玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。

不安神経症

特集記事

ウチダの80番 理気利心・りきりしんが非常に人気。梅核気・咽中炙臠・心腹脹満・気鬱。

ウチダの80番 理気利心・りきりしんが非常に人気
お知らせ

小太郎漢方匙倶楽部から定悸飲(ていきいん)「コタロー」が新発売。

小太郎漢方匙倶楽部から定悸飲(ていきいん)「コタロー」が新発売。 いつも有難うございます。 満を持して発売されましたね。定悸飲(ていきいん)のエキス錠が小太郎漢方匙倶楽部から発売されました。 全国でもお待ちになられ...
第2類医薬品

顔で笑って・・・心で泣いて・・そんな貴方に「アンセイ錠」を推奨

暑くなったり、寒くなったりで・・はっきりしない天候模様です。こんな時に少し油断をするとお風邪をひきやすく、充分に気をつけてくださいね。さて、このように季節の変わり目はなんとなく不調に陥ることが多いですね。
2017.10.24
未分類

半夏厚朴湯【三和生薬の漢方薬】はんげこうぼくとう 不安神経症,神経性胃炎,つわり,せき,しわがれ声,のどのつかえ感

半夏厚朴湯【三和生薬の漢方薬】はんげこうぼくとうのことならプロたん漢方サイト。ぷろたんは東京都青梅市の漢方・薬草のデパートです。
2018.03.24
未分類

NO.80理気利心エキス細粒(半夏厚朴湯)300包激安特販!

NO.80理気利心エキス細粒(半夏厚朴湯)300包激安特販!
未分類

【一元錠剤漢方】抑肝散(よくかんさん)

虚弱な体質で神経がたかぶる人のイライラ感や不眠などの精神神経症状、あるいは、手足のふるえ、けいれん、子供の夜なき、ひきつけなどに利用されます。神経の高ぶりをおさえ、また、筋肉のこわばりやつっぱりをゆるめて、心と体の状態をよくします。宋時代の保嬰撮要という古典書で紹介されています。
2017.05.02
未分類

【一元錠剤漢方】半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)とは心身ともに疲れやすく、ノドのつかえ感を訴え、冷え症で繊細な人の不安感や緊張感、イライラ、抑うつ、不眠、神経性の胃炎や動悸、めまい、さらに喘息や気管支炎などにも利用されます。神経をしずめて、心と体の状態をよくします。咳や吐き気をおさえる作用もあります。漢時代の金匱要略という古典書で紹介されている処方です。
2017.05.02
未分類

【一元錠剤漢方】柴胡加龍牡湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

比較的体力があり、心悸亢進、不眠、いらだちなどの神経症状のあるものに用いる。高血圧症、動脈硬化症、更年期神経症、小児夜啼症
2017.05.02
未分類

【一元錠剤漢方】香蘇散 (こうそさん)

香蘇散(コウソサン)とは胃腸が弱く繊細で、体力のない人の初期の感冒、頭痛、じんま疹、神経衰弱、女性の更年期神経症、神経性月経困難症に利用されます。また、食欲不振、抑うつ、頭重、めまい、耳鳴りなどをともなう、神経質な人にも用いられます。葛根湯では強すぎて、胃がもたれてしまうような虚証の方向けの方剤です。宋時代の和剤局方という古典書で紹介されている処方です。
2017.05.02
未分類

【一元錠剤漢方】桂枝加龍牡湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)とはやせて顔色が悪く、心身の繊細な人で疲れやすく、興奮しやすい人の神経の高ぶりをしずめ、また、気力をつけることで心の状態をよくします。神経症や不眠、夜尿症、また、精神面がかかわる動悸や性的機能の低下などにも利用します。桂枝湯に、鎮静作用があるといわれる竜骨と牡蛎を加えたものです。金匱要略という古典書で紹介されている処方です。
2017.05.02
スポンサーリンク