な話、段ボールが『無くなる日』という『段ボール・ショック』が来ない事を祈るしかない。

中国爆買いで段ボール不足 国内各社、原料調達困難
年末商戦を前に段ボールが不足している。段ボールの原料となる古紙を中国が「爆買い」し、日本の製紙会社が調達困難に陥っているためだ。各社は海外から緊急輸入するなど、…
製紙大手、古紙値上げ加速 段ボール原料、中国の大量購入が要因
製紙大手が今月、一斉に段ボール原料となる古紙の値上げに動いている。中国が米国との貿易摩擦で、古紙の輸入元を米国から日本に切り替え、大量に購入しているためだ。燃料…

冗談抜きで段ボール不足と価格高騰については、各漢方メーカーも必需品であるため、深刻な打撃となるのは必須。廃番できるものから中止にしていく消去法が現在、水面下で実施されている様である。例えば製品を取りまとめる小箱(6個正箱とか10個正箱とか・・)の廃止する動きは各漢方メーカーでは既に始まっているようである。一介の店主がこれについて揶揄したり、クレームづけする気も資格も毛頭ないが、『ウチダの雲南貴精900粒 6個正箱セット』の正箱廃止だけはやめて欲しい。この正箱そのものは「エグゼクティブな健康パートナー」と、正箱に印刷されている通り、正箱そのものが大切なブランドの一つとも言えるからだ。

 

Print Friendly, PDF & Email
会社概要
この記事の会社
有限会社 プロドラッグ

有限会社プロドラッグ 創立:1991年6月10日 所在地:〒198-0052東京都青梅市長淵5-543
代表電話:0428-25-8682 代表ファックス:0428-25-8683 代表e-メール:pro@protan2.com 
直営店舗:薬のプロたん/営業時間:月曜~金曜 10:00~17:00
(土曜・日曜・祝日・年末年始・お盆休暇を除く)許可番号:第5228090278号
管理薬剤師:遠藤啓太 登録番号:第142990号
登録販売者 田中しげ子(店長)登録番号:第13-09-00343号
特定販売届出:第5228090278号 管轄:西多摩保健所(東京都)
届出広告ページ:プロたん漢方2
URL https://www.protan2.com/

有限会社 プロドラッグをフォローする

包装変更
スポンサーリンク
有限会社 プロドラッグをフォローする
プロたん漢方Customer Service