花粉症対策と漢方の特集記事

抑肝散加陳皮半夏

スポンサーリンク
特集記事

抑肝散(よくかんさん)、抑肝散加陳皮半夏は、小児神経症から成人の自律神経失調、更年期神経症、うつ傾向、パニック障害など応用は実に広範囲だ。

もともと、抑肝散(よくかんさん)という漢方処方は、小児の神経症状(夜泣き)や 神経過敏に用いられてきた経緯があり、当処方に陳皮と半夏を加味した処方が抑肝散加陳皮半夏である。
2017.11.02
特集記事

抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)が堂々4年連続1位をキープ!

抑肝散(よくかんさん)はもともと小児の夜泣き、ひきつけの方剤として著名でした。これに陳皮(ちんぴ)と半夏(はんげ)を加え、より神経的に効くよう周到に設計された漢方処方です。
2017.10.23
第2類医薬品

抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)ストレスの発散ができず、神経が高ぶるタイプ。歯ぎしりなど。

処方名の「抑肝」には,肝気が高ぶって怒りやすく,神経質で俗に疳が強いといわれるのを鎮静させるという意味があります。 もとは神経が高ぶってひきつけなどを起こす小児のために創られた処方です。 神経過敏や精神的な緊張で眠れない,あるいはイライラして落ち着かないとか,逆にうっとうしいなど,年齢によらず用いることができます。
2018.01.22
第2類医薬品

抑肝散と抑肝散加陳皮半夏

抑肝散と抑肝散加陳皮半夏
2018.06.10
未分類

ど忘れ、もの忘れと決して笑えない。シニア世代の疾病。

ど忘れ、もの忘れと決して笑えない。シニア世代の疾病。
2016.03.28
未分類

歯ぎしりの漢方。抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)のことならプロたん漢方サイト。
スポンサーリンク