●薬事関連表記(一般用医薬品の特定販売に関する表記)はこちら

漢方療法

第2類医薬品

クレアチニンの数値が気になる方の漢方療法

近年になり、腎臓病のご相談は急増しています。特に、一つの指標となるクレアチニンの値上昇についてのお話が多いですね。ただ、腎機能の検査についてはクレアチニンのみならず、尿素窒素BUN等、後述する他の検査項目も総合的に勘案し専門医が判定いたします。
お知らせ

メニエル症候群と漢方療法

一連の症候群をメニエル症候群 メニエル病とは内耳の障害により起こる特定の病気のことをいいます。このめまいを主症状とする一連の症候群をメニエル症候群といわれています。 メニエル症候群では「めまい」そのものが、はっきりした原因もなく...
お知らせ

むずむず脚症候群と漢方療法の一考察

むずむず脚症候群と漢方療法の一考察 いつも有難うございます。 なにかと話題になる『むずむず』。本日はレストレスレッグス症候群のお話です。 【むずむず脚症候群とは?】 レストレスレッグス症候群(restless leg...
スポンサーリンク
お知らせ

糖尿病の漢方療法(第4回目)解説

糖尿病の漢方療法(第4回目)解説 いつも有難うございます。 シリーズでお送りしている糖尿病の漢方療法。第4回目です。 近年の疫学の歴史の中で、1674年、イギリスの臨床医学者トーマス・ウィリスはヨーロッパで当時奇病とされて...
お知らせ

糖尿病の漢方療法(第3回目)解説

糖尿病の漢方療法(第3回目)解説 いつも有難うございます。 シリーズでお送りしている糖尿病の漢方療法。第3回目です。 紀元前15世紀にエジプトのパピルスにすでに現れていた糖尿病の記述。その後はトルコ領パドチアに住んでいたアルテウス...
お知らせ

糖尿病の漢方療法(第2回目)解説

糖尿病の漢方療法(第2回目) いつも有難うございます。 糖尿病の漢方療法(第1回目)でも記述しましたが、臨床的に有意な血糖降下作用を漢方薬のみに期待することはできません。 しかし、糖尿病の合併症による自覚症状の改善には、証...
お知らせ

糖尿病の漢方療法(第1回目)解説

糖尿病の漢方療法(第1回目)解説 いつも有難うございます。 【糖尿病に効く漢方はあるのか?】 当店は開店以来30年間、地域の漢方相談薬局として運営してきました。従って、糖尿病の患者様は多く出入り されております。 皆様...
お知らせ

心房細動(AF)への現代の治療と漢方療法について薬剤師解説

心房細動(AF)への現代の治療と漢方療法について薬剤師解説 いつも有難うございます。過去は、お店を構えていると飛び込みで・・または、ネットの当店ホームページをご覧になられ、『どうも心臓の調子が悪いようで、苦しい・・』とか穏やか...
第2類医薬品

円形脱毛症と漢方療法

【円形脱毛症と漢方療法】 いつも有難うございます。 今日は、円形脱毛症のお話です。 自律神経失調症が長じると、平素の毛髪成長サイクルが乱れ、バッサリと楕円型の脱毛を生じることがあります。 個人差はありますが、脱毛...
お知らせ

高血圧の漢方療法

高血圧と漢方療法 いつもアクセスを有難うございます。 来春変更される高血圧の治療ガイドライン(改訂)はどうなるか? 高血圧の治療ガイドライン(改訂)がいよいよ来年2019年春にに発表される予定のようです。どのように...
特集記事

排尿困難、尿閉など病院治療後の漢方療法について

従って勤務時にはさまざまな症例に遭遇していますが、意外と多く、私の記憶に残っているのが「尿閉(にょうへい)」という怖い症状です。男女共通の疾病ですが、男性の方が圧倒的に多いと思いました。そして前立腺肥大症から起因する症例が大半を占めました。
特集記事

腹水に分消湯や補気建中湯による漢方療法

このような背景の中で、心身をサポートする、苦痛からの回避など漢方療法実施には大いに意義があると思います。但し、すべての症例について漢方療法が適しているということはなく、患者さんの病態や服薬コンプライアンス等を踏まえ、主治医と患者ご本人の事前相談無しでは漢方療法は難しいと考えます。
2017.10.24
特集記事

漢方療法の利点と欠点?

膨大な治験を経て確立された原典を元に、天然素材を用いてのレシピを以て、可能な限り忠実に再現された漢方薬。 これらはまさに現代人の個々の体質に合った「チャーター薬」と申しても過言では無いでしょう。
2017.10.24
特集記事

特定健康診査(メタボ健診)の今後の課題と漢方療法

我々プロたんスタッフらもこれらの流れの影響か、この6~10月は「メタボ」の漢方相談が多く、特に7月度は毎年ピークを迎えると感じております。 従って、当店が初めてのご来店、または漢方療法そのものが初めての患者さんも多く、まずは個々の体質(証)が違えば、漢方処方も違ってくることを理解して頂かねばなりません。
2017.10.25
特集記事

廃用症候群(生活不活発病)と治療方法、そして漢方療法など

廃用症候群。いわゆる生活不活発病のはじまりと思いました。重症化すると遷延性のうつ症や、各種循環器障害や脳障害、さらに原因不明の血栓症をきたすこともあります。「外に出ない」、「動かない」、「付き合わない」という環境の激変により、体に異変を生じている、お二人。
2017.10.25
スポンサーリンク