玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。

湿疹

特集記事

三物黄ごん湯(さんもつおうごんとう)は手足のほてり、イライラやカユミに!

三物黄ごん湯(さんもつおうごんとう)は手足のほてり、イライラやカユミに!
第2類医薬品

五物解毒湯(ごもつげどくとう)情報提供サイト・最新版を公開。

松浦漢方より、「かゆみ・湿疹」の効能・効果を有する漢方処方 「五物解毒湯」(ごもつげどくとう)のエキス細粒(300包)、500gボトルが発売されております。特に11月~翌年2月の乾燥季。いわゆる痒いシーズンに需要が多いと思いました。(初冬~翌年春まで)
2017.10.24
未分類

大黄甘草湯【三和生薬の漢方薬】だいおうかんぞうとう 便秘,便秘に伴う頭重,のぼせ

大黄甘草湯【三和生薬の漢方薬】だいおうかんぞうとうのことならプロたん漢方サイト。ぷろたんは東京都青梅市の漢方・薬草のデパートです。
2018.03.24
未分類

温清飲はアトピー性皮膚炎などの慢性炎症や体質改善に。

温清飲(うんせいいん)エキス細粒Gのことならプロたん漢方サイト。
未分類

荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)の用い方

荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)エキス細粒Gのことならプロたん漢方サイト。
2015.03.20
特集記事

荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)おできの漢方-赤くはれて、化膿して、痛むものに

荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)という処方名は「荊芥・防風を主薬とした化膿などの毒を敗退(しりぞく)させる散剤」という意味があります。
2018.01.22
未分類

三物黄ごん湯は、ご婦人の四肢煩熱、皮膚痒みに

三物黄ごん湯は、ご婦人の四肢煩熱、皮膚痒みに
2015.03.20
第2類医薬品

【一元錠剤漢方】消風散(しょうふうさん)

消風散(ショウフウサン)とは体力が中くらい以上の人で、熱感やカユミが強く、じゅくじゅくした湿疹、じんましん、水虫、あせも、皮膚そう痒症に利用します。 局部の発赤腫張、強いかゆみ、ときに口渇をともなう皮膚疾患に用います。皮膚の赤みやカユミを発散し、分泌物をおさえます。また、そのようになりやすい体質を改善します。明時代の外科正宗という古典書で紹介されている処方です。
2017.11.12
スポンサーリンク