玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。

抑肝散

特集記事

抑肝散(よくかんさん)、抑肝散加陳皮半夏は、小児神経症から成人の自律神経失調、更年期神経症、うつ傾向、パニック障害など応用は実に広範囲だ。

もともと、抑肝散(よくかんさん)という漢方処方は、小児の神経症状(夜泣き)や 神経過敏に用いられてきた経緯があり、当処方に陳皮と半夏を加味した処方が抑肝散加陳皮半夏である。
2017.11.02
特集記事

とても「笑い事」ではすまされない加齢?による「ど忘れ」。面倒だが、記憶の整理整頓して、再度憶えなおす努力も必要と考える。

それが原因ということでもないのですが、最近、遠い学生時代に勉強した「薬理学」や「生薬学」の教科書を引っ張り出し、毎晩、むさぼるように読むようにしています。そう言えば・・好きな夜のテレビの番組も、ここ数ヶ月ご無沙汰です。
第2類医薬品

抑肝散と抑肝散加陳皮半夏

抑肝散と抑肝散加陳皮半夏
2018.06.10
未分類

抑肝散加陳皮半夏は認知症に効果があるのか?

抑肝散加陳皮半夏は認知症に効果があるのか?
未分類

抑肝散加陳皮半夏と「もの忘れ」

抑肝散加陳皮半夏と「もの忘れ」
未分類

抑肝散よりも抑肝散加陳皮半夏の方が傾向的に多い?

抑肝散よりも抑肝散加陳皮半夏の方が傾向的に多い?
未分類

抑肝散(よくかんさん)の注意点と副作用

抑肝散(よくかんさん)の注意点と副作用
未分類

ど忘れ、もの忘れと決して笑えない。シニア世代の疾病。

ど忘れ、もの忘れと決して笑えない。シニア世代の疾病。
2016.03.28
未分類

【一元錠剤漢方】抑肝散(よくかんさん)

虚弱な体質で神経がたかぶる人のイライラ感や不眠などの精神神経症状、あるいは、手足のふるえ、けいれん、子供の夜なき、ひきつけなどに利用されます。神経の高ぶりをおさえ、また、筋肉のこわばりやつっぱりをゆるめて、心と体の状態をよくします。宋時代の保嬰撮要という古典書で紹介されています。
2017.05.02
お知らせ

物忘れの漢方に「抑肝散(よくかんさん)」

物忘れの漢方に「抑肝散(よくかんさん)」   時折、漢方外来。特にご婦人外来でご相談を受けるのが、「物忘れに効く漢方?」 「お婆ちゃん」が最近物忘れがひどく、心配されたご家族が病院の「物忘れ外来」にお連れし...
2018.06.10
スポンサーリンク