玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。

漢方療法

第2類医薬品

クレアチニンの数値が気になる方の漢方療法

近年になり、腎臓病のご相談は急増しています。特に、一つの指標となるクレアチニンの値上昇についてのお話が多いですね。ただ、腎機能の検査についてはクレアチニンのみならず、尿素窒素BUN等、後述する他の検査項目も総合的に勘案し専門医が判定いたします。
特集記事

排尿困難、尿閉など病院治療後の漢方療法について

従って勤務時にはさまざまな症例に遭遇していますが、意外と多く、私の記憶に残っているのが「尿閉(にょうへい)」という怖い症状です。男女共通の疾病ですが、男性の方が圧倒的に多いと思いました。そして前立腺肥大症から起因する症例が大半を占めました。
特集記事

腹水に分消湯や補気建中湯による漢方療法

このような背景の中で、心身をサポートする、苦痛からの回避など漢方療法実施には大いに意義があると思います。但し、すべての症例について漢方療法が適しているということはなく、患者さんの病態や服薬コンプライアンス等を踏まえ、主治医と患者ご本人の事前相談無しでは漢方療法は難しいと考えます。
2017.10.24
特集記事

漢方療法の利点と欠点?

膨大な治験を経て確立された原典を元に、天然素材を用いてのレシピを以て、可能な限り忠実に再現された漢方薬。 これらはまさに現代人の個々の体質に合った「チャーター薬」と申しても過言では無いでしょう。
2017.10.24
特集記事

特定健康診査(メタボ健診)の今後の課題と漢方療法

我々プロたんスタッフらもこれらの流れの影響か、この6~10月は「メタボ」の漢方相談が多く、特に7月度は毎年ピークを迎えると感じております。 従って、当店が初めてのご来店、または漢方療法そのものが初めての患者さんも多く、まずは個々の体質(証)が違えば、漢方処方も違ってくることを理解して頂かねばなりません。
2017.10.25
特集記事

廃用症候群(生活不活発病)と治療方法、そして漢方療法など

廃用症候群。いわゆる生活不活発病のはじまりと思いました。重症化すると遷延性のうつ症や、各種循環器障害や脳障害、さらに原因不明の血栓症をきたすこともあります。「外に出ない」、「動かない」、「付き合わない」という環境の激変により、体に異変を生じている、お二人。
2017.10.25
お知らせ

メニエル症候群と漢方療法

メニエル症候群と漢方療法
2018.06.11
未分類

蓄膿症の漢方療法について

蓄膿症の漢方療法について
2015.07.26
未分類

円形脱毛症と漢方療法

円形脱毛症と漢方療法
2018.03.30
未分類

隠れ脳梗塞と漢方療法

隠れ脳梗塞と漢方療法
未分類

花粉症の漢方療法【プロたん漢方2】

花粉症の漢方療法【プロたん漢方サイト】
2015.11.30
未分類

LOHって何でしょうか?

LOHって何でしょうか?プロたん漢方サイト。
スポンサーリンク