玉屏風散(ぎょくへいふうさん)今の時期、最も必要とする処方。

一元錠剤

第2類医薬品

【一元錠剤漢方】温経湯(うんけいとう)

温経湯(ウンケイトウ)とは虚弱体質で冷え症の人で唇が渇いたり、手足のほてりなどの症状がある場合の生理不順や生理痛、更年期障害、頭痛、足腰の冷えや痛み、冷えのぼせ、しもやけ、指掌角皮症(主婦湿疹)などに利用します。血液循環をよくして手先のほてりをとると共に、体全体をあたためるます。また、乾燥した皮膚を潤してくれます。漢時代の金匱要略という古典書で紹介されている処方です。
第2類医薬品

【一元錠剤漢方】防己黄蓍湯(ぼういおうぎとう)

防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)とは汗かきで疲れやすく、色白で太りぎみの人で肥満症、多汗症、むくみ、関節炎(ことに関節に水がたまりやすいもの)などに用います。また、そのような症状をともなう腎炎やネフローゼにも適応します。体の水分循環を改善し、疲れや痛みをやわらげます。漢時代の金匱要略という古典書で紹介されています。
第2類医薬品

【一元錠剤漢方】防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

防風通聖散(ボウフウツウショウサン)とは体力のある太鼓腹の肥満タイプで、便秘がちの人で高血圧症の随伴症状、 肥満症、便秘、尿量減少、むくみ、のぼせ、肩こりなどに利用されます。体の熱をさまし、病因を発散させたり、体の水分循環を改善し、便通をつける作用もあります。金時代の宣明論という古典書で紹介されている処方です。
スポンサーリンク
未分類

三和生薬の錠剤アイテムと一元錠剤アイテム比較

三和生薬の錠剤アイテムと一元錠剤アイテム比較
2018.03.24
第3類医薬品

【一元錠剤漢方】ハトムギ錠(はとむぎじょう)

「一元 ハトムギ錠」は、排膿、利尿、鎮痛作用がある皮膚の薬です。
2018.06.10
第2類医薬品

【一元錠剤漢方】六君子湯(りっくんしとう)

六君子湯(リックンシトウ)とはやせ型で顔色が悪く、疲れやすい人で胃腸が弱く、食欲が少なく、食事を取ると腹が張りすぐ眠くなる状態、胃もたれ、胃のチャポチャポ、吐き気、食欲不振、お腹のゴロゴロ、軟便、悪心、嘔吐があり、貧血気味で手足の冷えやすい症状が見られる人に用いられます。 胃腸の働きをよくして、水分の停滞を改善します。中国明時代の漢方書万病回春に記載されている薬方です。
2017.10.25
第2類医薬品

【一元錠剤漢方】苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)

苓姜朮甘湯(リョウキョウジュツカントウ)とは体力のあまりない人の腰から下が冷えて痛み、腰が重く感じたり、尿の量や回数が多くなり、また冷えからくる夜尿症などに利用されます。体をあたため、足腰の痛みをやわらげます。 漢時代の金匱要略という古典書で紹介されている処方です。
2017.10.25
未分類

【一元錠剤漢方】苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)とは体が丈夫でない繊細な人向けの処方で、胃に水分が停滞しチャポチャポしやすい人のめまいや立ちくらみ症状を中心に、動悸や息切れ、のぼせ、頭痛、神経症、尿量減少などに利用されます。めまいや耳鳴りの原因となる水の滞りを取り除きます。天井がぐるぐると回るような回転性めまいや、船に乗って揺れているようなめまいにも利用されます。漢時代の傷寒論および金匱要略という古典書で紹介されている処方です。
2017.05.02
未分類

【一元錠剤漢方】抑肝散(よくかんさん)

虚弱な体質で神経がたかぶる人のイライラ感や不眠などの精神神経症状、あるいは、手足のふるえ、けいれん、子供の夜なき、ひきつけなどに利用されます。神経の高ぶりをおさえ、また、筋肉のこわばりやつっぱりをゆるめて、心と体の状態をよくします。宋時代の保嬰撮要という古典書で紹介されています。
2017.05.02
未分類

【一元錠剤漢方】麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)

麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)とは比較的体力のある人で激しい咳嗽と口渇のある気管支ぜんそくに用いられます。気管支を広げ、また痰を出しやすくして呼吸を楽にします。頓服ないしは比較的短期間使用されています。虚弱者や老人の方の利用はお薦めしません。漢時代の傷寒論という古典書で紹介されています。
2017.05.02
未分類

【一元錠剤漢方】麻黄湯(まおうとう)

麻黄湯(マオウトウ)とは比較的体力の充実した人で悪寒、発熱、頭痛、関節痛などの症状がみられる場合の風邪、インフルエンザ、喘息、関節痛、関節リウマチなどに用いられます。カゼのひき始めでゾクゾク寒気がし、発熱やふしぶしの痛み、頭痛などをともなうときに用います。痛みを発散して治します。体の弱っている人には不向きです。 漢時代の傷寒論および金匱要略という古典書で紹介されている処方です。
2017.05.02
未分類

【一元錠剤漢方】補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)とは体質虚弱、体力の低下した人の体の疲れ、食欲不振、胃弱、夏やせ、こじれて長びくカゼ、痔、あるいは病中・病後、手術後などで体力が弱っているときに用います。胃腸の働きをよくして体力を回復をさせ、元気をとりもどすのを助けます。金時代の弁惑論という古典書で紹介されている処方です。
2017.05.02
未分類

【一元錠剤漢方】平胃散(へいいさん)

平胃散(ヘイイサン)とは体力が中くらいの人で食べ過ぎ、飲み過ぎて食べたものがいつまでも胃に滞り、腹がはる、腹が鳴る、胃が重苦しい、ゲップがでる、食欲がない、又下痢をおこしたりといった症状のある人に利用されます。胃の働きをよくして、水分の停滞を改善します。宋時代の和剤局方という古典書で紹介されています。
2017.05.02
未分類

【一元錠剤漢方】茯苓飲(ぶくりょういん)激安特価

【一元錠剤漢方】茯苓飲(ぶくりょういん)激安特価のことならプロたん漢方サイト。東京都青梅市の漢方・薬草のデパートです。
未分類

【一元錠剤漢方】半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)とは体力が中くらいの人で、みぞおちが張りつかえ感のある人の胃腸の働きを改善して、食欲不振や胃もたれ、吐き気や嘔吐、お腹のゴロゴロ、下痢などを治します。また、口内炎や神経症にも利用します。漢時代の傷寒論および金匱要略という古典書で紹介されている処方です。
2017.05.02
スポンサーリンク