玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。

小太郎漢方

特集記事

三物黄ごん湯(さんもつおうごんとう)は手足のほてり、イライラやカユミに!

三物黄ごん湯(さんもつおうごんとう)は手足のほてり、イライラやカユミに!
第2類医薬品

千金内托散(せんきんないたくさん)への選択肢。迷った時に。。

体力が低下していたり,疲れている方では,皮膚炎などの炎症が起こると,化膿してなかなか治らなくて,悪化しやすいものです。特に,肛門粘膜,おしりなどの皮膚の弱い部分によく見られます。そんな時に用いる漢方薬です。千金内托散エキス細粒G「コタロー」は,体力を高めて体の中から毒(膿)を排出し,炎症の改善に役立ちます。
第2類医薬品

竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)は体液を増やし気管支を潤して、炎症を鎮め、風邪の後にいつまでも残るしつこい咳を鎮める漢方処方です。

竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)について・・。著名な処方のわりには、取り扱いメーカーが稀少であり、現在当店では小太郎漢方の竹葉石膏湯エキス細粒Gをよく皆様にご紹介をしております。風邪の後に、いつまでも残るしつこい咳などに患者さんの証が適合すればお渡ししています。
スポンサーリンク
第2類医薬品

茵ちん五苓散 (いんちんごれいさん)は季節の変わり目などの脾胃湿熱、肝胆湿熱に。

湿熱とは、湿邪と熱邪が合わさって起こった複雑な病症のことで、発熱、頭痛、からだが重くて痛む、お腹が張って食欲がない、小便が少なく黄赤色を呈することがある。
特集記事

よく苡仁(よくいにん)・よく苡仁湯について

膝や肩、手首など、からだの関節部や筋肉の腫(は)れあるいは痛みは、日常の起居・歩行・階段の昇り降りにもさしつかえることが多く、大変辛いものです。よく苡仁湯エキス細粒G「コタロー」は、筋肉の痙攣(けいれん)を緩和させ、血行を促進して関節痛、筋肉痛を改善する漢方薬です。
第2類医薬品

小太郎漢方 金羚感冒散(きんれいかんぼうさん)2.5g×90包を堂々掲載!1日エキス量が多い。

「風邪は万病の元」と言われるように、決して軽んじることはできません。冬だけではなく、時節の変わり目や、夏風邪などオールシーズンを通じて利用できる漢方薬として、先にご紹介した小太郎漢方の「金羚感冒錠(きんれいかんぼうじょう)」に「エキス散」である「金羚感冒散(きんれいかんぼうさん)」が完成いたしました。
健康補助食品

リスイ5(ファイブ)小太郎漢方【健康食品】がこの2018年9月 製造・販売中止。

また、ご来店されたお客様が、カウンターに並んでいる当商品を何気なく見る。箱には「爽やかでクリアな毎日をサポート」「中高年の健やかライフを応援」と記載され、さらに外箱包装は噴水のイメージ画と水色のデザイン。よくマッチしている。日ごろ、気にされている方なら、ピンとくるイメージの商品である思った。
第2類医薬品

洗肝明目湯 (せんかんめいもくとう)は、目の充血、目の痛み、目の乾燥に。当店では飛蚊症にも。

現在では難治な飛蚊症(ひぶんしょう)の場合、当店では非常に改善例の多い洗肝明目湯 (せんかんめいもくとう)を第一選択としております。 ポイントとしては、「証(しょう)」として患者の体力が中等度であること、飛蚊症をはじめ眼精疲労が強く、充血、鈍痛、乾燥感などを伴うケースに用います。
第2類医薬品

沢瀉湯 (たくしゃとう)の処方解説はこちら

立ちくらみから回転性のめまいまで。日常生活において、周囲がぐるぐる回って見えたり、ふわふわと足が地についていないような感じがするなどの症状がめまいの特徴です。
2018.08.27
第2類医薬品

杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)はかすみ目、つかれ目、のぼせ、頭重、めまい、排尿困難、頻尿、むくみ、視力低下などに。

他社との違いは、丸剤ではなく服用しやすいサラサラした細粒。成分の「目に良い」菊花やクコ子をより多く配合しているとのことです。 私も最近は業務上OAを使用する頻度も高まり、眼精疲労でいつも目がしょぼしょぼ・・・。高齢ゆえ早速当製剤を導入したいきさつがあります。特にドライアイに有効です。
2018.08.27
第2類医薬品

金羚感冒散(きんれいかんぼうさん)小太郎漢方は今時のカゼに!

「風邪は万病の元」と言われるように、決して軽んじることはできません。冬だけではなく、時節の変わり目や、夏風邪などオールシーズンを通じて利用できる漢方薬として、 先にご紹介した小太郎漢方の「金羚感冒錠(きんれいかんぼうじょう)」または「エキス散」である「金羚感冒散(きんれいかんぼうさん)」を推奨するものです。
第2類医薬品

女神散(にょしんさん)は、のぼせやめまいを伴う更年期障害、神経症などに奏功する漢方薬。

女神散は、我が国、江戸時代の名医、浅田宗伯(あさだそうはく)先生が婦人の血の道症によく効くことから命名した漢方薬です。特に、血の道症、更年期障害などによる不快な症状を和らげる処方として著名です。
2018.01.22
第2類医薬品

滋腎通耳湯(じじんつうじとう)のお問い合わせが多いです。耳鳴りの漢方としては一番人気。

発売されて久しいのですが、滋腎通耳湯(じじんつうじとう)のお問い合わせが最近多くなりました。リピーターが多いということは、変な言い方「何らかの手ごたえ有り」とも言えます。最近はそのような意味で人気、急上昇です。腎虚に伴う耳鳴りや、精神的な原因で起こる耳鳴りなど「広範囲に効果」が期待できる滋腎通耳湯(じじんつうじとう)。 あらためて、ご紹介いたします。
2018.01.22
第2類医薬品

温清飲(うんせいいん)は、「血虚血熱」への対応漢方として実に繁用です。

四物湯は、滋養強壮、血液の循環を改善し月経を調整し、鎮痛・鎮静など に働き、体を温めたり、肌をしっとりとさせます。黄連解毒湯は、消炎・解熱・鎮静・止血・利胆・降圧などの作用があり、体を冷やし、熱感や炎症をとる。合方することで、それぞれの処方の寒熱が緩和されて、 用いやすくなっています。
第2類医薬品

難治な回転性めまいと沢瀉湯(たくしゃとう)への選択肢

脳浮腫や全身的な「むくみ」から併発する「めまい」には五苓散(ごれいさん)が汎用ですが、果たしてそれだけでしょうか?例えば、みぞおちあたりが痞え、常に頭に帽子をかぶっている感じ。さらに目を閉じても天井や周囲が「ぐるぐる」回っているような激しいめまいに襲われたとします。
スポンサーリンク