プロたん会員になると、会員価格でお買い物。会員特割特典!会員登録はこちらから・・・。

花粉症

特集記事

花粉症対策と漢方の特集記事

もとから花粉症をお持ちの方にとっては飛散量の多少は関係のない話です。植物がこの世にある限り、花粉飛散による直撃は逃れられない現実です。特に3月~5月初旬、9月~10月初旬。スギ、ヒノキ、ブタクサなどなど目白押し。
第2類医薬品

サンワロンM・麻黄附子細辛湯【三和生薬の漢方薬】まおうぶしさいしんとう 花粉症,感冒,気管支炎,咳嗽

本剤は、寒気や手足の冷えがある方の感冒、気管支炎、気管支ぜんそく、神経痛に用いられる漢方薬です。 但し、当店では胃腸の特に弱い方には食後の服用とし、ご高齢者の方(体力弱く、血圧高めなど)には非推奨としております。
2018.04.07
特集記事

花粉症のピーク時期にぜひ読んで欲しい当ページ「花粉症の漢方(最盛期・特別編)」

特に従来からアレルギー症の強い方は、鼻炎・鼻閉とともに結膜炎(眼)や顔の皮膚炎も発症。毎年、春と秋口に花粉症でお悩みの方。そのような方のために、「最盛期・特別編」として、ご案内いたします。
特集記事

創立26周年記念特販!松浦漢方・花粉症の漢方薬

松浦漢方シリーズの全アイテムは実に膨大であり、一般処方シリーズにあっては300包・48包・12包・500g徳用ボトル と、漢方市場においては最大であると言えます。
2017.10.25
特集記事

まだまだ風邪の季節は続くと思っていたら、インフルと花粉症も本年は混在し、パニックにならないためにも・・・。

まだまだ風邪の季節は続くと思っていたら、インフルと花粉症も本年は混在し、パニックにならないためにも・・・。
2017.10.25
特集記事

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)の季節がそろそろ・・・

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)の季節がそろそろ・・・毎年の飛散量の多い、少ないは全く関係なく、お若い学生さんから、シニア世代に至るまで、毎年の花粉症の悩みは尽きません。
2017.10.25
第2類医薬品

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)の季節がいよいよ到来!

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)の季節がいよいよ到来!
2017.10.25
第2類医薬品

秋の花粉症対策はじまる。鼻優S。

秋の花粉症対策はじまる。鼻優S。
2018.06.09
お知らせ

【鼻優Sの特売】3月31日までの特価!

当店の位置は東京都とは申せ、一番西方の「西多摩地区」。 青梅市、八王子市は特に「スギ花粉」のメッカなんです。今週、この「スギ花粉」のピーク超えが過ぎたとしても、今年の飛散量そのものは非常に多く、「花粉症」はしばらく続きそうです。
2018.06.10
未分類

小青龍湯【三和生薬の漢方薬】しょうせいりゅうとう 気管支炎,気管支ぜんそく,鼻炎,アレルギー性鼻炎,むくみ,感冒,花粉症

小青龍湯【三和生薬の漢方薬】しょうせいりゅうとうのことならプロたん漢方サイト。ぷろたんは東京都青梅市の漢方・薬草のデパートです。
2018.03.24
未分類

【一元錠剤漢方】ノンパースD(辛夷清肺湯)(のんぱーすでー)

辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)とは体力が中くらい以上の人で、患部に熱感や痛みを伴うときの鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎に利用されます。濃い鼻水で、鼻がつまり、熱をもって頭痛がするような場合に用いられます。明時代の外科正宗という古典書で紹介されています。
2017.05.02
未分類

【一元錠剤漢方】ノンパースB(荊芥連翹湯)(のんぱーすびー)

比較的体力のある人で血行が悪く皮膚の色が浅黒い人の蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきびに利用します。手や足に汗をかきやすく、化膿や炎症をおこしやすいタイプに功を奏します。体の熱や腫れをひき、病因を発散させ、また、血液循環をよくします。明時代の万病回春という古典書にのっている処方を多少アレンジしたものになります。
2017.05.02
未分類

【一元錠剤漢方】ノンパースA(葛根湯加川弓辛夷)(のんぱーすえー)

葛根湯加川キュウ辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)とは比較的体力のある人の後背のこりをともなう鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎に利用されます。葛根湯に血行促進作用、排膿作用のある川キュウ、辛夷を加味した処方で、血管を拡張して血行をさかんにし、発汗利尿作用と共に炎症を鎮め排膿を促します。出典は本朝経験方という古典書です。
2017.05.02
未分類

【一元錠剤漢方】小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

小青竜湯(ショウセイリュウトウ)とは体力が中くらいの人で薄い水様性のたんをともなう咳、水様性の鼻水、鼻炎、アレルギー性鼻炎、尿量の減少、むくみなどをともなう時に用いられます。カゼのひき始めなどでゾクゾク寒気がし、クシャミや水っぽい鼻水がたくさんでて困るときに適します。漢時代の傷寒論および金匱要略という古典書で紹介されている処方です。
2017.05.02
未分類

花粉症の漢方療法【プロたん漢方2】

花粉症の漢方療法【プロたん漢方サイト】
2015.11.30
スポンサーリンク